銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【歴史】龍馬暗殺の真犯人

龍馬暗殺を命じたのは誰か。そんな番組がやっていたようです。見ていませんが…

西郷隆盛だろう、と思います。

暗殺の直前に龍馬が、後藤象次郎を通じて佐幕の土佐藩の実質的藩主であった山内容堂をさらに通じて徳川慶喜に実現させた大政奉還。

これは徳川家の存続の策であり、東西激突を避ける平和の策でもありました。土佐藩を含む佐幕派には龍馬は恩人です。

長州藩にとっては、薩長同盟を成功させてくれた龍馬はやはり恩人です。あれがなければ第二次征長戦で長州藩は敗れていたかもしれません。素直に攘夷と言っていた長州には甘さや若さ、正直さがあります。

薩摩です。

日本の全歴史上、当時の薩摩ほど謀略に長けた存在を知りません。龍馬暗殺の下手人も黒幕も未だに不明なのはその手際の良さを物語っています。

西郷隆盛は冷徹さでは大久保より上です。徳川家の処遇を巡る御前会議では徳川家存続論を大いに打った山内容堂暗殺を言ったほどの西郷が、徳川家を完全に潰そうとしていた西郷が龍馬暗殺を指示したとしか思えません。

あるいは先に生麦事件を起こし、後に長州の大村益次郎暗殺に関わったという薩摩の海江田信義あたりかもしれません。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/09(日) 21:22:49|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【歴史】財政再建に関するメモ

歴史上の財政再建に取り組んだ政体の成功例はだいたい四割くらいだと感じているのですが、緊縮財政だけではほとんど無理です。産業振興=専売とか水利開墾とか貿易振興とか債務整理(棒引き・組み換え・踏み倒し)とか税収整備(田畑図り直し、戸籍取り直し、滞納分帳消しにするから来年から払えよとか言ってとりっぱぐれをなくす)とか金融事業とか特権販売(金払えば労役免除)なんかをうまくやったのがだいたい成功してるみたいです。
  1. 2009/12/26(土) 02:26:51|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【歴史】日本人のリアリズム

なぜか日本は中韓と違い血筋だ家名だってのそんなに大事にしないんですよね。とくに韓国は家系図が家宝なくらいで、同本結婚は未だに禁止だそうで。

日本は名字も下の名前もしょっちゅう変えたり複数名乗ったり、ご先祖様すらたまに取り替えます。藤原だ源氏だ平家だどっちにしよーかとか。さらには日本の百姓はみんな自称没落貴族なんだそうです。(笑)

リアリストなんだと思います。日本人って。今を生きることに一生懸命というか。

養子相続なんて日本では当たり前ですが、韓国ではあり得ないのだとか。

そういう真面目でおおらか、柔軟でいい加減な(笑)日本人が、三浦介は好きです。原理主義でなく現実主義な。
  1. 2009/09/27(日) 17:48:07|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【歴史】本多正信十箇条

徳川家康の謀臣本多正信。この人は建物に例えた十箇条の座右の銘を残しています。

淫酒は早世の地形
堪忍は身を立つるの壁
苦労は栄華の礎
倹約は君につかうるの材木
珍膳珍味は貧の柱
他言慮外は身を亡ぼすの根太
人情は家を作るの畳
法度は僕をつかうの屋根
花麗は借金の板敷
わがままは朋友に悪まるるの障子

まさに知恵者の言葉と言えましょう。実践はなかなか難しいと思いますが、日本人の精神=武士道であるように思います。
  1. 2009/08/13(木) 22:22:33|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【歴史】ジョージ・W・ブッシュ大統領

世界中で非難された大統領。先のアメリカ大統領です。

私はイラク戦争には反対をしていました。

私は今のオバマ大統領を支持しています。

ブッシュさんは失言で有名であり、あまり頭は良くないと自分自身で選挙中に皮肉ってました。就任後など、「私でも大統領になれるんだ」などと言っては学生を励ましていたほどです。

しかしながら…

このブッシュ前大統領という人が、三浦はどうしても嫌いになれません。

いやむしろ、実はオバマ大統領より好感を持っています。クリントン元大統領よりもはるかに。

頭が良くないというあたりに共感を覚えるのもあると思いますが(でも三浦なんかよりははるかにいいんでしょうけれど)どうも、人間的に好きなんです。

良くも悪しくも…この人は、アメリカの指導者として、敢然と不当非道な挑戦に戦いました。

三浦には未だに、911に対してどのように対処するのが正しかったのかを考えあぐねています。とてもとても、同時多発テロをアメリカの自業自得だなどと容認することはできません。卑劣極まりない憎むべき行為です。

それに対して、ブッシュ大統領は祖国の護り手として、精一杯戦った。

国内外、世界中の非難批判を浴びようとも、ぶれることなく己の正義を愚直に貫いた。

私にはどうしても、あの人を嫌いにはなれないのです。


また…ブッシュ対ゴアといい、オバマ対ヒラリーといい、ケネディ対ニクソンといい、アメリカはどうも人柄で指導者を選ぶ傾向があります。オバマさんはネガティブキャンペーンをしないことで支持を得ました。ブッシュさんも親しみやすさが売りでした。

私はアメリカという国もまた、嫌いにはなれないのです。

ひどいこともします。が、覇権というのはあまちゃんに獲れるものでも維持できるものでもないはずであり、誰かしらが握っていないと世は乱れるはずだと三浦は考えるのです。
  1. 2009/06/29(月) 21:01:38|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。