銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【政治】野次うるさすぎ

麻生総理の所信表明演説を一部ですが見ました。

その内容より気になったのは…野党の野次が、度を越してあまりにもうるさすぎやしないかということです。

野次の全てを禁止することはないと思いますが…あの喧騒では、国会議員というより人間としての品性を疑わざるを得ません。やらせている執行部と、容認している運営側もでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/30(火) 14:46:02|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【雑感】レゾン・デートル

「護ること。それが男の存在理由(レゾン・デートル)」

三浦介はこの考えに賛成です。ネットで未だ多くなされているように、誰か・何かを攻撃し罵倒しこき下ろすことは気持ちが良いことなのかもしれません。偉くなった気にさせてくれ、「ちょっとした力の陶酔」が得られることでしょう。

しかし、個人的にはその喜びは、何かを護りきる喜びや何かを作り上げる喜びには敵わないものだろうと感じます。達成感。

…喋りすぎた次の日は後悔することが多い、というのも本当ですね。あれほど日教組批判に気勢を上げていた三浦介は、その次の瞬間には「もし正宗の未来の担任がそういう人物で、正宗が苦しむことになったらどうしよう」と思い立ちいっぺんに青ざめてしまいました。

世の中は恐ろしいものです。

毎度ながら、途方もない無力感に打ちのめされます。政治家か、その補佐役にでもなりたいなぁ。身に過ぎた野心は身を・家族を不幸にするだけなのは百も承知なのですが。阿呆なりに、本当に誠心誠意やるんだけどなぁ。
  1. 2008/09/29(月) 09:40:52|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】日教組解体に賛成

生徒すら眉をひそめる反日反米教育。学力低下を招いた「ゆとり教育」に賛成。「君が代・日の丸」に反対し斉唱はおろか起立もせず、一礼もしない。それを自由と呼び憚らない。

少し言い過ぎかもしれませんが、それが三浦の日本教職員組合へのイメージです。

もちろん、辞意を表明した中山大臣の発言に行き過ぎた所があったところは間違いなく、それは謝るべきではあると思います。残念です。

ですが日教組解体は、日本の将来を考える上で私は賛成します。

憲法二八条で保障された団体として以上の活動を制限すべきではないでしょうか。教員の加入率は二割にまで低下したとも聞いていますが、いずれにしても労働組合が国家の教育方針を左右できるというのは異常であると思えるのです。

中山補佐官(前拉致担当大臣)の影響力に今回の件が関わらなければよいのですが…
  1. 2008/09/28(日) 09:39:18|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

【雑感】ちいさなねじれ解消

時間がなく短く。

福田政権の時は、主として保守系のブロガーに支持を訴える論説をとってきましたが、どうやら麻生政権の誕生で今度は左派系ブロガーの陣地に突貫する展開になりそうです。
  1. 2008/09/27(土) 04:04:01|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】100日勝負

このところ、日本だけでなく韓国も台湾でも就任して間もなく支持率急落という現象が起きています。

おそらくは、フランクリン・ルーズベルト大統領が「就任後100日」で嵐のように恐慌対策の法案を通し、「違うぞ」希望をもたらしたということのようなことが求められているはずだと感じます。福田さんは埒外から一気に引っ張り出され首相になりましたが、麻生さんは中枢からのそれであり、本人ずっと野心をあらわにしてきたのですから「一枚看板」の腕前を即披露すべきだろうと思います。本人が言われる「スピード感」ですね。

総裁選等で具体的建設的政策をあまり表明してこられなかった(年金税方式は引っ込めてしまわれた)のが気掛かりですが…
  1. 2008/09/26(金) 09:44:41|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皆様ごめんなさい。

ええと、あの…(汗

このところ迷い続けていたのですが…

ごめんなさい。「消極的支持」だなんていうのは性にあわないようです。麻生政権を「支持」することにします。

与謝野さんが入った閣僚を見て安心したこともあるのですが、やはり三浦は批判非難に興味が薄く、世の中の問題を「ああしようこうしよう」と考える方が好きなのです。

節操なしのコウモリ野郎が身の上で、所詮はネット三等兵でございます。

皆様、何とぞお許しのほどを…m(._.)m


さて、まずは「全治三年景気対策財源なし」という処置方ですね。

1 国有地を売っ払う
2 破綻寸前の地方自治体を「タックス・ヘイヴン」にしてしまう

なんてどうでしょう?
  1. 2008/09/25(木) 13:12:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【政治】比例議員と党議拘束

比例当選議員は、離党ができない。

この当たり前のように言われていることが、三浦にはどうしても承服できません。

このところでは比例といっても記名票もあります。記名票だけにすればいいのかもしれませんが、それではさらなる国会議員の有名人化を促進してしまうと思われます。

比例議員は離党できない…政治家の手を縛ることはすべきでないと思うのですが…るるるさんにこのあたり突かれたのですがうまく言葉になりません。国民に選ばれたはずなのに、党執行部に従属する存在になってしまいます。

また、繰り返して三浦の主張に「党議拘束の廃止」を訴えます。

議会での審議に入る前から、採決の結果がわかっている。

土俵(リング・コート)に上がる前から勝敗の決まっている試合を、民衆が注視するでしょうか。選手たちに気合いが入るでしょうか。
  1. 2008/09/24(水) 09:26:23|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【雑感】麻生総理誕生…

麻生さん、おめでとうございます…

……………。

しかし…三浦の身の内は…悔しさと虚しさに溢れています…

三浦自身の「福田崇拝」が果たして正しかったのかさえ…

麻生閣下、何とぞこの国をよろしくお願いいたします………m(._.)m
  1. 2008/09/23(火) 09:24:01|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

【政治】論功行賞

三浦には、いわゆる論功行賞人事というものが批判される理由がわかりません。
自らの勝利に大いに役立ってくれた人物ということであれば、その能力も信頼も無関係な人物より期待できるはずです。閣僚としてチームを組むのであれば、当然チームワークが要求されるはずです。リーダーの考え方・スタイル・やり方などがだいたい(言わなくても)わかる、というくらいは理想でしょう。

一般に、人事のやり方は

「功には報を、能には権を」

と言われます。能力が重要なのも言うまでもないでしょう。
  1. 2008/09/22(月) 09:44:11|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

【雑感】北朝鮮の後継者

金正男さんは今北京にいて、父親の体調不良を間接的に認めた上で「当面は北京にいて平壌との間を往復することになるだろう」とのこと。

ここから想像するには…

・北朝鮮国内において、殺るか殺られるかの熾烈な後継者争いは起きていない。

・実務を担当する人物(組織)による国家運営は滞りなく続けられている。

・何もかも金正日さんがいなくては決められない体制ではない。

・北の後継者問題に中国が関わっている?

『中国は世襲政治に反対しているが、北の崩壊も困るので条件交渉をしている』

といった感じではないでしょうか。アメリカの対日観同様、中国が北に求めるのは「頼りになる味方」であって欲しいということのはずです。盟主は自分で…
今のような「足手まといのならずもの国家」を続けることは許さないとは思っているのではないかと思います。
  1. 2008/09/21(日) 09:42:26|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】政治と「駐車禁止」

とあるマンション群。

入り口のロータリーには、「駐車禁止」の張り紙が張ってありますが、関係なしに車が停めてあります。

しばらくすると、その張り紙が増えました。しかし車は減りません。コーンが立ち、ロープが張られ、ブロックが置かれましたが…状況は変わりません。

さらにしばらくすると、ロータリー中央に円形に置かれていたブロックが一部撤去され、来客者用の駐車スペースになりました。

それまで、来客者用の駐車スペースはなかったのです。

それでもなお、その中央部では納まりきらない車が辺りに停まってしまいます。

そこで、その中央部のスペースや他の邪魔にならない空間がハッキリと来客用駐車場として黄色いラインで細かく区切られました。

こうなると、あちこち乱雑に停められていた車が、みなすっきりとその表示に従い区域内に整然と停められ、通行の妨げになるような「駐車禁止」区域での駐車はほとんどなくなってしまいました。


三浦が思うに、政治とは「駐車禁止」の張り紙をすることではなく、後者のような解決策を編み出すことなのだと思います。
  1. 2008/09/20(土) 09:46:04|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】麻生さんの変貌と世界不況

前回の総裁選と比べ、麻生さんは変わったな…と思います。

相手のことを見下す風が消えた、と感じられるのです。

福田さんと対論していた時も、聴衆に「脳内メーカーって知ってる?」(知らないだろ?)と言っていた時も、記者に「打診?問診くらいはあったよ」と言った時も、「アルツハイマー」発言をしたという時も…

おそらくは。

好物を聞かれて「人を食うのが好きだ」と答えたという吉田茂さんや、田中角栄さん、何故か書斎に飾られていたチェ・ゲバラといった人物への思い入れが繁栄されていたのではないかと思います。

それが、感じられなくなりました。本気さは感じます。攻守に自在というのであれば見事でしょう。

後は、この人物が…

http://www.aso-taro.jp/lecture/kama/2007_9.html

「世界好況」と言っていたころから、「世界不況」を予期して対策を用意してきたのか、それが各位の支持を得られるのかということになると思います。安倍さん福田さんの敗北は、自民党が同志としてあまり頼りにならないことも現してしまいました。
  1. 2008/09/19(金) 17:35:11|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

【政治】年金と一院制

結局、年金の国庫負担引き上げ分の‘継続的な’財源を誰も提示できないのではないか、と思います。
消費税増税は、再可決が前提で公明党の賛成が必要でしょう。埋蔵金だムダゼロだという雲をつかむような話しはよくわかりませんし、継続的かも不明です。

やはり、一院制が必要だと思います。

衆参の定数削減の方が改憲の必要がないために現実的ではありますが、大事なことが決まらない「小田原評定国会」の危険性は変わりません。

「弱体な国家は優柔不断である。決断に手間取ることもまた、常に有害である」 -マキャベリ

軍事では、戦力とは

速度×火力

だと言われます。いずれにしても時間をおかずに即応という体制は大切なものだと思うのです。
  1. 2008/09/19(金) 09:31:47|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【WIZ】「ウィザードリィ日記」

http://blog.m.livedoor.jp/xorphitus/index.cgi

ウィザードリィのマルチゲームを地道に制作し続けています。
まだまだ完成までは遥かに遠い道のりになるでしょう…テストプレイと微調整の繰り返しが一番長いのですが、まだそこまで行ってません。

で、そんな三浦が最近毎日読んでいるのが上のブログ「ウィザードリィ日記」です。

福田政権が倒れ…もはや政治ブログを巡る気力は消沈してしまいました。
  1. 2008/09/18(木) 10:09:50|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】三浦介と「神」

三浦介には、神様がいるかいないかなど、わかりません。

ただ三浦の考えとして思うのは、

・願いは強く願い続ければきっと叶う

だとか

・善行を積めば神様はきっと助けてくれる

だとか

・愛の力は無限大

だとか

・諦めなければ夢はきっと実現する

だとかいう言葉を信じていないことは事実です。

それは、歴史書のいたるところに、あるいは日々のニュースにでも現れていると思うのです。

罪なき善人が無惨な苦しみの果てに死亡し、極悪非道の人物が天寿を全うするのがこの世の中です。

『天は無慈悲』

三浦の口癖です。神がもしおられるのであれば、人智を超越しておられるが故に神なのでしょう。

それでもなお、三浦のような弱き人間たちは時に神に祈ることを止められはしないのだとも思います。

弱いが故の、人生には楽しみもあるのかもしれない…とも思います。
  1. 2008/09/17(水) 03:34:21|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【雑感】三浦介の「福田ショック」

心のうちを冷たく占める喪失感。少し、失恋にも似たような。

理解できる方はほとんどおられないでしょう。

この…

祖国の凋落を現す影の知覚。

書いてて意味がわかりません。というか、どう表現すべきか…

とにかく、三浦は暗い気持ちです。この日本の混乱はまだまだ続くでしょう。そういうことです。正宗…

言ってみれば…

「世の中のなんでもかんでも総理大臣一人の責任にしてはいないか?」
  1. 2008/09/16(火) 04:00:57|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【歴史】終戦と天皇制

「政治議論板」での発言を記録しておきます。


終戦時、アメリカ以外の連合国はほとんどが天皇を戦犯にしろと主張し、アメリカ世論も大勢は同じ。閣僚でも対日強硬派と対日融和派が熾烈に論争し…次第にソ連の脅威が認識されはじめて「日本を二度と立ち直れないように」派は敗北。無条件というタテマエのまま天皇制維持の条件がひそかに合意され、日本は反共の前線基地にとアメリカの政策が移りました。最終的にはマッカーサーが先帝と会い、「私のことはどうなっても構わないから国民のことをお願いします」と言われて、占領統治にこの人物は不可欠だと思った瞬間に決まったようです。直後に帝は皇后さまと全国を行幸され戦災慰労をしてまわられ、怒りの矛先を向けられるかと各位が心配するなかで各地で歓迎され民心が鎮まったと聞いています。

その後、天皇の地位を巡り日米でやりとりがあり、ほぼ明治憲法のままの地位を続けようとの日本側の主張は退けられ「象徴天皇制」へと移行しました。
  1. 2008/09/15(月) 03:09:30|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】続・総裁選

麻生さんは、「1バラマキ2失言3中韓との関係で心配されている麻生です」などと挨拶されたようです。

それはその通りなのです。

しかし、それに加えて、年来の主張である「年金税方式」をひっこめてしまわれた。

増税が必要なために、衆院選を見据えてなのか、小田原評定国会の中で増税は公明党の協力の元で再可決が必要であり、それは不可能と判断したのかと思いますが…

「守り」の麻生さん。らしくないですね。


…ごめんなさい。早川さんが小池さん支持であれば、三浦も与謝野さんから小池さん支持にくら替えすることにします。

与謝野さんの主張には増税以外迫力がなく、小池さんの「戦える」「攻めの」農業というのは三浦の主張と偶然にも重なります。

自民党のためには、もう少し総裁選が盛り上がってもらわなければ困るのです。
  1. 2008/09/14(日) 09:47:45|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

【政治】早川さんが…

三浦は与謝野さん支持なのですが、いつもお世話になっている早川議員が小池さんを支持するとのことであり、かつ小池さんは赤字国債発行に反対しているようなので一応献策をしてみました。


1 小池さんは、小泉改革だけでなく渡辺改革の継続をも訴えています。ならばかつて小泉さんが田中さんと二人で演説に回り旋風を起こしたごとく渡辺喜美さんとタッグを組むべきです。

2 初戦で二位、議員のみの決戦投票で逆転という筋書きしか有り得ないはずです。ならばまずは石破陣営と日本版NSCなど国防論を合わせて決戦投票における協力協定を妥結、これを皮切りにして財政で与謝野陣営と、小泉改革継続で石原陣営と結び逆転の可能性そのものを示し「消化試合」「デキレース」「禅譲」論を覆すべきです。

3 さらには、もう手遅れでなければ「山本・棚橋・河野」陣営の取り込みに全力を尽くし、それをアピールすることです。

4 決戦投票に向かう鍵は地方票です。東京選出の候補は不得手なはずですから、連合陣営議員で担当を定め、各地元を固めに行くべきと存じます。政策で言えば道州制、パフォーマンスならばやはり石原・東国原・橋下知事や女性知事とオリンピック招致他を公約に取り入れ支持を求めては。

5 バラマキには反対らしき経団連の支持が欲しいところです。中東=オイルマネーの獲得なら小池、という主張はいかがでしょうか。

6 女性票獲得のためには、自民党の他の著名女性議員からの明確な支持、さらにはそれこそ冗談でなくライスさんからの応援メッセージを掲げて、給油の必要性を訴えていく筋はいかがでしょうか。

三浦に思い付くのはこの程度です……
  1. 2008/09/13(土) 03:51:11|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】麻生さんと小沢さんの違い

自民党の麻生さんにはたくさんの対抗馬がでて、民主党の小沢さんには結局誰も対抗候補は出ませんでした。

一因として、二人の性格の違いはあるのかもしれません。

麻生さんは小沢さんや小泉さんやブッシュ親子と違い、「後々まで恨みを忘れずにオトシマエをつける」ようなタイプの人ではなく、口は悪いですが事が済めばサバサバしてひきずらない性格の人のようです。ために自民党の対立候補の方々も安心して立てるのでしょう。

麻生政権…福田さんと違ってネットで味方は多いことでしょうし、バラマキ反対の三浦が麻生支持の論陣を張ることはないでしょう………
  1. 2008/09/12(金) 11:41:20|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【日記】新米

東金の親戚のうちに行って、新米運びをしてきました。

今日は筋肉痛です…
  1. 2008/09/12(金) 10:53:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】麻生総理ならば

やはり、麻生さんが優勢のようですね。議員票も優勢であり、地方票も優勢。各都道府県三票ずつというのは比率で都市部より地方部の方が有利であり、他の候補は東京都選出が多くかつバラマキん歓迎するのも非都市部のはずです。

麻生総理誕生となればどうなるのか…??

麻生さんのオフィシャルサイト「きょうたろう」にはたくさんの論文があります。検索で探していただいて、その中から是非

『安心を取り戻すプラン(PDF)』

という文章に目を通していただきたいと思います。いえ、これは私は好評価に捉えました。バッシングではないつもりです。
  1. 2008/09/11(木) 03:52:50|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【日記】世に住む日々

いきなりですが…三浦介は、ちょうちょ結びが苦手でした。片結びになってしまうのです。

意識して、直すようにしました。

三浦介は、歯磨き粉を使って歯を磨かない男でした。鳴咽してしまうのです。

妻が三浦に合う歯磨き粉ん探してくれ、直しました。

三浦介は、恥ずかしながら朝に顔を洗う習慣がありませんでした。

これも、直しました。

朝は「おはよう」帰ったら「ただいま」のような挨拶を家庭内でする習慣がありませんでした。

直しました。慣れればやはり挨拶はいいものです。

筋トレなぞ、一生縁がないと思っていました。

ささやかながら、妻子と並んで歩くのに恥ずかしくないくらいには続けたいと思っています。

…今は、なんとか三浦独特(らしい)左右に揺れる歩き方を直せないか悪戦苦闘しています。

自分はまだまだ変えられる。

そう思うと、少し楽しくなってきます。
  1. 2008/09/10(水) 04:09:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【政治】与謝野さんを推します

財源再建派の三浦としては、与謝野さんを推したいと思います。

プライマリーバランスの黒字化は目標ではなく、長く辛い道程のスタートラインに過ぎません。

今始めなければ、息子になんと弁明していいのかわかりません。

麻生さんは、例え首相が何人代わろうと10年くらい外相をやり続けて欲しいというのが持論です。安倍福田両政権を守りきれなかった幹事長であり、改造で支持率が上がらなかったことから見ても選挙の顔として過度に期待はできないと考えます。
  1. 2008/09/09(火) 09:49:15|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

【政治】がんばれ公明党!

今日、たまたまわずかな時間でしたがお昼の討論番組を見る機会がありました。若手総裁候補三人と片山さんがいろいろと言ってましたが…

さっぱり要領を得ませんでした。むぅ。

で、その後公明党の太田代表が交代して番組に登場し、候補者さんたちのことを

「言っていることが小さい。政治家と役人の関係が主題ではないはずだ」

とバッサリ一刀両断です。これはまったく見事でした。この後仕事で番組を見続けることができなかったのですが、堂々たる態度には前出の自民党総裁候補者の方々(石原さん・石破さん・棚橋さん)より好感が持てたことは本当です。

と、持ち上げておいて本論です。

『福祉の公明』『定額減税』『再可決ありきではない』

はい。筋はあります。決して悪い話ではないと思います。ですが、民主党もそうなのですが、減税するからにはやはりその分削る予算を、財源もきちんとセットで主張すべきと思います。おいしい所・主張は掲げ、悪役汚れ役を自民党にしてしまうのはずるっこしいはずです。

もっと言ってしまえば。(無理を承知で)

公明党=創価学会

と誰もが思っている所を、その政見姿勢で主張で実績で、広く支持者を得られるような政党に成長して欲しいと思います。

このエントリー、無茶でしょうか。
  1. 2008/09/08(月) 02:36:02|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

【経済】チャイナチャンス

チャイナリスクならぬチャイナチャンスに備えるべきである、と思います。つまり、下がり切った所を一気に買うタイミングです。世界恐慌でも始まらない限り、全体としての中国経済と市場の上昇は変わらないでしょう。

…ブログを再開するかは未定です。
  1. 2008/09/07(日) 04:28:02|
  2. 経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

※※※円

東京へ行こう、と思い立つ。靖国はふさわしくないから、別の場所へ。

…ばかばかしい。

中古屋に寄る。

※※※円。

ハ、そんな大金あるかよ。

……………。

三浦介稲史、当分の間ネットを休みます。ごめんなさい。
  1. 2008/09/02(火) 04:00:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

【日記】仕事とは

正宗「おとうさん、おしごとってなに?」

三浦「仕事っていうのはね、誰がに感謝してもらうってことだよ。ありがとうってしてもらうんだ。直接でなくてもね。どんな仕事だって、必ず誰かの役に立っているんだよ」

正宗「うん、そうだね」
  1. 2008/09/01(月) 04:31:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。