銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【政治】失われた自由

自由民主党から民主党へ。

日本から自由が消えた。

減速する経済、後退する安全保障。

あの死んだように虚ろな瞳たち。

『自由を奪回せよ』
スポンサーサイト
  1. 2009/08/31(月) 10:55:36|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】w とか orzとか

三浦介は w だの www だのは使いません。なんか下品な気がするからです。嘲笑でしょう?

orz というのも使いません。男がそう簡単に手などついてたまりますか。

そう簡単に手などついてたまりますか。
  1. 2009/08/30(日) 19:56:42|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【日記】ドラクエ9だ!

三人の家族!

三台のDS!

三つのドラクエ9!

さあ冒険だ!!
  1. 2009/08/29(土) 18:43:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【軍事】総合火力演習は陸空合同でやるべき

前にも書いた気がするのですが、富士の麓で毎年行われている陸上自衛隊の総合火力演習。あれは陸空合同でやるべきだと思っています。

陸は総火演、海では観艦式が一大イベントな訳ですが、確か航空自衛隊にはそれにあたるものはなかったはずです。

通常の現代戦では制空権を無視した地上戦の遂行は考えられないはず、平時より連携・呼吸、信頼を整えておくべきだと思うのです。
「火砲は戦の神」とも言われますが、F2などの攻撃機は火砲の一種ととらえる考え方もあるでしょう。
  1. 2009/08/28(金) 21:32:36|
  2. 軍事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【日記】ディズニーシーに行って来ました

家族でディズニーシーに行って来ました!!

息子の正宗の、最高の思い出になったと思います。
  1. 2009/08/28(金) 00:10:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【WIZ】第十八話「それぞれの時間」

リルガミンに帰還したラリアは、宿屋で出される暖かい食事をあまりにもたくさん食べすぎてお腹を壊してしまった。

一回休みとなる。

その向かいの店。

一行の参謀役である人間の魔術師レパードの言葉に、エルフの僧侶であるヴァイオレットは驚いてしまった。
「そんな!レパードこそ先に装備を整えるべきですわ!」
「俺に考えがあるんだよ」
「でも!」
「もらっておけばいいではないか!ヴァイオレット!!」

仲裁をしようとするドワーフの僧侶レオンを巻き込んで、レパードとヴァイオレットの二人の問答はボルタック商店の店先でしばらく続いた。人間の盗賊であるローズの姿は見えない。


その横で。

ホビットには余り似つかわしくないローブを羽織ったヤマカゼがはしゃいでいた。裾が床についている。
「これで一通りそろったよね!?」
真新しいプレートメイルを着こんだダイトクも、まんざらでもない様子で目を細めてヤマカゼを見る。
ヤマカゼが新しいプレートメイルを買い、ヤマカゼの着ていた鎖帷子をサラーフが着て、サラーフの着ていたローブをヤマカゼが着ることになったのだ。
「初めて着るのですが、やっぱり重いですねぇ…」

三人のうちでサラーフだけは、微妙な表情をしていた。

その裏の寺院。

「…うわあああぁぁ…あ…あれ…」
石化していたソラが、多額の救出報酬を使ってカント寺院で回復していた。息を荒げていたのをゆっくりと収め整える。
腕組みをして待っていたトールだったが、喜びは隠せない。リンがソラに抱きついたのも今度ばかりは仕方ないだろう。

四人の僧侶の祈りはまだ続いている。

そのはるか地下深く。

アンドリューは火炎(マハリト)の魔法で彼に近づこうとしたゾンビどもをなぎ払った。隣でトンズラーが麻痺しているが知ったことではない。

今回迷宮に入り、五体目の敵だった。

その隣のエリア。

ヒトミはひさびさに思い切りショートソードを振り回していた。暗闇などものともせずあっけなく敵を仕止める。
「なんか弱かったね」
リエコも続けた。
「かわいいうさぎさんですぅ?」
そのうさぎの恐ろしさを三姉妹は知らない。

六人パーティーは解散していた。

そして、人知れぬ場所。

エルは謎の薬品を調合していた。陽は差さない。薄暗いロウソクの灯りだけが空間にともり、えもしれない異様な空気が立ち込める。仮面は空気を遮断してもいた。

エルは手を止め、すぐそばに蜥蜴が運んできた手紙を読む。

「宰相さまと元宮廷魔術師さまがお呼びね…どーしょーかなー」

愉しげな彼の言葉を聞くのは、召し使いの蜥蜴以外に誰もいなかった。
  1. 2009/08/26(水) 12:55:55|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【経済】先読み部門、先読み会社

短期的にも長期的にも、時代の先を読むことは難しいことです。しかし、国や会社の運営には基本的に欠かすことのできないことでしょう。

顧客のニーズはもとより、為替や株式の展開予測に各資源の値動きなどです。

難しいとはいえ、情報の第一派をどのライバルよりも先に知り迅速な対応することは原理的には可能ななずで、例えばネイサン・ロスチャイルドなども戦争の情報をいち早く入手し対応して富を獲得した記憶があります。

情報の収集分析を専門にした企業の先読み部門や、中小企業と取引してその企業に必要な情報を提供する先読み会社はあってもよいのではないでしょうか。
  1. 2009/08/25(火) 10:09:40|
  2. 経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【経済】おお!スミス!!(その2)

おかしい。

おかしい。

やっぱりおかしい。


引き続きゆっくりとしたペースで、アダムスミスの国富論を読んでいるのですが…

有名な『神の見えざる手』というスミスの代名詞とされる言葉が出てきました。大著「国富論」の中でも一ヶ所しか出てこないと言います。普通、この『神の見えざる手』は市場原理のことを指しているとされ、つまり商品の需要と供給・価格のバランスは市場が自然に調整してくれるといったようなことを意味しており、ために政府は市場経済にあまり規制をしない方がいいという『自由主義』を代表する言葉だとされています。

が。

突然、かなりさりげなく文中に現れた『見えない手』という言葉。どう読んでも、そのような意味で書かれたとは三浦介には読めないのです。

大略は…

社会の収入は個人の収入の総和である

とし、

みな個人はそれぞれ己の収入を増やそうとする

とし、故に

各個人が己の収入を増やそうとすることが、それとまったく意図していないのに、『見えない手に引かれて』結果として社会全体の収入を増やすことになるのだ。

といった使われ方です。

三浦がアホなだけでしょうかねやっぱり。


しかし、それより三浦が気になった言葉は、

『国防は国富より重要である』

との近代経済学の開祖たる人物アダムスミスの言葉です。
  1. 2009/08/24(月) 17:43:57|
  2. 経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麻生さんを見てきました

20090823205243
麻生さんの演説を聞いてきました。人だかりの歓声と拍手の中、たくさんの日の丸が振られる中で

『日本を守る』

との麻生さんの心強い言葉に震えました。

勝って欲しい。痛切にそう思います。
  1. 2009/08/23(日) 20:52:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もしかしたら麻生さん見られるかも

今日一時半に、市内の八幡宿駅前に麻生さんが来るとのこと。

時間的に厳しいですが、もしかしたら見に行けるかもしれません。
  1. 2009/08/23(日) 10:13:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】自民党は民主党バッシングをやめよ

だって民主党の政策や議員はあんまし国民受けしてないもの。

夢を語れ自民党!!

キング牧師のように!!
  1. 2009/08/22(土) 02:43:52|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】頑張れ小泉進次郎さん!

小泉王国、などと言われマスコミはどうも横粂さんを推しているように見えます。

しかし、先代の純一郎さんはさらにそのまた先代の急死を受けて急遽出馬し、実は落選した経歴があります。福田赳夫さんのところへ書生として日参し学び、初当選を果たしたと言います。この頃の苦境が親心の元なのかは知りませんが、進次郎さんも当然このことはご存じのはず、世襲批判に負けずに頑張ってもらいたいと思います。

対する横粂さんも、「あいのりソーリ」にはかなり批判はあるようですが、私は心意気を買っています。
民主党からすれば、自民党の重鎮に横粂さんや若い美女「姫」やら他党代表やら、落選しても痛くないがブームで勝てれば儲けものというなかなかの目論見にはもはや感心すらしますが、そんな民主党を変えて欲しいとも思ってしまいます。
  1. 2009/08/21(金) 18:04:16|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【雑感】大和魂教育

あのNHKの「プロジェクトX~挑戦者たち~」を毎週とか義務教育過程で見せるのはどうでしょう?

先人たちの偉業、情熱、信頼、不屈の大和魂。


実際には間もなく社会主義的横並び教育が台頭するのでありましょうが…
  1. 2009/08/20(木) 11:46:19|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】続・国旗の件

年中民主党批判をしている三浦ですが、実はそんなにこの件は悪い気はしないんですよね。

けしからん…ことなのでしょうか?

まずは何より、悪意を持ってなされたとはさすがに言い切るのは難しいと思うのです。支援者が全くの善意で作ってくれたとしたら無闇に批判するのも気が引けます。

改造したことについても…別に外国旗を用いた訳でもなく、党旗にし掲げるということには「貶めた」とまでは三浦は感じないのです。

帝や国歌同様、一般的な日本人は日の丸に対して親しみの情を持っているはずです。その素朴な気持ちで掲げたとすれば微笑ましい気すらしてきます。いや、結果としては確かに不適切ではあったのでしょうが…

半分にぶったぎった訳でもなく、増やしている。これも意見はありましょうが、まあさほどに三浦は悪い気はしないのです。

水平線からの日の出にも、見えなくはないと思います。
  1. 2009/08/20(木) 02:32:39|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【雑感】太陽の国

いっそのこと、新築の住宅や商店に工事、学校や病院などの施設を建てる際に実用レベルのソーラーパネルの設置を義務化してはどうでしょうか。もちろん助成はします。

新型車も、屋根にソーラーパネルの設置を義務化し、太陽発電を助力として(ソーラーハイブリッド)用いることとし、携帯なんかもソーラーケータイが基本になればいいと思います。

他、電車や飛行機や船などの交通機関などにも順次活用できないものかと思います。

あと、北国の積雪をうまく有効活用する方法はないものでしょうか。集積すればなにか使えそうな気がしてなりません。
  1. 2009/08/19(水) 11:56:07|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【WIZ】第十七話「二人のドワーフ」

迷宮の入り口で、二人のドワーフがひょっこりと再会した。
「おおおそこにいるのはダイトクではないか!久しぶりだな!」
ドワーフにしては大きな体を揺らせてレオンが入り口の下り階段を駆け降りる。
「…レオンか」
「いかにも私だ。そのレオンだ!がっはっは!」
「…黒山脈の戦役以来だな。元気そうでなによりだ」
普段は無愛想なダイトクが珍しく眉を緩める。その横にいたホビットのヤマカゼがダイトクの手をつついて言った。
「ねえ、ダイトクぅ。盛り上がってるとこ悪いんだけど…」
「…ああ、いま紹介する。彼は」
「そ、そうじゃなくってさ」
ヤマカゼは暗闇の方を指さした。さらにヤマカゼの奥にいたエルフのサラーフが言葉を付け足す。
「バブリースライムのようですよ。すいませんがレオンさん、そしてあと二人の方々、手を貸していただけませんか?」
「そうか!よしきた!」
レオンと行動を共にしてきた、エルフで元義賊のレパードとやはり人間で現役の盗賊のローズがしなやかな身のこなしで隊列を組む。バブリースライムの一体や二体など、ものの数ではなかった。
「ガッハッハ!楽勝楽勝!」
「…本当に変わらぬな。貴殿は」
二人のドワーフが当たり前のように並んで歩き出してしまい、あとの四人は顔を見合せ苦笑して後をついて行くことになった。

二人の紹介を待つべきか、勝手に名乗りあうべきか?
なんでもいい、生きて地下迷宮から帰還できる割合は高くなりそうだったから。


自称、悪の大魔術師アンドリュー様は不機嫌だった。
「なぜこのワシが冒険者なんぞと手を組まなければならないのじゃ?」
自身が冒険者であり訳のわからない言葉だったが、報酬などを説きトンズラーがやっとアンドリューをソラたちのパーティーと合流することを納得させた。
目的は遭難パーティーの救援である。宰相ゼフロスが迷宮中に配したブルーリボンには簡単な魔力が宿っており、救援信号をリルガミンに出すことができる。通例では報酬付きだ。
エネフィムと知り合いだというせいか、単に育ちがいいからか朗らかな笑顔で握手をしてきた東国の身なりの戦士と、明らかにこちらを値踏みしているやはり東国らしい風体の盗賊、やたら興味深そうにチラチラこちらを見てくる(本人はそれとなく見ているつもりなのだろうが)エルフのはねっかえり娘。もとい魔術師。
アンドリューは共に迷宮を進みつつも、彼らとろくに話もしないしむろんニコリともしない。むしろ、さらに忌々しいと顔を歪めることになった。
長らく戦闘をエネフィムとトンズラーに任せ、たまに攻撃魔法をぶっ放すくらいだったワシ様が、僧兵の放った障害(バディオス)の魔法の直撃を受けたのだ。さすがに地下三階までくると馬鹿にならない。怒りの火炎(マハリト)を唱えようとしたころには戦闘は終わっていたが、腹の虫は収まらない。なにやら先ほどの東国戦士が石化したようだがワシの知ったことではない。
アンドリュー様のイライラがトンズラーの目を射ぬいた時、しかしその興味はトンズラーの横に突如現れていた道化の姿に完全に移っていた。痛みもイライラも頭から消え失せる。

(この鉄仮面の男、どこから現れた?)

アンドリューの口の端にかすかな笑みが灯る。面白い。
仮面の男はエルと名乗り、怪しげな薬を取り出してはあのお人好しどもに売り付けている。試供品は無料だと!よくそんなものに飛び付くものだ!トンズラーがエルに近づこうとするのをアンドリューは肩に手を当て止めた。エネフィムも警戒は緩めていない。

だが、面白い。

もう少しこやつらに付き合うのも悪くはないかもしれぬ。

悪の魔術師は、気紛れだった。
  1. 2009/08/18(火) 20:56:23|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本国旗が…

20090818124616
民主党の総決起集会で、二枚の日本国旗を切り貼りしたものが民主党党旗として使われたことが話題になっているようです。

いやはや。
  1. 2009/08/18(火) 12:46:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【日記】「勇者のくせになまいきだ。」

なるゲームを購入。

難しいですね、冒険者やら勇者やらを◯◯するのは…

いやウィザードリィとは関係ないですよ。ええ…迷宮制作が趣味なだけです。そう、ウィザードリィの方は個人的には意外な展開に…狙ったのかなぁ。いや三浦はなにもしてませんよ。(謎

人生の迷宮をさ迷う三浦でした。なんのこっちゃ。
  1. 2009/08/18(火) 01:31:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】自由民主党

高い安全保障。
高い社会保障。
高い治安。
高い貯蓄率。
整った司法。
税金も世界比では高い方じゃないという。
言論なんかの自由もあって当たり前。インフラも教育も当たり前。
世界に冠たる大企業群。
世界に冠たる新旧の文化。

この日本の栄華を築き守ってきたのは外ならない自由民主党を中核とした長期安定政権の政治です。

過ぎたる欲は身を滅ぼすのではないか。

私はそう思うのです。
  1. 2009/08/17(月) 02:26:28|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】おお、スミス!

「人は、いばることを好む」-アダム・スミス

「人は、けなすことを好む」-ニコロ・マキャベリ

まったく人間という奴は。(苦笑)しかし、この二人はそのしょーもない人間というものが好きで仕方ない人達だったのだろうと思います。マキャベリは外交論を論じつつも実際の外交は時に失敗し、三大兵法家に数えられますが戦争で手柄を立てたとは聞きませんし、権謀術数の祖と言われますが政争に負けて引退し君子論を書きました。
スミスの方は、まさに国富論の中で自らの(友人のしりぬぐい?)失敗談も書いています。やはり晩年はよくなかったようです。


経済学の祖であるスミスは意外にも農業農家を高く評価し重要視しており、その余剰生産物こそが経済を発展させると国富論には書いてあります。日本の減反政策とのことを考えさせられます。

また技術や技能、土壌の改善は資本の重要な要素としているようです。そして、資本の蓄積こそが経済を発展させると。
ならば、伝統的な文化の類もある意味では資本と言えるのかもしれません。
  1. 2009/08/15(土) 13:10:56|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

【雑感】東トルキスタン

ウイグル・東トルキスタンの蜂起に対して、特にコメントできないことが悲しいです。
北京オリンピックに関連したフリーチベットの国際的な盛り上がりと比べても東トルキスタンの蜂起に関心を示して中国に抗議をしたのは同祖のトルコだけだと言います。

日本にできることは少ないかもしれませんが、見事な両属外交をするカザフスタン・キルギス、モンゴルらとの結び付きを強固にし怠りない情報収集はしておくべきであり、資源外交の点からも大切だと思います。
  1. 2009/08/14(金) 16:48:32|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【歴史】本多正信十箇条

徳川家康の謀臣本多正信。この人は建物に例えた十箇条の座右の銘を残しています。

淫酒は早世の地形
堪忍は身を立つるの壁
苦労は栄華の礎
倹約は君につかうるの材木
珍膳珍味は貧の柱
他言慮外は身を亡ぼすの根太
人情は家を作るの畳
法度は僕をつかうの屋根
花麗は借金の板敷
わがままは朋友に悪まるるの障子

まさに知恵者の言葉と言えましょう。実践はなかなか難しいと思いますが、日本人の精神=武士道であるように思います。
  1. 2009/08/13(木) 22:22:33|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【WIZ】第十六話「迷宮行商人エル」

迷宮の深部をたった一人で歩く男がいた。
暗闇が支配する空間を、音も気配もなく滑るように進んでいく。凶悪な魔獣らも彼の前を遮ろうとはしない。

鉄仮面。

泣いているようにも、見ようによっては怒っているようにも見えるその仮面は、緑や朱を基調にした独特の服やひしゃげた頭巾、片手に持つ不思議な杖らしきものらの醸し出す雰囲気からして、彼をその職業である行商人というよりはむしろ道化師のように見せていた。

彼の名はエル。

エル・フラックという。

エルは、そのまま音も気配もなく姿を迷宮の主の部屋へと滑らせた。


狂魔王ツウェドリ。

蒼黒き甲冑を纏ったその王は、彼の魔術に必要な品々を納めているエルを迎えていた。その一つを手に取り口を開く。

「相変わらず仕事が早いことだ。フ、品もいい」
「おほめに預かり光栄です。陛下」
「フフフ…貴様は前からそうだ。慇懃にしてかつ誰にも属し靡かぬ…」
「恐縮です」
ツウェドリは剣を抜き、エルの首横へと当てた。エルは微動だにしない。
「冒険者相手の商いも始めたそうだな?」
「はっ」
このような時に、表情や素心を隠してくれる仮面は有り難いとエルは思う。
だが間もなくツウェドリは踵を返す。
「せいぜい奴らを助けてやるがいい。余とてしばし飽いた。人も獣も魔すらも…生きながら裂いての反応は大して変わらぬ。…クックック」
エルは息を飲む。狂魔王の視線の先には、背丈にも足らぬほどの小さな岩牢に入れられている少女が苦しそうな寝顔を見せていた。リルガミンの現女王、デメテルである。なにかうわごとを言っているようだがエルのいる位置からはよくわからない。なにかを拒絶しているようにも見える。

「…それでは私はこれにて」
仮面の男は再び音も気配もなく姿を消した。


地上リルガミン。

ぼったくる商店のあだ名を持つボルタック商店の店先に、その男エルはいた。
「おやっさん、少しくらいは負けてよー。同業者のよしみでさー」
屈託のない笑顔を見せるその青年は、迷宮にいた道化師とはまるで似ても似つかない明るさを見せていた。片手で玩んでいる黒く四角いオモチャのようなものがさらに彼を軽妙に見せている。
「ダメですよお客さま。どなたでも平等に品物はお売りしておりヒイキは致しません。それが当店のモットーでございます」
ボルタック商店の主はいつもの作り笑いを浮かべて、エルの願いをあっさりと断った。目は笑っていない。
「えーしょうがないなー」
エルが困ったような顔をするところに、後ろから別の客が姿を見せた。店主が応対に顔を向けたが、百戦練磨の店主も少し驚いてしまった。
「はい、いらっしゃいませ…!」
「少し失礼させていただきます。この青年に用があるもので」
「はい…ゼフロス様」
後ろから現れたのは、女王がかどわかされた後リルガミンの政治を代行している宰相ゼフロス・フォルトゥーナだった。
「やれやれ…宰相様がしがない行商人のおいらに何の用だい?」
日頃から目利きには自信のあるボルタックの店主は、エル青年の顔が微妙に変わったことを見てとりさらに驚く。
「そう言わないでくれよ。実は遠国のサルファーンの王太子をお招きしているのですが、ご退屈なようでね…きみの体術を見せてあげて欲しいのです」
「フーン…遠交近攻、ね」
ゼフロスは何も答えない。ただ今のリルガミンに他国を攻める余裕がないことは確かだ。
「いいよ…ゼフロスの頼みだもんね。でもギャランティははずんでよ?」
帽子を被ったエルの顔は、いつの間にか仮面の表情のように変わっていた。
  1. 2009/08/12(水) 14:45:50|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】ブレ?

民主 自由貿易協定の公約修正

民主党の菅代表代行は記者会見し、党の選挙公約に掲げた政策のうち、アメリカとの自由貿易協定について「農業が打撃を受ける」といった批判も踏まえ、「締結する」から「交渉を促進する」という表現に修正することを明らかにしました。
(8月7日 21時21分)
(NHKニュース)


今回は民主党の批判ではありません。

『ブレた』『ブレる』なる批判に対する批判です。

いいじゃないですか、議論があり修正しても。それをいちいちブレだなんだと批判非難するのはどうかと思います。国会は討議する場であり、政党も討議集団でしょう。

しかし、朝令暮改はいけないのだと思います。それは民を惑わせ国家の威信を低下させます。

日本人は、日本の政府政治家を貶めすぎだと私は思います。しつこく言いますが、私には日本以上によく治まっている外国を知りません。過ぎたる欲は身を滅ぼしましょう。
  1. 2009/08/08(土) 20:15:17|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

【雑感】芸能人容疑者と裁判員制度

酒井・押尾という芸能人の薬物犯罪容疑者のことを聞いて、裁判員制度について考えてしまうのは私だけでしょうか。

前者は女優らしい泣き落としの末、別居中とはいえ夫を見捨てて逃亡を図り、後者はおそらく不倫関係にあったと推定される女性が薬物により体調を崩したのをほったらかして死亡させた訳だと思います。共に悪質だと私には思われます。(酒井さんが薬物提供をした暴力団等に連れ去られたのでない限り)

ジャブ抜きなのか完全逃亡を図っているのかわかりませんが、酒井さんの速やかな検挙あるいは自首を望みます。しかし問題はその後です。

裁判員制度。

容疑者の経歴や出自、美醜などが判決に不当影響することなどがないかが心配なのです。
  1. 2009/08/07(金) 20:22:41|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

【雑感】政治萎え

月末に自民党に落ちるギロチン待ちのため、三浦の政治脳は萎え萎えです。

福田さんだったらなぁ。


麻生さんの積極財政はどうも合わない財政再建派の三浦です。
  1. 2009/08/07(金) 03:00:07|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【WIZ】第十五話「ぐるぐる②」

「うじゅううう~もう嫌ですぅ~」
今度こそリエコはバタンキューと仰向けに倒れこんだ。二度目の回転床の部屋だ。不幸中の幸いは、ガスドラゴンらを仕止めた後に引き返したこの部屋に別の敵がいなかったことだろうか。少し前にソードマンを倒したからかもしれない。
決意を決めた顔をしてサーファが言う。
「私はあきらめない。ね、ラリア?」
「もちろんだよ。あきらめたりなんかするもんか。上りの階段もどこかにあるはずだ」
サーファに対してだけでなく、自分自身にも言い聞かせるようにラリアは応えた。その隣にいたノースアがカースドールの三姉妹に声をかける。
「おぬしら…先に自宅の中にこの回転床の罠があったと言っておったな。その経験は活かせぬのか?」
ヒトミが口を開こうとして、パクパクやっている。ほどなく考え込み始めた。思い出せないらしい。リエコはまだくたっとしたままだ。こっちはタヌキ寝入りっぽい。二人を無視してミホが答える。
「フン…このいまいましい床が父上の作ったものと同じものなら、少しはないこともないわ。でも期待しないで頂戴。役に立つのなら最初から言ってるから」
姉の言葉を聞いていたヒトミの顔が輝いた。一瞬だけだが。
「少しでも、こうなれば聞かない訳にはいかなかろう」
ノースアは渋い顔をしてミホに先をうながした。ラリアはノースアが相手により態度を変える性格なのだとこの時感じた。
「そうね…父上の回転床には、一定の法則性があったわね。例えどちらの方角から進入したとしても、決まった向きが順番に前方に来るように止まったの。一回目が北向きに止まったなら、二回目の前方は北以外になる。三回目の前方は、一回目と二回目で止まった方角以外の残り二方向のどちらか。四回目は残りの一方。五回目で、また北向きに止まってあとは繰り返しね。もっとも、その法則性は父上はたまに変えてたけど」
そこまで生き延びられるだろうか。人数に任せて地下二階の探索を省いた代償は大きかったのかもしれない。ここで、ヒトミがようやくなにかを思い出したようだ。
「あっ!そういや父上は回ってなかったよね?」
「そうね…あれは浮遊の護符を使ってたの。父上なら持っているでしょうけど…まずタダではくれないわね。私達にも」
ミホのため息にラリアが言う。
「なら、力ずくで?」
ミホはしばらく笑ってしまった。ラリアはむっとする。
「な、なにがおかしいんだよ!」
「この状態で?万全でも無理ね。たいがいの魔法は無効果するし、父上の大凍(マダルト)は森を一つ凍らせるのよ?最低でも、クリティカルを出せる剣士が欲しいわ」

場が静かになった。
  1. 2009/08/06(木) 02:28:09|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【WIZ】第十四話「くらやみ」

まっくらやみだ!

「みえぬな」
アンドリューはそのダークゾーンの空間に足を踏み入れるなりそう言った。前を行く二人から返事はない。
「なんなのだしかし、この喧しい時計の音は?」
アンドリューは続ける。だがやはり返事はなくまるで独りごとだ。
(旦那はここが盗賊団のアジトだってことわかってくっちゃべってんでヤンスかねぇ?)
もはやこちらのことはバレている。複数の敵意ある人影の気配に神経を集中しながらトンズラーはそう思った。隣でフレイルを構えるエネフィムも気づいているだろうが、後ろのアンドリューが気づいているかどうかはわからない。

ガタッ…



カチカチという無数の時計の音が響く暗闇の空間で、明らかに異質な乾いた音がした。三人は足を止める。


どれほどの時が流れただろうか?エネフィムがにじりより、ついに敵らが逃げ去ったことを確認した。大した戦闘力のない盗賊団なのだろうか。

「しかし、喧しい部屋じゃのう」
アンドリューは時計の全ての針がまったく別の時間を指していることを気に留めた。そして、まだ西半分の空間に探索の余地があることを見てとった。


まっくらやみだ!

ソラたちは、アンドリューたちとは別のダークゾーンを進んでいた。途中に現れたコボルドらを蹴散らして壁沿いを進む。突き当たりのところで、トールが静かに声を上げた。
「ちょっと見せてくれ」
トールは慎重に壁の何ヵ所かを握り拳でノックし、その音を聞いていた。そして小刀をバックパックを取りだして石壁の隙間に差し込んでいる。

クッ

ゆっくりと隠し扉が開いた。
「よし、行こうぜ」
「ああ」
親友二人は、やはり静かにハイタッチをして前へと進む。ほどなく薄黄色く濁った煙に三人は包まれていった。


まっくらやみだ!

視界のことではない。
地下三階にいる六人組は、進んだ先に待ち構えていたガスドラゴンらをなんとか討ち下したものの、サーファの唱えたデュマピックではそこは地上へと戻ることのできるエレベーターへとつながるルートではなかった。

再び回転床を回し、四分の一の選択。

まっくらやみの行く先から、彼らは絶対に生還するという決意の元に光明を見いだそうとしていた。

  1. 2009/08/04(火) 21:22:16|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【WIZ】集まらん!

実は地道に自作ウィズの勧誘活動を継続中もことごとく不発。むー、面白いのにー。…たぶん。(?)

しっかし地下三階で回ってる六人組はリルガミンに生還できるんでしょうかねー。三浦はできない方に30ガバスです。(笑)

にくさんとmastさんは救援用パーティーを用意した方がいいかもしれません?
  1. 2009/08/03(月) 19:03:25|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】扇動衆愚マニフェスト

繰り返しますが、民主党の年金未納者にも七万円なんて無茶苦茶では?消費税アップは併記しないでです。

公務員の人件費二割削減なんていいながら、すでにヤミ専従が問題になっている組合の労働三権を解放するという明らかな矛盾。自治労の要求でしょうが…
  1. 2009/08/02(日) 18:28:24|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。