銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【軍事】GDP1%

コンビニで見つけた廉価本「こんなに強い自衛隊その秘密99」双葉社 井上和彦著 を読了しました。やはり経済の本などよりすんなり読めます。

自衛隊がいかに強いかということがこれでもかこれでもかと書いてあり安心したのですが、韓国軍の強さが三浦の記憶よりだいぶ増強されている感を受けました。F15KにK2戦車、イージス艦、総兵力に予備役数…

ううむ。

しかし、国防費は日本の半分なのですよね。日本の自衛隊の予算の半分は人件費というのならば、徴兵制の韓国もだいぶそれにかかっているはず…と思うのですが…日本の兵器は高い高いといわれますが、あちらはどうなのでしょうかねぇ。

そしてもうひとつ。日本の国防費はGDP比1%だとずっと言われてきました。日米同盟が健在である限りは今後も当分上げなくても済みそうです。しかし…

1%ということは…

日本の国防費は日本のGDPの増減、すなわち日本の総経済力の増減に左右されている訳です。日本の国富が増大すれば防衛力も増大すると。

やはり。

経済の本は読まなければならないようです。

しかし…

サブプライムやらCDSやら円キャリートレードやらで撃沈している(と思われる)ウォール街の楽観的な頭脳のお歴々は経済のスペシャリストじゃあなかったのか、とは思いますが。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/31(金) 03:20:39|
  2. 軍事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【歴史】二人のテロリスト(再掲)

伊藤博文と安重根。

この二人のテロリストは、三浦一生の興味の対象であり、過ちはあれども尊敬する人物です。

まずは、伊藤公。
幕末、彼が高杉晋作らと共に英国公使館を焼き打ちしたことはよく知られていると思いますが、その八日後、朋輩一人と共に九段下で塙次郎という国学者をその弟子一人もろとも斬り捨てています。
「斬奸」の理由は、幕府の依頼で「廃帝の先例を調べている」からというものでした。当時のみかど考明帝は非常な攘夷主義者で幕府にとって厄介な存在でした。
しかし、これは後に誤解だったことが判明しているそうです。

そして、安重根。
彼は、特に反日的な人ではなかったと言われています。彼の私塾のスローガンは、「日本に侵略を許した韓国はもっと学ばなければならない」でした。明治帝を尊敬していたと言われ、抗日戦の際捕らえた日本兵に「なぜ天皇の命に逆らうのか」と問いかけています。
そして、彼が伊藤公を撃った理由のひとつに、「考明帝を弑逆した」ということが挙げられています。これも歴史的事実ではないと思われますが、薩長が考明帝を暗殺した、あるいは明治帝を替え玉と取り替えたなどという黒い噂があったことは間違いありません。

歴史の皮肉と言うべきでしょうか。

世が世なら、この二人のテロリスト、いや二人の憂国の志士は歳の差こそあれ朋友になれたのではないか、と三浦には思えます。
  1. 2008/10/30(木) 10:12:05|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】麻生さんが現金をばらまくって?

定額減税 給付金方式で合意

追加の経済対策をめぐって政府と与党の協議が行われ、焦点の定額減税について、所得が低いため所得税などを払っていない人などにも手当てができるよう、減税相当分を給付金として支給し、2兆円規模とすることで合意しました。
(10月29日 15時20分)

(NHKニュース)

なんでも財源は来年度予算から前借りなのだとか。第二次補正予算?

だとすれば…

「円高ですが、安い輸入品ではなく国産を買って下さい」

とお願いしないと内需につながらないような気がします。


そういえば桝添さんが、社会保障費増大の抑制方針の転換を主張していました。

三浦の焦躁はつのるばかりです。
インフレ政策を予告し、円高と債務と消費の対策とする案はどうでしょうか。
  1. 2008/10/29(水) 18:36:03|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】ぼくはおもうんだ

みんなが、政治家はダメだ官僚はダメだマスコミはダメだって言うんだ。

でも、ぼくにはそれがよくわからない。だってこの国はいま平和で豊かだから。そりゃ、問題もたくさんあるだろうけどさ。

みんなが、アメリカが嫌だ中国が嫌だ韓国が嫌だ北朝鮮が嫌だ特ア(ぼくはこのおおざっぱな言葉がだいきらいだ)が嫌だって言うんだ。

でもぼくは、たいていは日本がしっかりしていれば大丈夫だと思うんだ。たぶんね。

さあみんな、今日も汗かきべそかき働こう。
誰かが必ず喜んでくれる。
だから誰かに「ありがとう」って伝えよう。

それって素敵なことだと思わない?
  1. 2008/10/29(水) 12:06:38|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】重い

重い。

それは少しずつ、のしかかってきた。

重い。

それはわずかずつ、のしかかってきた。

重い。

それは、目に見えない。

…重い。

わずかずつであるがためか、気にしないことも、できる。故に危うい。

重い。

心身の悲鳴が、聞こえる。

重い。

838兆50億。未だ増え続ける。果ては見えない。

重い。
ただ重い。

背骨がへし折れ臓器が押し潰されてから人は気付くのだろうか?足元も激しく揺らぎ始めた。

ただ単に立っているということが辛く困難であるというおもいを、あなたはしたことがあるだろうか。

国債。借金。負債。麻薬。

ああ、今こそが、痛みを和らげる麻酔が必要な時かもしれないのに。
  1. 2008/10/27(月) 21:41:26|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

【雑感】しかし、恐ろしい

自分や他人のブログ・サイトで前と同じことやいい加減なことを書いて、誰かに呆れられているのではと思うこと。

誰かを、傷つけているのではないかと思うこと。

最近よくそう思います。
  1. 2008/10/26(日) 20:50:24|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【WIZ】鋭意制作中

ケータイマルチゲーム「ウィザードリィε~召喚の陰符~」の制作を再開しています。

四人のプレイヤーさんが参加を希望してくださり、あと一人の方が前向きに検討してくれています。ですので運営能力のこともありまして参加希望を締め切りたいと思います。

一人のプレイヤーさんにつき、基本的には三人のキャラクターで一組のパーティーを操ってもらい迷宮に捕われしリルガミンの女王を救い出す冒険に挑んでもらう感じです。

三浦のスタイルとして、忙しい社会人のために「やろうと思えばいろいろできるけど、別にやらなくてもいい」ゲームにしたいと思っています。
特に、他のパーティーとの関わりです。これがなければマルチゲームである意味がないのですが、関わりたくないとか忙しい時などは連絡をとらなくても一向に構わないのです。
しかし、情報を交換していけば凶悪なトラップを避けることができるかもしれませんし、秘められし謎も解きやすくなるかもしれません。アイテムや金品の交換がうまく成立すれば優位になるでしょうし、合流して六人で強大な敵に挑むこともできます。また、迷宮の深部でパーティーが全滅してしまったら…


果たして、楽しんでもらえるだろうか。バグはないだろうか…などドキドキしながら制作している三浦介です。
  1. 2008/10/26(日) 13:40:19|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

【経済】金融ビッグクランチ

まるで天文学用語のようです。

「金融ビッグバン」に「インフレーション」に「バブル」は少し違いますが「ボイド」という言葉は銀河系宇宙がまるで泡のような構造になっていることを指します。

ならばさしずめ、今回の金融危機はビッグバンの反対の事象であるとされる、ビッグクランチのようだと思います。

さて、狂乱株価です。実体無視の価格がついている以上、オイルバブルの反対で株の逆バブルと言ってよいのではないでしょうか。外国人投資家の大損叩き売りをスルーし、ホールドのまま底値のあたりで円を売って一気に買いに転じればどうかと思います。
そのためには、大和生命のような狂乱倒産を政府と財界が協議し防止する策を講じる必要があるでしょう。
  1. 2008/10/25(土) 10:54:01|
  2. 経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【雑感】ワーキングプアの‘かけもち’

今月は、一日中の休みというものが一日もない三浦介です。本業か副業かどちらかは出勤です。片方が休みな日には、早出やら残業やらがあったり…

ワーキングプアの悲哀には、このように一カ所の給料では食べていけないがために‘かけもち’をする人が多いこともあるのかましれません。場合によっては、片方ないし両方の職場に内緒で‘かけもち’をしていて、片方の残業はイコールもう片方の仕事の遅刻という場合もあるでしょう。そのような訳で定時にあがりたがり、それが同僚との軋轢を生んだりします。今の三浦は比較的大丈夫ですが、肉体的にも精神的にも厳しい人は多いと思います。

ではどうすれば…というのも難しい問題です。
最低賃銀を法律で1000円に、などと確か民主党は言っていたはずですが…経営側から見れば無茶苦茶な話だと思います。
  1. 2008/10/24(金) 03:57:08|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【外交】しつこく外交論

最近、以前に書いたようなエントリーばかり挙げています。(汗

それでまた、しつこく外交についての持論を。

まず、外交とは取引であると言われます。また、外交には必ず相手がいます。これを踏まえて…

外交においては、自国でなく相手国の利益となることを可能な限りタイムリーに述べ続けるべきだと思うのです。ただし北朝鮮のようなならずもの国家は除きます。

外交において、日本の代表が日本の利益を述べるのは普通のことでしょう。しかし、はっきり言えば相手国にとってはそんなことは「知ったことか」でしょう。「へぇ~そうなの」と聞き流すくらいなものです。

しかし、相手国の利益を口にした途端、相手側の担当者の耳はダンボに変わるはずです。(笑)それが仕事なのですから。

そうして、滔々と聞いてもらった上で…相手側にこう言わせます。

「よくわかりました。すばらしい提案です。それで…日本の望みは?」

次善の回答としては、「なあに、貴国にとっては簡単なことですよ…」とここで交換条件としてこちらの主張を(ごちそうのにおいを嗅がせてから!)持ち出すことになります。

もっと良いのは、「いやいや、この提案は、日本にとっても良い話なのですよ」と利害の一致を話すのです。もはや是非はないでしょう。


「ムバホ大統領、欧米の金融危機救済に手を貸していただけませんか?」
「ミスタータナカ、なぜ我々が?」
「我々有色人種が連合を組み白色人種を助けるのですよ。痛快ではありませんか?既に中国やシンガポール、サウジが乗り気です」
「白人たちが拒否すれば?」
「自滅するだけですね」
「我々の利益は?」
「過去との訣別。自尊心ですよ」
「日本は植民地にはなっていなかったのではないですか?」
「その心配には及びません…タイもこの話に乗り気ですから」
  1. 2008/10/22(水) 18:05:14|
  2. 外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

【経済】内需と外需

「内需」という言葉と「外需」という言葉。並べると、一見同列のもののようです。

しかし、それはおかしいと思うのです。「日本」と「世界」を同列に並べる人がいるでしょうか?つまりその市場規模においてです。

よって、外需が不振だから内需拡大をという論調は三浦には暴論に思えます。

世界は広いです。世界不況になろうとも、必ず需要はどこかにあるはずです。福田政権末期にベトナム・スイスとのEPAが成立しましたが、やはりFTA・EPAを促進し、原材料を安く仕入れて製品や部品を競合相手に優位な価格で販売できるような体制を急ぐべきと思います。
そのためには農業の強化が必要です。世界最大の農作物輸出国であるアメリカや欧州の穀物庫であるフランスに学び、徹底した生産や物流の合理化やブランド化、地産地消を促進していくべきだと思います。

「靖国」や「竹島」に右派はやかましいですが、BRICs市場における家電などのシェア争いにおいて日本企業はサムスンやLGなどの韓国企業に大きく水をあけられてしまっています。三浦は親韓ですが、この争いは日本国の威信をかけ断固として勝ちにいくべきだと確信します。

「フェアプレイで圧倒せよ!」
  1. 2008/10/22(水) 13:15:31|
  2. 経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】諦めるのはまだ早い

しかし…民主党がいかに扇動的な大風呂敷を広げようとも…依然としてかの党の支持者は「反自民」「反自公」が主な理由のはずです。国債という麻薬に浸かっていても、民主党に踊らされている人は少ないはずと期待します。

小泉さんが、「痛み」「米百俵」「国債30兆枠」でなお支持されたのは希望になるはずだと思います。

必ずしも国民は、大衆迎合媚民政権を求めてはいないのだ…そう信じたいです。甘いでしょうか。
  1. 2008/10/22(水) 09:36:18|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【雑感】理性と欲望

『○○をしたい』

『○○をしてはいけない』

端的に言って、このような葛藤を来る日も来る日も強く繰り返していたら人が鬱に陥る可能性は高いと三浦は考えます。○○は本能的な欲求です。
  1. 2008/10/21(火) 09:49:13|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】選挙と政治と絶望と

『いまかりに、国民のとあるグループから、ある特定の項目について、新たに財政支出を増やすような要求があっとしよう。もしそのとき、均衡財政の鉄則が杓子定規に守られているとすれば、政府は次のように答えればいい。すなわち、「カネがありません。どうしてもあなたがおっしゃることをやろうとすれば、増税が必要になりますが、それでもいいですか」-と。増税を好む人はいないから、ただちにそのグループは、みずからの要求を引っ込めるにちがいない。
膨らむ財政支出を財政赤字すなわち公債発行によってファイナンスする方法は、少なくとも短期的には、誰の懐も痛まない安易な方法だから、誰しもその誘惑には負けやすい。ところが、いったんそれに頼ると、まさしく麻薬のように、その誘惑ときっぱり縁を切ることは、なかなかむずかしくなる。この状況下では、財政規模はつねに肥大化のプレッシャーがかかり、財政赤字は恒常化しやすい。ひとたび「均衡財政」の鉄則を破ったが最後、あとはまさに一瀉千里である。
しかも、そこへ加わるのが、大衆民主主義の悪影響だろう。ケインズ主義にしろ福祉国家にしろ、その具体的な施策の決定は、真空のなかでではなく、現実の政治の場で行われる。ところが、いまでは大多数の国ぐには大衆民主主義を採っていて、そこでは、政治家は選挙民すなわち大衆によって選挙される。
政治家の最大の目標は選挙における当選だから(ある政治家は、「猿は木から落ちても猿だが、政治家は選挙で落ちたらゼロである」っいったそうである)、この目的を達成するために、立候補者たちがあらゆる手練手管を使うのは、当然のことだろう。他方、個々の選挙民が、遠い未来の全体の利益よりも、現時点での自己の利益を優先するのは、これまた当然のことである。
そこで、政治家は選挙民に対して、きわめて短期的かつ個別的な視野から、最大の「便益」を供与すること(「なんでも政府がやってあげますよ」)と、そのために要求する「負担」は最小にすること(「税金は引き上げません、むしろ減税します」)とを、しきりに「公約」する。つまり政治家は、大衆に「迎合」することにこれ努める。したがって、財政規模の肥大化と財政赤字の恒常化とは、たんに必然の帰結にすぎないだろう。』
-飯田経夫著PHP新書「経済学の終わり」

三浦が、小泉安倍福田の三政権を支持してきた理由。民主党を蛇蝎のごとく忌み嫌い、「オールドケインジアン」麻生政権をさほどに支持できない理由は、まったく上の通りです。

言ってしまえば。

日本人は麻薬中毒者だと見ているのです。

一刻も早く目を覚ませと。

福田退陣による三浦の絶望は、こういうことです。
  1. 2008/10/20(月) 04:07:21|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【経済】貸ししぶり目安箱

中川昭一財務金融相が、財務省と金融庁のHPに「貸ししぶり目安箱」を設置して貸ししぶり対策としたそうです。

三浦の携帯では行くことはできませんがしかし…

そもそも「貸ししぶり」は悪なのでしょうか?想起するのは「新銀行東京」です。見込みのない中小企業に貸してしまい、「貸し倒れ」状態でしょう。もちろん不当な貸ししぶりはいけないのでありましょうが、現在の金融危機・世界不況・株価暴落の中で金融機関が慎重になるのは当然だとも言えるのではないでしょうか。

ちなみに、考えたのですが今資産は「現金」が1番いいのではないかと思います。円高はまだまだ続きそうなのですから、円がいい。株はもっての他、為替は流動的であり国債は利回りがわずか、不動産価値は下落中であり先物市場も原油暴落など世界不況を見越し不安定なはずです。

「底」を見極める時ではないかと。
  1. 2008/10/19(日) 09:48:03|
  2. 経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

【日記】「三国志」「三国志Ⅱ~天駆ける男たち~」

三浦が歴史好きになったそもそもの理由が、小学生のころにテレビの映画の時間にやっていた「三国志」アニメです。

今思えば、曹操が金髪だったり于禁が女だったりと無茶な作品でしたが、子供心に鮮烈な印象でした。いや、今見ても楽しめると思いますし、是非また再放送をして欲しいと思います。二作品とも、主題歌も大好きです。

三浦の信条であり、ときおり呟きすらする

「天は無慈悲」

という言葉もこの作品からですし、同じく作中の台詞では

「曹操軍百万に対し、劉表軍は十万。負けるとわかっているいくさをなにゆえ…劉備玄徳。殺すには惜しい男…」

「国を造るのは刀ではない。この鍬だ」

「たとえ俺が天下に叛こうとも!天下がこの俺に叛くことはこの俺が許さん」

「人の命は天命によるもの。人の力ではどうすることもできない」

「関羽殿。お預かりした命、お返しいたしますぞ…いざ!死に出への道!先陣つかまつるぅ!!うわりゃあ~」

(わかってる!わかってるけどどうしようもねぇ!!)

などなど、忘れられない場面がたくさんあります。さて、どれが誰の台詞でしょうか?
  1. 2008/10/18(土) 02:46:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

【雑感】政治議論とワンフレーズポリティクス

議論を優勢に進めるためには、広範な議題で戦うよりも自分に有利かつ重要なひとつの論点に的を絞り攻めるのが良いとされます。

してみれば、先の‘年金’参院選もその前の‘郵政’解散も、そのように有利な争点一点で押した側の圧勝でした。

ただしかし、三浦自身はネット上で政治論議をする場合には勝ち負けにはさほどこだわらない場合が多いです。
もちろん、「ここで引いてはいけないな」というところでは頑として戦いますが、多くの場合は出会いを重視します。

「議論したり反駁したりしているうちには、相手に勝つようなこともあるだろう。しかし、それは空しい勝利だ-相手の好意は絶対にかち得られないのだから」
ベンジャミン・フランクリン
  1. 2008/10/17(金) 03:35:42|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【日記】ケータイマンガ

mixiを主として、最近の広告バナーが…

『えっちなケータイまんが』

らしいのがやたら目につきます。

かなりいらいらします。
でもちょっとだけ見たいかも。

けっこういらいらします。
でもそこそこ見たいかも。

むう。

そこそこいらいらします。
でもけっこうみたいかも。

ほんのちょこっとだけいらいらします!
でもかなりみたいかも!!

見ませんが。

しかし教育上はどーなんでしょう?FC2にはエロスパムコメントが相変わらず寄せられます。ああいうのもどうなのでしょう。そういうことに1番興味あるお年頃の中学生の管理人とか…

あと、少子化対策を真面目に話し合うのにも性の問題をまったく論じないのもどうか、と思います。
  1. 2008/10/16(木) 12:37:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

【経済】巨人たちの時代

独占禁止法。もはや世界的には存在しないのでしょうか。

金融危機の中、世界的な業界再編が各業界で進んでいます。それでなくてもM&Aの流れやグループ化は世界中で進んでいました。
この流れが進んでいくと、独占・寡占を占めるに至った企業が中小零細企業や消費者、雇用賃金労働者への立場を強めていくばかりでなく、ロシア=ガスプロムや中国や西南アジア諸国の国営エネルギー企業ように国家と結び付き国際社会において猛威を奮うに足る存在になっていくように思えます。

巨人たちの時代…弱き者たちが蹂躙されるような時代を避ける術はないのでしょうか。巨人巨木が倒れてもなお、被害を受ける民衆にとっては迷惑千万な話しです。

「上下志を同じくする者は勝つ」

日系企業にはそうあって欲しいと思います。
  1. 2008/10/15(水) 12:27:19|
  2. 経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】東国原知事に問う

あなたは、宮崎に残す後継者を育てておられますか?
  1. 2008/10/14(火) 09:37:12|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

【日記】無題

正宗に、

「おとうさんはおしごとでいつもおうちいないからきらい」

って言われてしまいました…………

ウィザードリィ、やはり参加者が全然あつまりません…ガンダムの時もそうでしたが、一度参加希望をしてから音信不通になるのは止めて欲しいです…取りやめるならそう言って欲しい………
制作中断中です。
  1. 2008/10/13(月) 17:27:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【経済】ワールド・ビジネス・アライアンス

世界の政府が集まっても世界経済を救えないのなら…

世界中の大企業・財閥・コンツェルンやトップレベルの個人投資家、大資産家、ファンドなどが大同盟を組んで

『明日のグリニッジ時間○○時、NY証券場が開くと同時に我々は一斉に株を買います』

とか声明を出すというのはどうでしょう?額も銘柄も詳細は決めません。ただ、買うと。
  1. 2008/10/12(日) 18:51:40|
  2. 経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【外交】国連は何をしているのか

みなさんご存じの通り、世界的な金融危機です。

FRBとかG8とかIMFとかの名前が踊っております…が…

先の南オセチア紛争といい、四川大震災といい、とんと国連の名前を聞きません。前はもっと声明とか報道があったように思います。民主党は、アメリカ中心から国連中心外交にすると言っていますが、こんなていたらくの国連中心外交をどうやるつもりなのでしょうか。
今日本は非常任理事国のアジア枠の椅子をイランと争っているそうです。
ロシアが推しているのでしょうが、それでもなお、あの制裁中のイランに負けるのでしょうか?米欧はそんなに盟友として頼りないのでしょうか。日本の国力影響力外交力はそんなに低いのでしょうか。
  1. 2008/10/11(土) 21:14:59|
  2. 外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【歴史】劉邦と韓信

あるとき、劉邦が部下の韓信にたずねました。

「わしは、何万人の将だろうか?」
「多くても十万人ほどだと思います」
「そちはどうか?」
「多ければ多いほどよい働きができます」
劉邦は苦笑します。
「なぜ十万人の将であるわしの部下に、兵が多ければ多いほどいいというそちがいるのかな?」
「とのは兵に将たる方でなく、将に将たる天賦の才能をお持ちだからです」

劉邦はいくさが弱いひとでした。項羽は滅法強いひとでした。
しかし項羽の兵は飢えて逃げ、将は報酬がないので寝返り、負け続ける劉邦に人は集まり続け、項羽が西で勝てば東が敗れ、東で勝てば西が寝返り、ついに四面楚歌に陥ります。
  1. 2008/10/11(土) 07:17:25|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

【歴史】劉邦と麻生さん

そういえば、麻生さんのオフィシャルサイトにまだメアドが載っていた頃、なんとなく漢の高祖劉邦についてのエピソードを送ったような気がわずかにします。送ってないかもしれません。(?)よく覚えていません…記録は残っていませんから…

漢の劉邦が、楚の項羽と天下を争っていた時のことです。劉邦が、部下の一人に優秀な人材を集めるにはどうしたらいいかを聞きました。
「項羽は部下を思いやること深く、病気とあれば見舞い自ら看病するほどでその情に人が集まります。しかしケチで報酬や爵位を出し惜しむので人が離れていきます。
殿は気前がよく、金銀も役職も誰もが納得するように与えるので人が離れませんが、大勢のいる前で罵倒したりからかったりする悪癖があるため人材が寄り付きません。この癖を治し、人材を丁重に迎えることになされば間違いないでしょう」

劉邦はこれを受けて改め、項羽は改めなかったために百戦百勝の韓信や大軍師の張良などの人材は項羽を離れて劉邦の元に集まり、劉邦は天下を得たと言われています。


どうやら今、麻生さんは自腹で気前よく人材に高級料理などをおごっているようです。(苦笑)
マスコミは「金満首相」などと書いているようですが…セレブがお金を使わないでためこんでいたら、庶民の所まで回ってこないという一面もありましょう。
  1. 2008/10/10(金) 22:55:43|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】「チームそのまんま」

時間がなく短く。

東国原知事は、早稲田時代の人脈を生かし、「チームそのまんま」という教授クラスの人物を含めたブレーン・シンクタンク・幕僚を有しているそうです。
あの方の言動に厚みが感じられるのはそのせいかもしれません。

ただ、今の状態を知事選出馬前の「泡沫候補」時代と同じだと言っておられるのには反対です。支持者有権者県民を背負っているのですから。

ただし…「だからこそ、早くスタートしなくてはいけない」ということなのかもしれません。
  1. 2008/10/10(金) 14:46:07|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【経済】何か、何か方法が…

今、世界中が資金と資産を守るための方法を必死に探しているはずです。

円高の日本が、その信用を以ってリスク回避あるいは低減を保障する固定レートの債権を提供するなどすることができれば、世界から資本が集まってくるはずだと思うのですが…
  1. 2008/10/09(木) 13:57:14|
  2. 経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

【政治】選挙ポスターにひとつだけ肩書を

選挙の際にあちこちに張り出されるポスター。
一体何が書かれているのでしょう。

まず、候補者の名前。
そして、写真。
最後に、あちがちなスローガン。

たいていはこれだけです。あるいは政党の名前が付いているくらいでしょうか。

これでは選びようがないと思うのです。とはいえマニフェストを載せても書ききれず読み辛いでしょう。

新人・ベテラン候補問わず、ひとつだけ代表的なその人の肩書を書くべきではないかと思います。

候補者「田中政太」
候補者「佐藤治子」
候補者「高橋経男」
候補者「権田原金大夫」

選びようがありません。

候補者「現職市長(四期) 田中政太」
候補者「小児科医 佐藤治子」
候補者「経営コンサルタント 高橋経男」
候補者「元まけし軍団 権田原金大夫」

選び考える余地が少しは出てくると思うのです。
  1. 2008/10/08(水) 14:29:53|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】民主党の刺客作戦

他のことを書くつもりでしたが…まとまりませんでした。

民主党が、自民党の大物議員に対して、小選挙区で美人の女性候補を刺客として立てる作戦を計画しているようです。俗に「くのいち」作戦などと呼ばれ、姫井さんの成功例にあやかったものと思われます。

小泉さんのところには、新党日本の田中さんが差し向けられるのだとか。

なるほど、と思います。ブームに乗り勝てば儲けもの、負けてもともと、被害は最小限に食い止めることができるという訳でありましょう。


………米国の金融安定化法案、もし日本だったら絶対成立しなかった気がします。

『テロ特解散』はあるのでしょうか。
  1. 2008/10/08(水) 03:36:59|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【外交】‘JABRICs’

G7による時代が終わろうとしているのであれば…次の時代を日本が生き抜くには。

やはりBRICs。これに、金融危機の影響が伝えられて来ない資源大国であり、ブラジル同様国防に多額の予算を必要としない地勢であるオーストラリアを加えた国々において確固たるシェアを獲得し、その市場を当地の政府・企業・国民と対立せず共存共栄する形での貿易・生産・流通・サービス・資源確保に努めるべきであると確信します。

ただ、安全保障の面においては依然として日米同盟を主軸に据える続けていくべきであり、おそらくは米新大統領とイスラエル新大統領を説いてイランとの和解を成立させ、「CHANGE」を図るべきであると感じます。それは世界に希望となるはずです。日本にとっては、対北朝鮮に対する姿勢・配備の変化とイランとの資源輸入市場参加を求めることになるでしょう。
  1. 2008/10/06(月) 20:48:59|
  2. 外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。