銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【外交】シーレーン2

給油継続 11か国大使求める

海上自衛隊によるインド洋での給油活動をめぐって、アメリカなど関係国あわせて11か国の駐日大使らが31日朝から、都内で与野党の国会議員を対象に合同で説明会を開いており、日本による給油活動の重要性を訴えて、新テロ対策特別措置法案の早期成立などを求めているものとみられます。
(10月31日 8時25分)

(NHKニュース)

国会議員にではなく、マスコミを通じ国民世論に訴えてもらいたいと願います。「撤退して韓国にやらせよう」とかいう声もありましたが、「日本に代わり中国が手をあげる」可能性を指摘する声もあります。

日本の名誉と信頼。

一度地に落ちてしまったら、後で愕然としても簡単には建て直せません。

アメリカの威信も早く建て直す必要性を感じます。

助け合うのが同盟。
信じて頼ることが信頼です。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/31(水) 09:05:26|
  2. 外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】シーレーン

ソマリア沖 タンカー行方不明

アフリカ東部のソマリア沖で、日本の海運会社が運航するケミカルタンカーが、海賊に襲撃されたあと行方がわからなくなっており、国際海事局は、乗っ取られたおそれがあるとみてタンカーを探しています。
(NHKニュース)

テロ特措法。再議決を可能とするため、国民世論を動かす方法はないものだろうか。後で後悔しても遅いのだ。友邦を見捨てれば、見捨てられても文句は言えない。

貿易立国日本の、命取りになりかねないのではないかと強く懸念します。
  1. 2007/10/30(火) 09:11:30|
  2. 政治
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

【歴史】2人のテロリスト

伊藤博文と安重根。

この二人のテロリストは、三浦一生の興味の対象であり、過ちはあれども尊敬する人物です。

まずは、伊藤公。
幕末、彼が高杉晋作らと共に英国公使館を焼き打ちしたことはよく知られていると思いますが、その八日後、朋輩一人と共に九段下で塙次郎という国学者をその弟子一人もろとも斬り捨てています。
「斬奸」の理由は、幕府の依頼で「廃帝の先例を調べている」からというものでした。当時のみかど考明帝は非常な攘夷主義者で幕府にとって厄介な存在でした。
しかし、これは後に誤解だったことが判明しているそうです。

そして、安重根。
彼は、特に反日的な人ではなかったと言われています。彼の私塾のスローガンは、「日本に侵略を許した韓国はもっと学ばなければならない」でした。明治帝を尊敬していたと言われ、抗日戦の際捕らえた日本兵に「なぜ天皇の命に逆らうのか」と問いかけています。
そして、彼が伊藤公を撃った理由のひとつに、「考明帝を弑逆した」ということが挙げられています。これも歴史的事実ではないと思われますが、薩長が考明帝を暗殺した、あるいは明治帝を替え玉と取り替えたなどという黒い噂があったことは間違いありません。

歴史の皮肉と言うべきでしょうか。

世が世なら、この二人のテロリスト、いや二人の憂国の志士は歳の差こそあれ朋友になれたのではないか、と三浦には思えます。
  1. 2007/10/29(月) 09:34:23|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ガンダム】第8ターン

睨み合いの状態から、両軍が東アジアに進攻し会敵・交戦。
先のペキン攻略戦はジオンの優勢勝ちだったものが、今度は連邦が圧勝。
新型機デプロッグと連邦艦隊の威力です。

もはやジオンに勝機はあまり残されていないのかも知れません。降下後ずっと兵力を遊ばせていたのは致命的かもしれず、連邦の再建策は見事と言っていいと思います。
  1. 2007/10/28(日) 09:25:47|
  2. ガンダム
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

【戯言】今更ノストラダムス

三浦は誰も見向きをしなくなったノストラダムスの例のやつを少し信じています。

二年ほどずれましたが、911で「恐怖の大王」は降ってきました。

「アンゴルモアの大王」がモンゴルのチンギス・ハーンを指しているとは言われていますが、SCOの版図はそれに劣りません。アフガニスタンはモンゴル帝国の後継ティムール帝国の国、インドはさらにその後継のムガル帝国の国です。

「戦神マルス」はアメリカそのもの。

「その前後幸せの名で統治」はアメリカが一極覇権を維持していて、世界が核戦争を怖れなくてすんだごく短い期間のことかと。

もうすぐ終わります。(・o・)
  1. 2007/10/27(土) 03:15:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】夢の代償

先日見た悪夢。

夢は人に話すと逆夢になるといい、話さずにいると正夢になるといいます。
そして私は割合正夢をよく見ます。

決して正夢にしてはならないという思いがあったことは事実です。

また、やらずに後悔するよりやって後悔したいと思い、その通りになりました。

自己矛盾を得たことも収穫と言えるのかも知れません。




…とある政治家の方からいただいた返信メールを見て妙に醒めている自分がいてかなり驚いています。無力矮小さを思い知るからでしょうか。
  1. 2007/10/26(金) 02:50:02|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【外交】ロシアの弱点は

無敵に見えてきたプーチン大統領のロシアについて、なにか弱点はないものか考えてみました。

1 人口 広大な領土を誇る割には、日本と大して変わらない人口だったはずで、かつ減少傾向にあります。特に注視すべきは中国のシベリア移民計画でしょう。

2 エネルギー産業偏重
 他の、例えば製造業などが弱いと言われていますので、日本企業はどしどし攻めの一手です。軍事産業はあります。が西南アジアこと中東の諸戦争では旧東側兵器は負けっぱなしです。

3 GUMA 特に、ウクライナの黒土地帯は工業だけでなく農耕地帯として世界一とも言われており、シベリアは伝統的に食料不足地帯です。

4 冬将軍 未だ健在かと。外敵には有効でしょうが、やはり交通も経済活動にも支障があります。不凍港はロシアの悲願です。

5 国境線 長すぎです。アメリカと違い陸続きの上、西部正面は重深が確保できておらず、全部は守りきれません。MDを嫌がるにはそれなりの訳があります。

  1. 2007/10/25(木) 04:16:40|
  2. 外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治でガンダム】坊やだからさ

永住外国人参政権問題において、全面撤退。精神的に殿軍全滅で正直胃が痛いです。

「認めたくないものだな。若さ故の過ちというものを」

しかし。

「いまは動けない、それが定めだけど。諦めはしない、もう目覚めたから」

精神崩壊は嫌だなぁ。一度経験したしなぁ。(錯乱ぎみです)
  1. 2007/10/24(水) 04:16:56|
  2. ガンダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ガンダム】ゲームルール(3)

・降下

宇宙マップの地球圏エリアから、地上の各エリアに降下をすることができます。
降下には、新型艦船を除いてはHLVに搭載して行うか、ムサイのコムサイ、マゼラン・サラミスの降下ポッドで行うかです。
降下したHLVは破棄され、コムサイや降下ポッドは次のターンに自動的に打ち上げられ本艦と合流します。全て搭載部隊は1部隊です。
なお北太平洋エリアのみ、地上タイプの部隊が降下すると受け取る艦船がいない限り海に沈みます。

・打ち上げ

地球マップの各主要基地から、宇宙マップの地球圏エリアに打ち上げをすることができます。
打ち上げには、HLVを使うか、宇宙タイプの艦船に搭載して打ち上げるかです。打ち上げられたHLVは破棄されます。

・海洋

1 北米=西欧エリア間の移動

2 南米=アフリカエリア間の移動

3 アフリカ=インドエリア間の移動

4 北太平洋エリアへの移動

5 南太平洋エリアへの移動(ただしトリントン主要基地からの移動を除き、また外部エリアへの移動を含む)

6 ベルファスト主要基地への移動

は陸上兵器は艦船に搭載されない限り不可能とします。

東欧エリアへは、西欧エリアとのみ水上・水中艦船の移動が可能です。(黒海)

キャリフォルニア・ハワイ・トリントン・マドラス・ベルファストの各主要基地には水上・水中艦船が進攻可能です。

ジャブロー・ペキン・オデッサ・キリマンジャロの各主要基地は水上・水中艦船の進攻はできません。

この他艦船の移動等は常識で判断して下さい。

・宇宙高速移動

宇宙マップ限定のルールです。

自陣営の主要基地があるエリアに、敵部隊がいなかった場合はその主要基地ととなりのエリアとで直接移動ができます。

ズムシティとグラナダ、ア・バオア・クーとソロモンの間の移動は、連邦さえ邪魔しなければ1ターンでできる訳です。
連邦で言えば、ルナ2基地と地球圏エリアの間を、ルナ2エリアをすっとばして移動することができる訳です。敵がいなければ、です。

なお、全ての移動は敵により阻止される可能性があります。

宇宙マップのみのルールです。ふたつの要素があります。

1 自陣営の主要基地がないエリアでは、MS、MA、通常兵器は母艦が必要

母艦がない場合、補給不足で戦闘力がかなり低下します。この状態になった部隊は移動はできますが、高速移動はできません。

2 自陣営の主要基地がないエリアで、艦船が激しく戦闘を繰り返した場合、あるいは長期間出撃した場合、補給艦による補給を受けないと補給不足状態になることがある

やはり補給不足になると戦闘力が低下し高速移動ができなくなります。搭載部隊もです。二ヶ月(6ターン)がひとつの目安ですが、戦闘を繰り返すと補給不足が速まることがあります。
補給不足状態になった部隊、あるいは補給物質が尽きた補給艦には※がつきます。
  1. 2007/10/23(火) 01:46:20|
  2. ガンダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ガンダム】ゲームルール(2)

総司令・総帥は、自陣営が制圧している主要基地に応じて得られる生産ポイントを、毎ターン以下の四つに振り分けることが主な役割になります。
この時あまったポイントは次のターンに繰り越されます。

1 兵器開発

技術部から提案された新兵器の開発を許可します。提案は、すでに開発された兵器の種類や時期、戦況の推移などから自動的に行われます。
一度提案されたプランは、ずっと後になってからでも許可することができます。
ひとつの兵器開発にかかる生産ポイントは全て500pです。また全ての新兵器は生産可能になるまで2ターンかかります。

2 兵器生産

制圧下の主要基地において兵器を生産し、新部隊を配属します。
通常兵器・MSは生産に1ターン、艦船・MAは2ターンかかります。
同時期にひとつの主要基地では最大5部隊まで生産できます。
敵部隊が侵攻中の主要基地では生産は行えません。ただし、すでに生産中の部隊生産は実行されます。 

3 情報力強化

情報部に予算を振り分け、情報力を上げます。
情報力は最大100から0までで、高いほど敵軍の情報が詳しく手に入ります。
一度に500生産ポイントかかり、情報力が50上がります。
情報力は時間と共に低下します。

4 イベント

時折、イベント対応が提案されます。はい いいえを選んで下さい。この時選択により生産ポイントが必要になる場合があります。
イベント選択は、そのターンですぐにはい いいえを判断する必要があるものと、しばらくたつと消えてしまうものがあります。

前線司令の役割は、各部隊の移動・各エリアへの戦闘方針の司令・エースの配属、のみっつです。これらは同時に行うことができます。

1 部隊の移動

エリア⇔となりのエリア
エリア⇔そのエリア内にある主要基地

の部隊ごとの移動が1ターンに行う移動の基本です。
ただし「打ち上げ」「降下」「海洋」「宇宙高速移動」「補給」の細かい各ルールがあり、後述します。

2 戦闘方針

自軍部隊のいる全てのエリア・主要基地ごとに「攻撃」か「防御」かの方針を司令します。攻撃の方が彼我の損害が大きく、防御の方が少なくなります。なにも司令しなかった場合は自動的に「防御」方針を選んだことになります。
なお同じエリア・主要基地に両軍部隊がいても、双方が「防御」方針だった場合戦闘は起こりません。
主要基地の防衛側は、方針を「攻撃」にした場合基地の火力の援護を受けられません。

3 エースの配属

制圧下の主要基地にいる部隊に、未配属のエースを配属させることができます。逆に解任することもできます。
解任したそのターンのうちに別の部隊に配属することはできません。
エースを配属しても、その部隊の機数は変わりません。
主要基地に基地司令を任命することもできます。
  1. 2007/10/22(月) 03:52:00|
  2. ガンダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ガンダム】ゲームルール(1)

第七ターン、両軍は動かず膠着状態です。ここでルールをまとめてみます。

開始は、宇宙世紀0079年3月1日。まさにジオンによる地球降下作戦が開始されようとしている所です。
3月上旬を第1ターン、3月中旬を第2ターン、3月下旬を第3ターンとして進んでいきます。
各エリア内にある主要基地はそれぞれ生産ポイントを持っており、各陣営の総大将は毎ターンその生産ポイントを使って兵器の開発や生産等を行います。
そのためこの主要基地を奪い合うことがこのゲームの主目的になります。

各主要目的の持つ生産ポイントは以下の通り

ジャブロー ※※※
オデッサ 350
キャリフォルニア 300
マドラス 200
トリントン 200
キリマンジャロ 300
ペキン 200
ベルファスト 200
ハワイ 50
ルナ2 100
(ソロモン) 100
(ア・バオア・クー) 150
(グラナダ) 350
(ズムシティ) ※※※

フォンブラウン 350
サイド6 250

カッコ内がジオンの初期保有基地です。

地上マップの解説です。
http://wanawanawanwan.hp.infoseek.co.jp/tikyu.jpg

各エリア名(エリア内主要基地名)
北米エリア(キャリフォルニア)
南米エリア(ジャブロー)
北太平洋エリア(ハワイ)
南太平洋エリア(トリントン)
東アジアエリア(ペキン)
インドエリア(マドラス)
東欧エリア(オデッサ)
中東エリア(主要基地なし)
西欧エリア(ベルファスト)
アフリカエリア(キリマンジャロ)

宇宙マップ
http://wanawanawanwan.hp.infoseek.co.jp/utyu.jpg

中央
地球圏エリア(主要基地なし)

右上から地球圏エリアを時計回りに

ルナ2エリア(ルナ2)
サイド2エリア(主要基地なし)
サイド6エリア(サイド6)
サイド5エリア(主要基地なし)
ソロモンエリア(ソロモン)
サイド4エリア(主要基地なし)

マップ左
ア・バオア・クーエリア(ア・バオア・クー)
マップ左下
サイド3エリア(ズムシティ)
月エリア(グラナダ・フォンブラウン)

主要基地サイド6およびフォンブラウンは侵入不可
  1. 2007/10/21(日) 09:06:47|
  2. ガンダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】新時代へ

新たなる時代の到来が迫っています。

しかし、国内外から知者賢才を集め富国強兵、国を愛する志のもと一億団結を誓い、大小問わず諸外国より深い信頼を得て友誼を育て、侮らず侮れずということを実現できれば、何を恐れることがあるでしょうか。

外交の新時代戦略は、
「日米同盟を堅持、あるいは発展させつつ新時代勢力との相互繁栄・共栄を図る」
でよいのではないかと思います。

内政の方策として特に成すべきことは、財政再建と人材の確保育成であると私は思います。
  1. 2007/10/20(土) 04:05:26|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】ブログかぁ…

政治について議論する有力な掲示板は少ない。

しかしブログは数知れずあるようです。

自分のとこにいろいろ書くより、人さまのところで主張や情報を得て、かつ話しあった方がいろいろためになる気がしています。

外国人参政権についての番組が今日あるとのこと。見るのは難しいかな…

この件で右派サイトに殴り込む度胸はまだありません。情けなし。

しかし、イラン人質事件はどこも取り上げないなぁ。
  1. 2007/10/19(金) 01:23:19|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】山麓

イザ!ブログの「山麓」というサイトにいつもお邪魔させていただいています。
私がブックマークしている多くのブログの中でもずっと一位です。国際情勢に関して豊富な情勢と鋭い分析が載っています。
また、その管理人shokoさんに奨められ、他のブログにもコメントを寄せる勇気がつきました。色々な意味でありがたく、感謝しています。
  1. 2007/10/18(木) 05:00:06|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】自民党国会議員ブログ一覧

コメントを寄せることができる自民党国会議員のブログ付きサイトのリンク集です。

福田峰之議員
http://jig03.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0708Q07DXbxwEZgc/2qc?_jig_=http%3A%2F%2Ffukuroh.air-nifty.com%2Fmineyuki%2F&_jig_xargs_=Keywords%3Djmobv%2520mobpkronjp%26xargs%3D12KPjg0tdY1YS9h7PbALSXNpLzs9I8pKKh8b97DOVDCZUcpTRgJKguPefUmcB6SO8Wv13Fz%255FeXiKZfHfXhycvICF6%252DdBHYR7hy6JHecbvcAa2nmeHXtKTt9ujrX7ZNOr828l2muOK9nC%255F8JNA5D%252D546U4zyR9YzfRoAf8m9vDfIL%255FaGWJ%252D%255FZzksagTLJAvgw3zLpzJeiJmaBiplCRXQJRGC%252Dzlo%255FplDigQ6Rur4q88OmmX5QB2o2z9fY8PfYUFqZhSWeL9nxVuY%252DCqYMd7JS6XyrKtRfN5AkBG7SdqiJI0SDLFYaKniscfPJ3HQMLYrOViOkqthfxNJGk7UUGKRUThKaElDMHtPa0M4eO%252Dcgk9cwWebhCmzIGF5Bkm6igDI%252DMgC97K0z7P2Hw3XiGP0rV7DBxKRuNnxBj0A0G0%252DDw73fzLy8GdfY8YroL3mEvjZEM%252E%26hData%3D12KPjg1o1g5M74z7ncBbXBOeTxxVkIkpDG%252D8xuCOcIFtwr9wFqVuR5T5Px

まわたり龍治議員
http://jig03.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0708Q07DXbxwEZgc/56I?_jig_=http%3A%2F%2Fmawatari.info%2F

戸井田とおる議員
http://jig03.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0708Q07DXbxwEZgc/6uf?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.toidatoru.com%2F&_jig_xargs_=Keywords%3Djmobv%2520mobpkronjp%26xargs%3D12KPjg1VdY1YS9h7PbAOvMNZLzs9I8pKKh8b97DOVDCZUcpTRgJKguPefUmcB6SO8Wv13Fz%255FeXiKZfHfXhycvICF6%252DdBHYR7hy6JHecbvcAa2nmeHXtKTt9ujrX7ZNOr828l2muOK9nC%255F8JNA5D%252D546U4zyR9YzfRoAf8m9vDfIL%255FaGWJ%252D%255FZzksagTLJAvgw3zLpzJeiJmaBiplCRXQJRGC%252Dzlo%255FplDigQ6Rur4q88OmmX5QB2o2z9fY8PfYUFqZhSWeL9nxVuY%252DCqYMd7JS6XyrKtRfN5AkBG7SdqiJI0SDLFYaKniscfPJ3HQMLYrOViOkqthfxNJGk7UUGKRUThKaElDMHtPa0M0RuRNcwTNt46xI%255F6M7LyDCYyYESh0eG3SYRV9vH6%252DHg%255FVT2NReHWvg55Ag%252E%252E%26hData%3D12KPjg1o1gkMeLysjZAr%255FKP%252DrxsS95nJCy8r9reeIPHNct%252DQEeIJV3T5Px

土屋正忠議員
http://jig03.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0708Q07DXbxwEZgc/3Ay?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.tsuchiya-masatada.com%2F&_jig_xargs_=Keywords%3Djmobv%2520mobpkronjp%26xargs%3D12KPjg121Y1YS9h7PbBuW5OLTzs9I8pKKh8b97DOVDCZUcpTRgJKguPefUmcB6SO8Wv13Fz%255FeXiKZfHfXhycvICF6%252DdBHYR7hy6JHecbvcAa2nmeHXtKTt9ujrX7ZNOr828l2muOK9nC%255F8JNA5D%252D546U4zyR9YzfRoAf8m9vDfIL%255FaGWJ%252D%255FZzksagTLZAah9qFcM9OXUpgz8erkFKRZZ5XS%252DlHk5zmbTWKGh7gtTFXv1n0IxFPkQ%252E%252E%26hData%3D12KPjg1o1glMX6ucvbAb3OOuaCylZ%252D55C28M4YeuAMHtMo9XJlWZIMT5Px

木原せいじ議員
http://jig03.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0708Q07DXbxwEZgc/3AB?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.kiharaseiji.com%2F&_jig_xargs_=Keywords%3Djmobv%2520mobpkronjp%26xargs%3D12KPjg1RdY1YS9h7PbAN%252DANLTzs9I8pKKh8b97DOVDCZUcpTRgJKguPefUmcB6SO8Wv13Fz%255FeXiKZfHfXhycvICF6%252DdBHYR7hy6JHecbvcAa2nmeHXtKTt9ujrX7ZNOr828l2muOK9nC%255F8JNA5D%252D546U4zyR9YzfRoAf8m9vDfIL%255FaGWJ%252D%255FZzksagTLJAvgw3zLpzJeiJmaBiplCRXQJRGC%252Dzlo%255FplDigQ6Rur4q88OmmX5QB2o2z9fY8PfYUFqZhSWeL9nxVuY%252DCqYMd7JS6XyrKtRfN5AkBG7SdqiJI0SDLFYaKniscfPJ3HQMLYrOViOkqthfxNJGk7UXF%255FagMoB%252DT%252DqGhyeQZg5wuFZDV7Q8rfuHCr%255FIOwT3F5OUYCm9KxGfY2%26hData%3D12KPjg1o1gns72ycyicL%252D6PpCGyl4P5pC8%252D8JofZl9HKcsg3ZlUeMNT5Px

浮島敏男議員
http://jig03.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0708Q07DXbxwEZgc/3AB?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.kiharaseiji.com%2F&_jig_xargs_=Keywords%3Djmobv%2520mobpkronjp%26xargs%3D12KPjg1RdY1YS9h7PbAN%252DANLTzs9I8pKKh8b97DOVDCZUcpTRgJKguPefUmcB6SO8Wv13Fz%255FeXiKZfHfXhycvICF6%252DdBHYR7hy6JHecbvcAa2nmeHXtKTt9ujrX7ZNOr828l2muOK9nC%255F8JNA5D%252D546U4zyR9YzfRoAf8m9vDfIL%255FaGWJ%252D%255FZzksagTLJAvgw3zLpzJeiJmaBiplCRXQJRGC%252Dzlo%255FplDigQ6Rur4q88OmmX5QB2o2z9fY8PfYUFqZhSWeL9nxVuY%252DCqYMd7JS6XyrKtRfN5AkBG7SdqiJI0SDLFYaKniscfPJ3HQMLYrOViOkqthfxNJGk7UXF%255FagMoB%252DT%252DqGhyeQZg5wuFZDV7Q8rfuHCr%255FIOwT3F5OUYCm9KxGfY2%26hData%3D12KPjg1o1gns72ycyicL%252D6PpCGyl4P5pC8%252D8JofZl9HKcsg3ZlUeMNT5Px

篠田陽介議員
http://jig03.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0708Q07DXbxwEZgc/3AB?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.kiharaseiji.com%2F&_jig_xargs_=Keywords%3Djmobv%2520mobpkronjp%26xargs%3D12KPjg1RdY1YS9h7PbAN%252DANLTzs9I8pKKh8b97DOVDCZUcpTRgJKguPefUmcB6SO8Wv13Fz%255FeXiKZfHfXhycvICF6%252DdBHYR7hy6JHecbvcAa2nmeHXtKTt9ujrX7ZNOr828l2muOK9nC%255F8JNA5D%252D546U4zyR9YzfRoAf8m9vDfIL%255FaGWJ%252D%255FZzksagTLJAvgw3zLpzJeiJmaBiplCRXQJRGC%252Dzlo%255FplDigQ6Rur4q88OmmX5QB2o2z9fY8PfYUFqZhSWeL9nxVuY%252DCqYMd7JS6XyrKtRfN5AkBG7SdqiJI0SDLFYaKniscfPJ3HQMLYrOViOkqthfxNJGk7UXF%255FagMoB%252DT%252DqGhyeQZg5wuFZDV7Q8rfuHCr%255FIOwT3F5OUYCm9KxGfY2%26hData%3D12KPjg1o1gns72ycyicL%252D6PpCGyl4P5pC8%252D8JofZl9HKcsg3ZlUeMNT5Px

大前繁雄議員
http://jig03.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0708Q07DXbxwEZgc/3AB?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.kiharaseiji.com%2F&_jig_xargs_=Keywords%3Djmobv%2520mobpkronjp%26xargs%3D12KPjg1RdY1YS9h7PbAN%252DANLTzs9I8pKKh8b97DOVDCZUcpTRgJKguPefUmcB6SO8Wv13Fz%255FeXiKZfHfXhycvICF6%252DdBHYR7hy6JHecbvcAa2nmeHXtKTt9ujrX7ZNOr828l2muOK9nC%255F8JNA5D%252D546U4zyR9YzfRoAf8m9vDfIL%255FaGWJ%252D%255FZzksagTLJAvgw3zLpzJeiJmaBiplCRXQJRGC%252Dzlo%255FplDigQ6Rur4q88OmmX5QB2o2z9fY8PfYUFqZhSWeL9nxVuY%252DCqYMd7JS6XyrKtRfN5AkBG7SdqiJI0SDLFYaKniscfPJ3HQMLYrOViOkqthfxNJGk7UXF%255FagMoB%252DT%252DqGhyeQZg5wuFZDV7Q8rfuHCr%255FIOwT3F5OUYCm9KxGfY2%26hData%3D12KPjg1o1gns72ycyicL%252D6PpCGyl4P5pC8%252D8JofZl9HKcsg3ZlUeMNT5Px
  1. 2007/10/17(水) 04:02:00|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【ガンダム】新体制

新体制が確定しました。

レビル総司令 Rさん
ジャミトフ前線司令 mastさん

ギレン総帥 マイケルさん
ガルマ前線司令 蒼き死神さん

です。
情勢はほぼ互角(たぶん)一人で全部仕切った方が有利なはずですが、二人の方がきっと面白いはずです。
  1. 2007/10/16(火) 01:15:41|
  2. ガンダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】心はいつもアウトロー

息子が起きる前に仕事に行き、息子が寝た後に帰宅します。ですが、かけもちの合間には家で遊ぶ時間がたまにあります。

その時の見送りの言葉が、

「おとうさーん、きをつけてねー、またあそびきてねー」

です。(・_・、)

悲しいので、というかたまたまですが三浦は昔仲間とつるんで遊んでた頃のスタイル「ヒゲボウズ」になりました。

懐かしいなぁ。いえ、悪事は全く働いていません。しかし心持ちだけはあの頃のアウトロースタイルのままです。かっこだけの。心の中だけは。

またこの前、コンビニで「大市民」なるマンガを立ち読みしました。
若者に苦言を言い続けるオヤジの話しでしたが、ストリートの若者も結構いろいろ考えているんですよ。そうでないのも多かったですが。

「こんなこと言ってもなんにもならないのはわかってるから、やめようと思うんだけどやめられないんだよね。性分だから」
とかあって、完全に同感しました。

最近孤立を深めています。寂しいなぁ。

…まあ、妻子がかわいいからいいか。
  1. 2007/10/15(月) 04:05:57|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ガンダム】ガルマ参戦

いろいろありまして、かつて「ドミニカ島攻防戦」というゲームに参加いただいた蒼き死神さんがジオンの前線司令ガルマとして参加いただくことになりました。

代わって、キシリア司令mastさんは連邦へ。本当に、ごめんなさい。

そして、昔のドミニカ島の文章をここで書き直してみようかと思いつきました。やるかどうかは未定です。というか、誰も読まないよなぁ。だからいいのか、駄文でも。
  1. 2007/10/14(日) 03:25:11|
  2. ガンダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】惜しいかな、好漢

黒川紀章さんの冥福を祈ります。

建築家としての黒川さんのことはなにひとつ知りません。政治家として、惜しい人を亡くしたと思います。共生新党は、私が1番入りたい党でした。

「仕事現役 セックス現役 生涯現役 黒川紀章」

私のヒーローであり、憧れです。
  1. 2007/10/13(土) 03:24:45|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】永住外国人参政権について

天下を争う者は先ず人を争う、と言います。

漢の高祖は項羽から張良と韓進を得て勝利しました。人材こそが国家の要です。

永住外国人参政権。この法案に、朝鮮総連は近年まで反対をしていました。日本による同化政策だというのです。狙いは、まさにそこにあります。

もちろん在日フィリピン人や在日ブラジル人といった方から、経済やスポーツ・芸能などにかけても英傑が輩出されることは有り得るでしょう。中でも在日韓国人朝鮮人の方々は旧大日本帝国臣民であり、かつてはハングルでの国政投票権があったばかりか立候補、当選者もいました。

なお、桝添現厚労大臣もこの件は肯定的だそうです。

さらなる日本の国力増進のために。
  1. 2007/10/12(金) 09:05:06|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【軍事】核兵器と物理学者

毎日新聞でファインマン教授のことが書いてありました。

この方の自伝を読むと、どうも祖国のために割合無邪気にマンハッタン計画に関わったようです。

アインシュタイン教授は、ドイツの迫害を逃れアメリカの核開発に協力、しかしその兵器は日本に対して使われ、後に後悔しラッセル=アインシュタイン宣言で核兵器反対を訴えました。

ハイゼンベルグ教授は、ドイツの核開発に携わりましたが、自伝によれば「必要より多く予算を申告した」ために政府は開発を諦めるだろうと同僚と考え、心配はしていなかったとあります。実際そのようになったとありました。

三人とも尊敬する人物ですが、特にハイゼンベルグ教授の対応に好感を持ちます。
  1. 2007/10/11(木) 03:00:53|
  2. 軍事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ゲーム】次回作構想

これまで、携帯三国志「漢末群雄伝」と携帯ガンダム一年戦争「ザ・サードルネッサンス・アンド・ウォー」を運営してきました。

それ以前には、交流紙「輪」において、ガンダムの「ドミニカ島攻防戦」「0080ウォリアーズプライド」とロードス島が舞台のファンタジー「カストゥールの武器庫」「ビルニ城の亡霊」、あとサスペンスホラー「満月に流れる血」といったメイルゲームをやりました。

それで、まだガンダムが始まったばかりで気が早いのですが、次回作を考えています。

長らく、Wiz4‘ワードナの逆襲’を舞台にしてみようかと思っていましたが、どうにも構想がまとまらない上に人も集まらない感じがします。

そこで、中台韓朝日露米の七ヶ国「超現代戦」対戦型ウォーシミュレーションゲームはどうかと考え始めています。中台有事と半島有事の同時勃発が舞台です。

近未来パラレルワールドなので、ツッコミは却下です。(爆)以下イメージです。

・中国

バブルは、弾けた。
都市には失業者が溢れ、地方では賄賂が横行し格差に喘ぐ民衆のデモが頻発する。党はついに民主化に踏み切りその不満をかわそうとするも、人民革命軍によるクーデターが決行され資本家・市場経済との決別を宣言、全権を掌握する。

第二次文化大革命の動乱の中、ついに台独派に対する制裁が発動されるのであった。

・台湾

島は、二つに割れていた。
独立派と統一派。長らく平和的に選挙で争われてきた両者であったが、独立派の政権党の強行な政策は賛否で国論を二分、統一派への弾圧が逆にその争いを激化させる。
統一派は大陸からの支援を受け、ついに内戦が勃発する。

・韓国

国家が始まって以来の大スキャンダルだった。
芸能界出身の若き新大統領。しかし彼は経済政策で誤ちを犯し財閥に近付く。その見返りの額は途方もない額であった。
このスキャンダルが発覚し国中が蒼然とする中、南北から国が狙われているという報告書を読む者は、もはやいなかった。

・北朝鮮

奇跡は起こった。
新たに発見された金鉱山の規模が世界最大であることに異論を挟む者はいない。好景気であった中露を中心に大規模投資が行われ、先軍政治の元で一部なれど最新鋭の武器が揃ったのだった。
「一週間、だな」
父に代わり、新たに全てを掌握した男は、そうつぶやいていた。

・日本

憲法は変わった。
大連立政権はその偉業を達成した。社会保証制度を拡充し、年金制度は見事に改められ格差問題など過去の話となった。
だが、もはやその財政は救い難いといえた。
能力より清廉な政治家が求められた決定か、予算を削られる危機に直面した国防軍が提案した「竹島奪回計画」について、民意に沿っているという判断が下されようとしていた。
東海と世界で併記されつつあった日本海における漁船銃撃事件が、その民意の源であった。

・ロシア

もはや皇帝ではなく大帝と呼ばれた指導者がいた。
動乱の東アジアをよそに、中東諸国を加えた旧南京条約機構の盟主は、世界のエネルギーを操作していると言って良かった。第二革命の中国が機構から脱退して久しい。
最新型戦車部隊の配置を指令すると、クレムリンの主は立ち上がる。
その眼は、世界を睥睨していた。

・アメリカ

敗戦国。そう、呼ばれていた。
テロ組織対世界の戦いは、いつのまにかイスラム対アメリカの泥沼の争いになっていた。
前任者の政策を転換し、紛争地域からの撤退を成し遂げた新大統領は、だがアメリカの底力を見せ付ける。経済は好調を維持し、NATOは全世界に広がっていた。
しかし東アジアからの報告を受けた時、彼女の放った言葉は補佐官たちを驚かせた。
「これは、チャンスね」
二期目の選挙は、近かったのだった。
  1. 2007/10/10(水) 02:05:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】ランキング不参加のお願い

こんな心配・お願いは不要だろうとは思うのですが…

人気ブログランキングなるものを見かけます。有力なブログが列んでいます。

そんな方はいないとは思うのですが、このようなランキングなどにはどうか参加したくないので見ている方がもしおられましたらお願いします。

ここはあくまでもガンダムゲーム参加者のためのオフィシャルサイトで、かつ三浦の個人的な備忘録・日記です。
とはいっても別にコメントやトラバは嫌がる訳出なく、歓迎するのですが、ようするに気楽に行きたいのです。

炎上しかねないような自虐?的なことも書いていくかもしれませんで、それは仕方ないことですが、三浦は自分自身では「忠君愛国」を真に信条とする日本至上主義者だと思っています。

日本が大好きなので、外国の方にも好きでいて欲しいのです。

07,11,28追記

ウィザードリィの参加者さん集めのために、ひとまず解除します。でもそもそもランキングの参加方法も投票方法も未だにわからないのですが(苦笑)また、三浦の方から積極的に投票をお願いすることも特にないです。お気楽に…
  1. 2007/10/09(火) 03:31:38|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ガンダム】第5ターン

アフリカのキリマンジャロを落とし、ジオンは北米キャリフォルニア・東アジアのペキンに続いて第三の拠点を獲得しました。

ですが、なにか戦略があるのか、降下後のジオンの動きが鈍いようです。

対する連邦は、着々と体制を整え、東アジアに大軍を集め反攻を開始するかに見えます。(両軍の東アジアエリアにおける方針が防御なので睨み合いになっています)

次ターン、両軍の采配次第ではドラマになるでしょう。
ポイントは、ペキン主要基地は水上水中艦艇は侵攻不可能だということかもしれません。
  1. 2007/10/08(月) 03:14:00|
  2. ガンダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】韓半島の平和的統一について

少しだけ昔、中国の購買力が今より低かった頃。

中国は、日本を含む列国の自動車会社に進出を求めました。
しかしどこも相手にせず、たった一社、フォルクスワーゲンだけが時代を読み、これに応じ今の中国にナンバーワンのシェアを獲得するに至りました。

さて、本題です。
半島の平和的統一。ドイツ以上の混乱が予測されています。このインフラの整備に、日本は大きく貢献し、半島だけでなく東アジア、及び日本の安定に寄与すべきではないかと私は思っています。

情けは人のためならず。

自分に帰ってくるものです。あらたな北の市場をばかにして、シェアを中韓に独占されてからほぞを噛んでも遅いでしょう。

南北統一が民族の願いならば、これに大きく協力することは半島統一後の両国の安全保障・継続的な信頼関係の構築にきっと役立つはずです。

また、平和統一が果たされることこそが、拉致問題の完全解決に繋がるのではないかとも思います。

嫌韓反日。いったい、いつまでやれば気が済むのでしょうか。私は孫の代まで残して誇れる代物ではないと思うのです。
  1. 2007/10/07(日) 04:15:00|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】慰安婦問題

政治議論板において、沖縄集団自決問題から派生した慰安婦問題についてバトル。

沖縄人の証言は信じて韓国人の証言は信じないとするならば、それはただの人種差別でしかないと思います。

大事なのは、誠意ではないでしょうか。
  1. 2007/10/06(土) 08:34:28|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】東国原知事に捧ぐ

「修身斉家治国平天下」

まさに知事を評するためにある言葉かと思い捧げます。

心配なのは、知事の名前やイラストを利用した詐欺や悪徳商法が現れやしないかということです。

…安倍さんが前五井に演説しに来た時、車中から見上げ「大丈夫、まさにかくあるべし」と思ったことを思い出しました。

会者定離。
  1. 2007/10/05(金) 08:34:35|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】どんぐりひろい

今日、妻子と近くの公園のわきでどんぐりひろいをしました。

去年から始めて二回目になります。拾ったどんぐりは、ジブリのどんぐり銀行に預ける(寄贈する)と、キャラクターグッズや苗と交換してもらえます。

平和で、幸せな日でした。
  1. 2007/10/04(木) 04:06:26|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】住む人なき家、住む家なき人

各所で述べていますが、ネットカフェ難民・ワーキングプア・ホームレスといった方々から希望者を募り就農訓練を実施した上で、国が書い上げた地方の過疎農地・農家を低利または無償で貸し、努力次第では自己保有できるようにするという政策を提案しています。

ローマのグラックス兄弟、ユリウス・カエサルの改革、中国の王安石の青苗法、アメリカのリンカーンのホームステッド法、が基です。

日本では、上杉鷹山が藩主自ら鍬を振るいました。
  1. 2007/10/03(水) 03:50:33|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】「中東」から「西南アジア」へ

「中東」という言葉があります。ヨーロッパから見て中くらい東の地方、というほどの意味で、類義語に「極東」という言葉があります。

しかし、考えてみれば日本が「極東の国」と言われることには良い印象がありません。

ならば、同じように「中東」という言葉も改め、東アジア・中央アジア・東南アジア・南アジアに等しく「西南アジア」とこの地方を呼ぶことを提案します。

この地方、ひいてはアジア全体に対してもわずかなりとも連帯感が生まれ、一刻も早い紛争地域の平和と安定が実現することを願っています。
  1. 2007/10/02(火) 09:07:34|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。