銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【経済】「増税に適した時期などない」

誰の言葉だったかは忘れてしまいました。しかし、何か本で読み唸った記憶があります。景気の変動のいつの時点であれ、「増税に適した時期などない」のです。

それに引き換え、国債の発行は短期的には経済に影響を出さず、増税に比べては国民の反発も少ない。しかし、現金より借金の方が最終的には高くついてしまうことは間違いありません。経済成長が続き、名目金利に比べて実質金利が低くなれば良いのかもしれませんが、世の中そううまく行くと考える連中はバブルにはまり撃沈をする定めです。拡大均衡は無限に成功する訳がない。

誰かが。

誰かが言わなくてはならないのです。

無駄をゼロにする。

否。

無駄ではないが、優先順位の低いものもやむなくカットせざるを得ない。

と。


国民の福祉を大切にする。

否。

国民の福祉を維持するために、支出を切り詰める。

と。

恩田木工。上杉鷹山。二宮尊徳…

不可能ではないと信じたいです。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/30(火) 17:43:32|
  2. 経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【歴史】ジョージ・W・ブッシュ大統領

世界中で非難された大統領。先のアメリカ大統領です。

私はイラク戦争には反対をしていました。

私は今のオバマ大統領を支持しています。

ブッシュさんは失言で有名であり、あまり頭は良くないと自分自身で選挙中に皮肉ってました。就任後など、「私でも大統領になれるんだ」などと言っては学生を励ましていたほどです。

しかしながら…

このブッシュ前大統領という人が、三浦はどうしても嫌いになれません。

いやむしろ、実はオバマ大統領より好感を持っています。クリントン元大統領よりもはるかに。

頭が良くないというあたりに共感を覚えるのもあると思いますが(でも三浦なんかよりははるかにいいんでしょうけれど)どうも、人間的に好きなんです。

良くも悪しくも…この人は、アメリカの指導者として、敢然と不当非道な挑戦に戦いました。

三浦には未だに、911に対してどのように対処するのが正しかったのかを考えあぐねています。とてもとても、同時多発テロをアメリカの自業自得だなどと容認することはできません。卑劣極まりない憎むべき行為です。

それに対して、ブッシュ大統領は祖国の護り手として、精一杯戦った。

国内外、世界中の非難批判を浴びようとも、ぶれることなく己の正義を愚直に貫いた。

私にはどうしても、あの人を嫌いにはなれないのです。


また…ブッシュ対ゴアといい、オバマ対ヒラリーといい、ケネディ対ニクソンといい、アメリカはどうも人柄で指導者を選ぶ傾向があります。オバマさんはネガティブキャンペーンをしないことで支持を得ました。ブッシュさんも親しみやすさが売りでした。

私はアメリカという国もまた、嫌いにはなれないのです。

ひどいこともします。が、覇権というのはあまちゃんに獲れるものでも維持できるものでもないはずであり、誰かしらが握っていないと世は乱れるはずだと三浦は考えるのです。
  1. 2009/06/29(月) 21:01:38|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

【雑感】カドルト総帥三浦介

三浦にとっては、ゲームを作ることも政治について考えることもジークジオンで一万を目指すことも同じなのです。

それは、何かをクリエイトする楽しさなのです。
  1. 2009/06/29(月) 02:20:56|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【外交】連携外交のススメ

三浦が外交についての話題をするとき、多くの場合に「○○や○○といった国を抱き込んで提案・交渉すべき」といった書き方をすることが多いです。
この連携外交・連名外交といったやり方は、まあ堂々と言うには恥ずかしいことですが、いくつかの外交ゲームをやってみて利口だと感じた手法です。

行うのは割合簡単で、案件に利害の一致した国に持ちかけるだけです。その代わりに獲られる利益等の抜け駆けや独り占めはできなくなります。世界中どの国も自国の利益には聡いですから、乗ってくる可能性は高いはずなのです。あなたの国が協力してくれれば成功しやすいからと求められれば嫌な気はしないものです。

逆に、これを食らうと想像以上に厄介なのです。一対一ならば様々な手段で対抗し封じ込め反論しやすいもので、国力差などがリアルに出てきます。がぶり四つで寄りきりやすい。多少無茶言っても効くものです。
しかし、連名だと、連名している味方がある手前そう簡単には引きさがらない。腰抜け裏切りとは思われたくないもので(実際後あとの別件で不利になる可能性がある)、心理的な安心もあります。役割分担もできたりします。また一つの件に連名した国が、微妙に違うスタンスをとった場合など、それと交渉している国は複雑な自国内調整を強いられることになったりする訳です。
利を見れば、うちも一枚噛ませてくれとさらに乗ってくる国家も出てくるかもしれません。各プレイヤーはいろいろな外交カードを持っているものです。

対超大国交渉などには、常用しても良い手法かもしれません。
  1. 2009/06/28(日) 03:13:30|
  2. 外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】ドラクエ5と宗教

地味に、名作のドラクエ5は宗教の香りがあります。

すなわち、悪の教団「光の教団」の存在。主人公の父パパスを殺し、主人公らを奴隷にして大神殿を建設させたりしていました。光の教団に入ればこの世の終わりに助かるなどというのも、言わばカルトそのものです。

しかし、反宗教でもないのです。

ドラクエシリーズは途中からセーブなどは教会がやってます。「おいのりをする」んですね。主人公や勇者たちは毎回。昔の作品は王様がふっかつのじゅもん(パスワード)を教えてくれました。

あとは、天空城とマスタードラゴンの存在。魔界の大魔王ミルドラースと対を成しているのですが、マスタードラゴンが教会の神様とすると、作品上はおかしいことになります。というのは、途中までマスタードラゴンは力を失って地上にいるのです。そして、天空城といい神様たるマスタードラゴンといい、主人公たちのいわば乗り物になってしまいます。

この作品が世界中の子供に遊ばれるとしたら、未来の世界の価値観にわずかな影響があるかな…ないかなぁ。(笑)
  1. 2009/06/27(土) 12:50:43|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【軍事】F22か

輸出型F22 研究予算が成立

アメリカのオバマ大統領は、現在は法律で輸出が認められていない最新鋭戦闘機F22について、輸出型の研究を行うための支出を認めた今年度の補正予算に署名し、F22を次期主力戦闘機の有力候補としている日本政府の関係者は、今後の成り行きを注視しています。
(6月25日 10時51分)

F22めぐり政権と議会対立

アメリカのホワイトハウスは、議会が最新鋭戦闘機F22の調達を停止するという政権の方針を覆し、調達継続を盛り込んだ法案を可決した場合、オバマ大統領に拒否権を行使するよう勧告するとした声明を発表し、F22をめぐる政権と議会の対立が緊迫の度を増してきました。
(6月25日 15時21分)

F22対日売却条項 下院可決

アメリカ議会下院は、最新鋭戦闘機F22の調達を継続し、日本への売却を検討するよう国防長官に命じる条項を盛り込んだ、来年度の国防権限法案を圧倒的多数で可決し、これに反発する政権との間で対立が激しくなっています。
(6月26日 11時5分)

(NHKニュース)

mixiの軍事コミュニティでF22とF35などについて話を聞きました。そこで、F35という単座単発機体は、ハイローミックスのローの方、すなわちF16の後継機種たるものであり、現有配備が進められている日本のF2とかぶるために必要ないなどと何人かの方から言われました。

そして、ハイローミックスのハイの方のF15の後継は、F22か、ユーロファイター タイフーンか、F15SE(F15改、地上攻撃が可能)かといったあたりのようです。

となると、三浦はやはりF15SE(ストライクイーグル)を推したいと思います。F22は高価すぎますし、欧州製にはやはり一抹の不安があり、航続距離も短いようです。
  1. 2009/06/26(金) 18:05:26|
  2. 軍事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】雑感

次期衆院選での、民主党の地滑り的大勝利。

そしてほどなく、支持率急落。

そんな予測をしてしまう三浦介です。


………。

「国民は福祉を無限に要求する」

「しかし、国家財政は無限ではない」

「国民は増税を喜ばない」

「次々と選挙の度に政党は福祉の増大を掲げる」

「結果、借金が膨らむ」


…悪夢の連鎖です。雪だるま式に…誰かが止めなくては…福田さん…福田さん…「あなたとは違うんです」(私には経済危機の到来が告げられてしまったんです。それに対処する積極財政を行うのに私は耐えられません)

眼前の危機か遠方の危機か。

………。


…三つの処方箋が考えつきます。単純に、一院制にすれば選挙が減ってくれます。

もう一つは、「企業に福祉を一部代行する義務を負わせる」というものです。

三つめは、儒教やマキャベリが是とする「清貧」、あるいは道教の「知足」、アダムスミスの「勤勉と節制」を国是…カッコいいスタイル、武士道、大和魂として日本にあまねく普及させることを実現するのです。
  1. 2009/06/25(木) 22:51:34|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「日本のシュワルツネッガーではなく、日本のレーガンと呼んで欲しい」―東国原英夫


「私を次期総裁候補として次の衆院選を戦えますか?」『でないと勝てませんよね?』

という補足付きで考えるのが正着ではないかと思います。

しかし、あの方にも弱点があります。

一点目は、知事のブログをよんでいますと、たびたびこの国の抱える問題点を列挙することがあるのですが、それに対する回答はいつも明確ではありません。すなわち、国政へ提示するビジョンが未だ不明瞭なのです。

二点目は、国政に携わるにはどうしても人脈が薄いであろう点です。

以上二点を現状を含め勘案しますに、早川さんに提案致します。

とにもかくにも、まず『第三世代の会』に招きご本人の話を聞き、言葉を交わしてはいただけないでしょうか。全てはそれからだと思います。入会してもらうにしろ、失望するにしても、です。


知事が言ったのは、あくまでも「候補」です。先の総裁選では、当初より多数の「候補の候補」が立ちました。つまり自称候補になるのは簡単なことなのです。

自民党は、広い度量で、知事に「やってみたまえ、自力で推薦人を集めてみたまえ。それまでは好きに自称候補を名乗るなりすればいい」と言ってのければ、双方の利害が一致しましょう。

(上の文を自民党の早川忠孝議員のブログにコメントしました)
  1. 2009/06/25(木) 03:04:26|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【WIZ】第九話「入り口付近にて」

その最強パーティーは、どうも迷っているらしかった。
地下一階への階段をおりてすぐの部屋。ソラ・ミツルギらのパーティーは初めての戦闘を経験し、本当に冒険者として死の危険が潜む魔宮に挑んでいるのだという実感を得たばかりだった。そこへ偶然、先日リルガミンで行き会ったことがあるアンドリューらのパーティーと遭遇したのだ。当然のことながら、見知った顔に警戒をとき友好的な態度を示したソラたちに、なんとアンドリューは一瞬攻撃魔法を唱えるかのそぶりを見せた(後で「よく見えなかったせいじゃ」ととぼけてはいたが)のだった。慌てエネフィムが止めたが、トンズラーの目と構えも獲物を見る目だった気がする。

(しっかし、こいつら…)
トール・ワタギは頭の中でつぶやく。

(強いのか弱いのかわかんねぇな…)

手練れなのだろう、とは身のこなしなどから思うのだが、装備は大したことない気がする。探索もさほど進んでいない…というより、トールは、アンドリューらが現在地を見失っているのではないかと勘繰った。つまり、この入り口すぐのただの行き止まりの部屋(だとトールには思えた)に何しに来たのか?さらにいえば、行き止まりを引き返して地上へと続く上り階段を見て、彼らが安心した気がしたのは気のせいだろうか?いや、そんなことより、あのじじ臭い金髪キザ野郎はなんであんなにリンといちゃついてるんだ!

トールの思考がずれていき、その面白い表情の変化にソラが気づいて吹き出しそうになったとき、エネフィムが目を細めてゆっくりとロングソードを抜いて北向きに構え、一同に緊張が走った。

静寂を破る、若い女性の声。
「だっかっらっ!なんであんなとこにぬるぬるじゃんぼなめくじがまたいたのよ!!あれは酸の沼にしか出ないんじゃなかったの!?」
暗赤色のローブをまとった長髪のエルフの女性。
「わたしが知ってる訳ないじゃん!もー、あっちこっちべとべと…」
半身が隠れそうな盾を持つホビットの女盗賊。
「なんか、人がいっぱいいるですぅ~」
緊張感のない笑顔を見せる人間の女僧侶。カースドール三姉妹である。さも当然とばかりに戦闘になりそうだったが、新たなパーティーが現れて一旦取り止めになる。このエリアの隅で様子をみていたラリアのパーティーである。

彼ら四つのパーティーはこの時確かにすれ違った。相手を出し抜こうと考える悪の属性のものたちが大半であり挨拶もまともにはなかったが。
  1. 2009/06/24(水) 03:47:28|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】リミテッドフリーダム(2)

資本主義対社会主義。

自由経済対統制経済。

ひとつの回答に近いのではないかと思うのも、「限定的自由」「範囲内自由」経済かと思えるのです。

晴れはいい。雨もいい。

しかし、日照りで干ばつでは困るし豪雨で洪水も困ります。

さりとて、ずっと毎日曇りでも困るのです。


…ロシアとベラルーシの間に、経済支援を巡りすきま風が吹いた模様。一手入れるべきかと思います。西側正面の薄さがロシアの弱点の一つです。
  1. 2009/06/23(火) 13:03:01|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】リミテッドフリーダム

人は決して、無制限の自由など望む訳ではないし、むしろ持て余すと考えます。それは、無法に近い。

制限的自由。すなわち、満足度の得られる選択の自由。

このことを政治はもっと重視すべきだと思うのです。


昔、タイに行ったことがあります。そこでレストランに入りました。

タイ料理といえば、辛いイメージがあったのですが、出された料理には全く辛味の味付けはついていませんでした。

そね代わり、横に辛味の味噌と香味野菜が小皿に添えられていました。

これです。分かりづらい例かもしれませんが。

ひとりひとり違っている世の中。辛さの嗜好も異なる訳で、押し付けでなく選択の自由がそこには用意されている。その心地よさ。

料理も政治も、それを提供できる存在だろうと三浦は思います。


…副次的要素として、この選択する自由の用意は、普段は政府政権に向けられやすい批判や不満の意識を、選択肢の考慮の方に向けてしまうという狙いもあります。(苦笑)
  1. 2009/06/22(月) 20:21:50|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】麻生太郎はなぜ二枚看板を下ろしたか

「全額税方式」

http://www.aso-taro.jp/lecture/kama/2008_3.html

「自由と繁栄の弧」

http://www.aso-taro.jp/lecture/kama/2007_7.html

政治家麻生太郎の、内政と外交における二枚看板ともいうべき両政策。

なぜか、麻生さんは総裁選のあたりからこれを引っ込めてしまわれました。弧の方に関してはおそらく中国関係かとおもわれますが、それにしても小泉さんの靖国ほどの反発は考えにくいです。
年金の方は、払い込み済みの高齢層からの反発でしょうか。しかし、若年層より年金の支給を受ける率は良いはずとも思え、日本の個人資産保有も高齢層に偏りがあるとも聞きます。

総裁選出馬のあたりで、(森さんとか)有力議員さんの支持を取り付ける条件のために看板を下げざるを得なかったのではと思うのですが、総選挙を前にすると、改めて惜しいと思います。
  1. 2009/06/21(日) 14:17:38|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【日記】正宗の運動会に行ってきました

息子の正宗の運動会に行ってきました。

いろいろ楽しかったんですが全部はしょって…(?)正宗、後半の半分は飽きたらしく参加しないでなんか部屋で遊んでましたし…

プログラムが終わった後に、「おとうさんの似顔絵」をプレゼントしてもらいました。

ありがとう正宗。ありがとう。ありがとう…

そのあとは…配られたアイスを並んで座って食べながら、最近二人でブームの妖怪「川男」ごっこを静かに遊んで帰りました。以前、妖怪対鬼太郎の戦いごっこをやってたらいつの間にか始まりました。

(たのしかったね…)
(そうだね…)
  1. 2009/06/20(土) 20:16:57|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【政治】奇跡の片鱗

私は、安倍政権が参議院選挙で敗北してからずっと、次の衆議院選挙で与党が議席を減らし再可決が不可能になり、国家が小田原評定の状態になることを恐れてきました。

しかし、先の与野党が党議拘束を廃しての可決に、一筋の希望の光明を見いだした思いです。

国会で審議入りする前から結果が見えている。

そんな政治不信の根元とも言うべき茶番劇、国会討論の軽薄化は、クロスボーディング投票の普遍化によって終焉を迎えるのではないか。今はそう強く期待しています。

血の通った国会の復活です。
  1. 2009/06/19(金) 20:37:53|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

【雑感】熊谷新市長

熊谷俊人千葉市長のブログがありました。

http://shibucho.seesaa.net/

三浦より一歳歳上の三十一歳、3センチ高い181センチ。歴史に詳しいとのこと、初登庁の際に職員の皆さんに仲間を呼び掛けたのはカエサルを意識したのでしょうか。財政再建を目指されるとのこと、民主党系の方ながら期待しています。
  1. 2009/06/18(木) 16:57:13|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】むー。

むー。

ぼーっと、いつものように妄想にふける三浦です。ガンダムだったりウィズだったりして、それは作品になったりTRPGのシナリオになったりするんですが、総理大臣になったらーなんて妄想も多いです。

何回か言ってますが、週一で一時間、ゴールデンタイムに看板番組をやりたいです。

そんなかで。

生首脳会談とか。生党首会談とか。生視聴者会談とか。

生中継で噂の現場直撃ロケ敢行したり。

必ず、フルタイムで政策参考意見を募集。電話・メール・FAX。番組内でレスつけて。


で、最後には短い演説か、演説の一種として歌を(上手くはないんですが)歌ったり。閣僚なんかの政治家やプロの歌手や話題の人や被災地の人とかと一緒に。

初めに歌うのは?

たぶんハウンドドックの「ff」(フォルテシモ)か、とんねるずの「情けねぇ」のどちらか。

まず、泣きながらになるでしょう。

なんてね。(ため息)
  1. 2009/06/18(木) 02:40:24|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】どなたかこのニュースについてご存じの方は

米債券13兆円持ち込みか

イタリアとスイスの国境で日本人とみられる2人が、日本円にしておよそ13兆円相当の巨額のアメリカの債券を申告せずに持ち込もうとしたとして警察に拘束され、現地の日本総領事館で確認を急いでいます。
(6月11日 8時32分)
(NHKニュース)

じ、じゅうさんちょうえん!?

どなたかこのニュースについて詳しくご存じの方いらっしゃいます?13兆円ってどのくらいなんでしょう…
  1. 2009/06/16(火) 21:33:39|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

【WIZ】第八話「盗賊対盗賊」

ベルナルド・ポレヴィック・カースドール。又の名を‘凍師ポレ’という。カースドール三姉妹の父親であり、狂魔王ツヴェドリの時代のリルガミンの宮廷魔術師である。冷気の術を得意とし、彼の唱えた大凍(マダルト)の呪文は燃え盛る森を一瞬にして凍らせることすらできたという強力な術師である。彼もまたツヴェドリ王と共に一夜にして姿を消しており、三姉妹はこの迷宮に父親がいるものと考えていた。

父親がいなくなって、初めてわかった膨大な額の借金をなんとしても本人に払わせなければ。

何不自由なくワガママ奔放に育ってきた三姉妹の、ある日突然屋敷を差し押さえられ冒険者に成らざるを得なかった三姉妹の、一致した考えである。

だがこの姉妹はケンカが絶えない。

ホビットの盗賊、リエコ・カースドールが叫ぶ。
「こんなことになるからいきなり階段降りたくなんかなかったのよ!どうしてくれんの!!」
地下二階に降りてすぐ、リエコたちは大量の盗賊たちに囲まれていた。リエコは反対したのに、人間のミホ・カースドールに押し切られてしまった
「ソーコちゃんがあの変な沼で死んじゃったせいで!おまけに女の子になっちゃったみたいだしぃ!!なんなのよ一体!!」
カースドール三姉妹のパーティーには戦士がいない。だから盗賊のヒトミが一番に接近戦を戦うことになる。今回は相手も盗賊とはいえ、数がおおい。

パタッ…パタパタッ…

と、そこへミホの唱えた睡眠(カティノ)の魔法が効き、五人ものローグたちが眠りに倒れる。しめたっ!と思った瞬間、ヒトミは背中をダガーで切りつけられてしまう。
「い!」
姉貴のばか…ソーコちゃんのばか…親父のばか…リエコちゃん…ありがとうっ!
背中の傷が癒えていくのを温かみと共に感じる。僧侶であるリエコ・カースドールの唱えた治癒(ディオス)だ。その後すぐにまたミホがさらに唱えたカティノがうまくいき、残った二人のローグが逃走した時点で勝負ありだった。

戦いが終わり、一息つく。
ゲシッ!

リエコに応急処置をしてもらっているヒトミに、ミホからあしげりがとんだ。
「ほらちびっこ盗賊!あんたの出番よ?」
一息つけない。後衛にいたミホだけは無傷だった。
「痛いじゃない!そもそもお姉ちゃんが無理して地下二階に行くなんて言わなきゃ…」
「あの程度の敵なら、地下一階でも出るわよ」
「うっ」
「地上でおいてけぼりは嫌だって暴れたのは誰?」
「うっ」
「それに、あたしのカティノとリエコのディオスで勝てたんじゃない?」
「ううっ」
「手当ても終わったですぅ~ヒトミちゃんは盗賊のお仕事するですぅ~」
笑顔でさらりと言うリエコが、三人の中でも一番キツい時があるとヒトミは思った。

東と南に木製の扉。
だがそのうちの東側の扉には、「ルサルカ盗賊団アジト」と書いてある看板がかけてあった。いまのやつらはこの盗賊団の一味なのだろうか。

「盗賊団さん、アジトの看板出すなんて自己主張激しいですぅー」

リエコの指摘にヒトミはちょっと吹き出してしまい、ミホはかたまゆをちょっと上げて微笑んだ。
  1. 2009/06/16(火) 00:33:07|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【雑感】男の道

さっき、テレビのアンケート番組で…旦那さんから「愛してる」と最後に言われたのはいつか?という問いに、一番多く寄せられた視聴者からの答えが

『三年以上前』

でした。理解不能。おどれらそれでも日本男子か。


続く家事に関するアンケート。旦那さんに手伝って欲しいのは掃除洗濯料理子育てのうちのどれか?

どれか?だって?



…あ。

ごめんなさい。これ以上は内緒です。(?)
  1. 2009/06/15(月) 19:57:26|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【雑感】国立メディア芸術総合センター

麻生さん自らが、この施設をして日本のコンテンツ産業の戦略拠点かつビジットジャパンの戦略拠点にするのだと宣言して陣頭指揮をとり勝ちにいくべきではないかと思います。

批判も多いようですが、成功すれば大きな可能性を秘めた存在に成りうると思います。

やはり、エンターテイメント性をいかに持たせるかでしょう。

ディズニーランドとさびれた遊園地の違いにヒントがあるかなと思います。
  1. 2009/06/14(日) 20:24:55|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【雑感】しっかし

ほんとーに、民主社民連立政権なんてもんで日本人はいーのだろーか。

世論調査では、自民民主連立を期待する声が大きいような。俺もですが。
  1. 2009/06/13(土) 20:07:02|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

【WIZ】第七話「迷宮に棲まう者」

リルガミンからはるか東の島国、フソウの国。イーストエンドとも言われるその地で、その地位をダイミョウと言われている一人の領主が姿を消した。

その名をマサカド・カガミ。
エネフィム・カガミの父であり、ソラ・ミツルギの父の主であった。
マサカドが出奔した、その次の夜からカガミ家の館は何者かにより火が放たれ三日三晩燃え続けたという。親族でただ一人だけ、エネフィムだけが難を逃れ生き延びたものの、その家は取り潰されカガミ家の名は地に落ちた。

お家の再興。

エネフィムは、わずかに残る父親の目撃証言を追いこのリルガミンへとたどり着いた。父親の生死を確かめないことには再興も難しい。その真意も。途中で志を近くする魔術師や盗賊と会い合流した。中でもアンドリューという男はこの迷宮に詳しい知識があるらしい。この迷宮にこそ、マサカドはいる。エネフィムはそう確信していた。

「エネフィム様?エネフィム様ですか?」
「ソラか…久しいな」
リルガミンの町中で、東国生まれの二人は再会する。
カガミ家が無くなり、仕えていた家臣団の多くは新しい領主に従ったが、ミツルギの一族はカガミ家に忠義を立てむしろ農家となった。ソラにとりエネフィムは旧主筋ということになるが、まさかこんな西国で会うことになるとは思ってもみなかった。ソラは、志というよりは口減らしで(自分から)家を出て冒険者となった方だ。
二人はややしばらく、フソウの旧カガミ家領の話で(比較的静かに)盛り上がった。

その、すぐ近くの街角。
刺激的な露出をした女戦士のことを、そっと覗き見ている盗賊がいた。二人も。
「たまんねぇなぁー!」
「たまんねぇでゲスな!」
初対面だが、息が合っている。ソラの連れであるトール・ワタギと、エネフィムの連れのトンズラーである。なかなかの色男とブ男のコンビだ。
「あれ、隠れてねぇじゃんか」
「いや~あのサイズの爆乳をしまえるプレートアーマーはなかなかないでゲスよ。あるとすれば…」
二人は顔を見合せた。
「「プレートアーマーおっぱい+1」」(笑)
そこにふと後ろから声がかかる。
「なぁに町中でバカ言ってるの?」
ソラやトールとパーティーを組んでいるエルフの魔術師、リン・フォルトゥーナである。比較的天然系でトラブルに巻き込まれやすいソラや、女好きでトラブルに首を突っ込みやすいトールのお目付け役を果たしていた。だが彼女自身はむしろそれを楽しんでいる感があった。
「え?いや、これは…」 後ずさるトールに対して、トンズラーの方は逆にリンに近づいていく。
「お姉さんもかわいいでヤンスねぇ~え!」
トンズラーは、リンのさらに後ろから、冷たいアンドリューの視線を感じた。 「トンズラー、お前もここで何をしているのだ?保存食は買ったのか?」
「あ、いや、まだでゲス。すぐに買ってくるでゲスよぅ」
二人の盗賊は慌て走り去っていく。アンドリューは小さくため息をついた。
「やれやれじゃ。先が思いやられるのぅ」
口調は年寄りのようだが、金髪の貴公子然としたアンドリューに、リンは振り向いて話の続きを始めた。
「それで、本当にここの封印の迷宮にポレがいるのね?」
「ああ、間違いない。かすかにだか、中であヤツの邪悪な魔力を感じた。お主のいた森を焼き払った男は迷宮の中におるよ」

そして、逃げ去った二人の盗賊は、買い物の最中に迷宮の中に「ルサルカ団」という盗賊団が棲まうという情報を得ていた。

  1. 2009/06/12(金) 18:30:24|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】衆院選に向けて

『次は、雇用だ』
麻生さんはオールドケインジアンを名乗られています。この線では?

『国民総雇用』

はケインズ主義と聞いています。

自民党で、リニアの夢を語る。雇用が生まれる。無駄と言われても戦える戦場でしょう。

グリーンニューディール。カリフォルニアの新幹線。

マンガの殿堂なんたらについてはよく知りませんが…アニメやゲーム業界にも声をかけ、常態のマーケットに、ビジネスにして稼げば誰も文句は言いますまい。

モーターショウにゲームショウ。麻生太郎の世界経済への日本の攻め口。

高齢者福祉にも一手必要です。エコ減税の次はヴィンテージ減税を。高齢者は半額!!

あとは、減反について農相の改革をズバリと通せばいけるのではないでしょうか。

  1. 2009/06/11(木) 20:20:28|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【雑感】右とか左とか(その5)

保守とリベラル。

日本で、対になって使われるこの言葉に、三浦はずっと違和感がありました。なぜ、日本語と英語なのでしょうか?

保守と革新。

あるいは、

コンサバティブとリベラル。

でいいじゃないですか。

しかしどうも、革新という言葉には安保闘争以来の赤いイメージが強すぎ、コンサバティブという言葉は認知度が低すぎるようです。

しかし、保守という響きには反動守旧というイメージがあります。保守系の政党、政治家、論者、ブロガーらはこの言葉を用いていってはどうでしょうか。

かっこよさって、大事ですよね。(笑)
  1. 2009/06/10(水) 17:06:04|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【軍事】F22よりF35を

世界最強であることにおそらく誰も異論はないであろう戦闘機、F22。

それまで最強の座にあり、未だに実戦無敗というF15を、演習ではワンサイドで完勝できる能力を持つそうです。

しかし、本当に、価格面でも最強を誇ると思われるこの戦闘機は日本に必要なのでしょうか?

いらない、と思います。
同じF22を持つアメリカとの戦争を企まない限りは。(持ったところで勝てませんが)

財政難の日本です。既に生産していないためにさらに高価でありましょうから、数も揃えられるか疑問です。日本全土をまかなう単独主力機にするためには、やはりそれなりに数は必要でしょう。補給中帰投中を見越した時間差攻撃や三方四方から空港を狙われたりする可能性もありましょう。


比べて、F35は汎用機だと言います。通常型とSVTOL型、艦載機型があるために将来的な運用の柔軟性も見込むことができます。
また、最近の戦闘機は、機体のステルス性とソフト面が重要視されているとのことで、F35は理屈では一応F22より「新しい」ソフトが載るはずです。いや新しいからといって必ずしも高性能とは限りませんが…

そして何より、NATO各国が導入を検討しているために、大量発注によるコストダウンが見込めます。日米英独仏伊、さらには韓豪イスラエルサウジアラビアなどで一気に買うべきだと思います。
ユーロファイターはステルス性に欠けると聞いています。日本はF22を諦め、西欧はユーロファイターを諦めるべきだと思います。
  1. 2009/06/10(水) 03:12:08|
  2. 軍事
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

【雑感】二羽の鳩

西川社長を巡り麻生政権を内外から刺激している鳩山さんと鳩山さん。

国会で激突させるべきでは。

大臣が野党党首に与する場合ならば、更迭の名分ができましょう。
与しないならば徹底的に論じ合わせることにより采配も決まりましょう。主張に合理性が、あるのかないのかが判明するはずです。
  1. 2009/06/09(火) 19:03:49|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】ヴィンテージ減税

エコ減税政策が成功しているようです。家電も車も売り上げ好調のようで、エコポイントなども減税の一種と考えていいと思います。

「法を用いるの要は務め簡寛にあり」とは貞観政要ですが、あれだめこれだめと法律でがんじがらめにするのは容易ながら国家の活力を減じます。それより、このような方法で社会を善導していくのが上策と感じます。

それで次は、ヴィンテージ減税。すなわち、高齢化社会に備えた政策です。
  1. 2009/06/08(月) 19:44:17|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【日記】頭の中が

ガンダムとウィザードリィと政治的なことが混沌としてまとまりがつかないでいます。

あ、いつもか。(笑)

ウィザードリィ、迷宮の再構築を完了しました。
  1. 2009/06/07(日) 11:23:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【WIZ】第6話「続、勇者ラリア・オーズド」

冷や汗がラリアの額を流れる。

ラリアとシア、アンディーの三人は、ダークゾーンのエリアの中心部を探索することにした。肌をなぞるような冷気を感じたその時、音もなくそのおぞましい存在が現れたのだった。

「気をつけろ!」

不意討ちに近いその冷たい手ならぬ手をラリアは反射的に避ける。
手ならぬ手?ラリアにはその実体は見えなかった。ただ、その青白い双眼の光をかすかに宿す亡霊がまとう擦りきれたローブが不意に伸びてきたのだ。頬の真横をかすめる感覚。

まずい…

バトルアックスを構え直すものの、黒いローブに見えぬ姿。視界が悪すぎる…目の端に左を見ると、シアはバブリースライムと戦っていて余裕がないようだ。アンディーの姿は見えない。

まずい…

ラリアはあえて冷たい幽霊がいるとおぼしきあたりににじりより、すれ違いざまに一撃を当てながらもつばを飲み込んだ。
訓練所で得た知識によると、アンデッドの中には「エナジードレイン」という生気を吸いとる攻撃をするものがいて、それを受けると熟練の冒険者でも力を失うことがあるという。たが、もっと悪いことに、駆け出しの冒険者がこれを受けると魂を全て奪われ、「消失」してしまうことすらあるというのだ。そして、アンディーとシアの二人はまさにそれだったのだ。

覚悟を決め、ラリアはさらににじりよる。射すような冷気を感じる。そうだ、こっちに来い………!ぐっ!!

振り向きながらにラリアが後ろ斜め上に振り降ろした刃が冷たい双眼を切り裂くのは、亡霊の手がラリアの肩を捕らえるのとほぼ同時だった。
  1. 2009/06/06(土) 12:41:49|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】臓器移植法改正

結局、ABCDの各案すべてが過半数を得られずに成立は難しいとのこと。

気になるのは、宗教色の強いB案の存在。すなわち、団体組織票が改正を制したのではないかと思えるのです。

なんとなく、妊娠中絶の是非が毎回争点となるアメリカ大統領選を連想します。
  1. 2009/06/05(金) 12:34:42|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。