銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【政治】辞めるな鳩山抜けろ鳩山

鳩山総理の続投を三浦介は望みます。

「おはようとおやすみで日本の総理大臣は顔が違う」

なんてブラジルのルラ大統領に言われて、三浦介ははっきり言って悔しいです。このままでは「いただきますとごちそうさまで」と言われかねません。

鳩山邦夫さんには離党を期待します。

鳩山家子ども手当て問題の後でしばらくしたら復党すればいいと思いますが、三浦はやはりどうしても麻生政権を貶め野党へと下る一因を作った、麻生さん支持議員の会「太郎会」会長で政権の主要閣僚だったこの人物には責任をとってもらわないと気が済みません。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/31(日) 17:42:23|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】いいかげんにしてほしい

そろそろいいかげんにしてほしいと思うのは、各社ツナ缶シーチキン缶製品の重ならなさです。福島消費者相、なんとかしてもらえませんか?
  1. 2010/01/30(土) 20:33:45|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】歴史政治経済法律

歴史に政治に経済に法律。

人間がいかに不完全でありそれに苦しみ、それに立ち向かうかの術。立ち向かってきたかの記録。

不完全であるがために、愛しく楽しい人間なる生き物。
  1. 2010/01/29(金) 17:51:36|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【日記】ケンちゃん

うちの近所に住んでた二歳歳上の親戚のケンちゃんです。

http://www.onokenken.com/index.html

あなたとは大違いね、と奥さんに言われてしまいました…(苦笑)
  1. 2010/01/28(木) 21:20:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】捨て石の筋

捨て石とは、相手が手抜きをしてもし応じなければ、即座にその敵勢力を葬ることのできる急所に打つ石のはず。

今、自民党は民主党の地の三ノ三に打ち込むべき時。

一つは農家票、一つは主婦の票。

戸別保障と高校無料化の段、崩すべし。打ち込むべし。期待する民主党支持者を奪うべきなり。
  1. 2010/01/27(水) 20:19:25|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【WIZ】第三十九話「地下四階」

人の身体とはこんなにも重たいものなのか。

わかってはいたつもりだったが、改めて感じる。自らが勇者と見込んだ若者ラリア・オーズドの死はあっけないものだった。

重い。迷宮の陰鬱に淀んだ空気までもがノースアを押し潰すかのようだ。背負うラリアの血がノースアの肩に頬に滲む。武具や装備品はサーファが持ってなお、自らの傷も浅くないノースアにとり厳しい歩みだった。

それは、地下四階に足を踏み入れてほどなくだった。
暗闇に、迷宮に不釣り合いな姿をした人間たちが6人。エルを思わせる派手で明るく奇妙な格好をして跳ね回っていた。といった状況を見てすぐに彼らはそのうちの1人を除き人獣に変化しラリアたち6人に飛びかかってきた。

しかしこの時、ラリアたちは明らかに油断をしていた。本人たちにその自覚はない「慣れ」といったものだろうか。地下三階の探索を、魔方陣の敵らと戦い回復せずに一階層下へと挑む意味を6人はすぐに敵の火炎(マハリト)により知ることになった。強烈な炎の波。自分たちが地下三階の敵たちを難なく下してきたその魔法の威力。負けじとサーファやアンドリューが打ち返すが、なんと人狼や人虎に変化した敵らは抵抗(レジスト)の能力を持つらしく、激しく前衛との白兵戦へと雪崩れこむことになる。

その戦いそのものは、サーファが機転を利かしてモンティノの杖を使ってただ1人変化しなかった敵のリーダー格の魔法を封じ打ち勝つことに成功したのだったが…悲劇はその後に起きた。

後衛に下がり、戦闘ではすることもなくようやく出番かと宝箱の罠に挑んだトンズラーが…

「あっ」

ちゅどーん!

爆発によりトンズラーは即死し、近くにいて戦いで重い傷を負っていたラリアも吹き飛ばされ命を失ってしまった。

「馬鹿者が!失敗しおって!」

アンドリューでなくともそう叫ぶ所だろう。自身も爆風を受け血だるまになっていた。


重い。人の身体とはこんなにも重たいものなのか。

その後エルから治癒(ディオス)の薬を買い入れて最悪の状態は脱したが、品切れと言われて4つしか買えなかった。ブルーリボンを使った救援信号を送り、その場でキャンプをするか、上り階段のあたりまで帰還をするか。決め手になったのは、エネフィムの一言だった。

「ここは、危険だ。救援のパーティーがここまで無事に来れぬこともありうる。離れた方がいい」

暗闇の帰還が始まった。


そのエネフィムの歩みが止まる。ラリア亡き今、最も頼りになる前衛は先頭を歩く。魔法使いたちの魔法はほとんど尽きている。

彼は、サーファらを振りかえると近くにあった得体の知れない巨獣の死骸に身を隠すように素早く誘導した。

「なに?」

疲労と痛みの色が濃いサーファは死骸のあばら骨の隙間から暗闇に眼を凝らした。どうやら、何匹かのさっき戦ったワーウルフたちがうろついているらしい。

「な」

サーファの口をエネフィムが無言でふさぐ。

ワーウルフの他に、鮮やかな深紅の身体を持った四本腕の魔物がわずかに見えたのだ。その数三体。前にルサルカが召喚した悪魔である。

できれば、気づかれないために呼吸を止めてしまいたかった。
  1. 2010/01/26(火) 20:19:13|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【外交】アメリカが真に恐れるもの

米ソ冷戦に勝利したアメリカが覇権を手にし、ほどなく米中G2の時代に入ろうとしています。その後は遅れてインドが台頭すると予言されています。

しかし、アメリカが真に恐れるのは、統一アラブの実現であるようです。これは歴史上珍しいものではなく、また未来にわたり可能性がないとも思えないと三浦は考えます。(イランやトルコまではなかなか難しいかもしれません)

統一アラブの実現を阻止する。

これがアメリカの軍事外交戦略にあると考えないと、説明がつかないことがあると思います。

ただ、アメリカのアラブ分断相剋の戦略は、かつてのイギリスの大陸戦略や中国の外夷戦略に合致するとすれば、それがかえってナポレオンやヒトラー、チンギス・ハーンの台頭を生む可能性もあり得ると考えもします。
  1. 2010/01/26(火) 12:30:25|
  2. 外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】普天間移設、五月までに最終決着は

無理だろうと思います。

例え速やかに代替案を挙げたとして、ほぼ間違いなく新たな候補地からは反対の声が上がり、かつ米政府議会内でもとりまとめるのは容易ではないことから現行合意案を一徹押しするのが普通でしょう。

この場合は、視野を広くすべきです。移設問題と違う問題と絡めて、そちらのアメリカが要求している点での譲歩や協力を入れた交渉を考える他ないと思われます。

  1. 2010/01/25(月) 21:04:33|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【経済】ケインズと強制貯蓄

ケインズといえば財政出動、というイメージがあります。

間違ってはいないと思いますが、全く正しいのかも疑問です。確かにその処方箋を提示したユーモア好きの天才だとは思います。

しかし、このイギリスが生んだ天才経済学者は、戦時における臨時公債の代わりに、強制貯蓄を提案した人物でもあるのです。政府はその集めた貯蓄を運用し戦後に割り戻すらしいのですが、(すいません、もしかしたら間違ってるかも)貨幣量をコントロールして戦時の好況を防ぎ戦後の不況を減殺しようと考えたようでもあります。実行されていないようですからなにがしかの問題点があったのかもしれません。しかし、ケインズは主著「一般理論」の中で

『貯蓄=投資』

という図式を提示している人物でもあるのです。(記述に不明瞭な感もありましたが)貯蓄を批判しながらも、投資も『美人コンテストの一位を当てる遊び』とからかっていたりします。そして非自発的雇用の改善を訴えています。

また、ケインズは、第一次大戦後にワイマールドイツに課せられた賠償金が過大であり、ドイツの返済能力を超えており、結果的に戦勝国が不利益を被るとしてその試算を挙げて、ヴェルサイユ条約体制に異論を唱えた人物でもあります。



どうも、アダム・スミスの『見えない手』(自由貿易・市場主義)といいケインズの財政出動といい、本人たちの想定を越えたいき過ぎた用いられ方をしている気がしてなりません。前者は確かに国際経済を活性化させるものの世界恐慌をも生みかねず、後者は確かに恐慌や不況に対する処方箋でありましょうが財政赤字を生みケインズ反革命を生みました。

『不況はいつも三年から五年ほどであり、短すぎも長すぎもしない』

ケインズのこういった言葉は、不況→財政出動 により即時景気回復をとはいかない、いくべきでないともとれる気がします。『限界効用』(好況不況と上下に振れるヨーヨーのヒモの存在のことか)なるもの主張についても、そう受け取りました。

財政出動なる処方箋。

しかし投薬なしで済むのなら、それに越したことはない。『強制貯蓄』案はケインズがその可能性を模索したのではないでしょうか。
  1. 2010/01/25(月) 01:21:57|
  2. 経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【日記】三浦vs炎上

ふと、懐かしいなぁと思います。

知ってる方は知ってると思いますが、三浦介は以前、不当と思われたある方のmixiブログ炎上に対抗戦を仕掛けたことがあります。見るに耐えない罵詈雑言の嵐に、黙ってじっとしていられませんでした。

といっても荒らしに構うのも荒らしなので…

その方のマイミク数百人に、ひたすら、「炎上とは関係ない応援などのコメント」をしてくれるようお願いしたのです。それで、よくわからないけどおもしろそうだからバッシングに加わっている輩は躊躇うだろうと。

多くの方が賛同してくださり、そんな軽いノリの面々は減り、応援コメントと本気の批判炎上コメントが五分五分くらいにはなったようなきがします。

とはいえ結果的に成功したのかわかりませんし、もしかしたら迷惑だったかもしれませんが、それにしても炎上に立ち向かった閲覧者っているんでしょうかね。
  1. 2010/01/23(土) 21:40:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】小沢さんの権力の源はどこに?

しっかし、仮に幹事長辞めて議員辞職して逮捕されて有罪判決出て投獄されてもなお変わらず民主党員を皆下僕にして君臨してそうですよね。で、後ですぐトップ当選しそう。

本来は民主党という組織の外様(自由党から)なはずなんですけどね。
  1. 2010/01/22(金) 19:13:57|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【経済】貿易黒字貿易赤字

イラクで日本企業が油田開発

世界第3位の石油の埋蔵量を持つイラクで、日本の企業が油田の開発契約に調印し、イラク戦争以降初めて、日本企業がイラクの石油事業に参入することになりました。今後、最大で日本の需要の5%余りに当たる1日23万バレルを生産し、開発の代価は、原油で受け取ることになっています。
(1月19日 6時19分)
(NHKニュース)

貿易赤字だ貿易黒字だという数字を一概に考えていいものでしょうか?

本来は、貿易というものは、お互いの生産物特産物を売り合い交換しあい、お互いにとってより価値の高いもの必要なものを手に入れあう事柄です。双方が利益を得られる事柄のはずなのです。なぜなら、それぞれに価値観が、物差しが違うからです。

貿易黒字だなんだというのは、取引通貨換算の数字のはずです。これはこれで良いとしましょう。必要なことです。しかし、過度にそれに縛られる必要はないと思うのです。ものの価値というのは常に変動しており取引通貨も流通商品も例外ではありません。しかし、自らというプレイヤーの価値観はそうそう変わるものではありませんから、自らにとり高価値なものを継続的に確保する術を講じていけばいいはずです。それは販売市場や販売網なども含めます。

そして、この術は一企業などがそうそうできるものではなく、グランドデザインを描く業界リーダーや外交政府などが必要なのだと感じます。
  1. 2010/01/21(木) 03:01:02|
  2. 経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

郷里さん…

今は言葉が出てきません…

郷里さんのご冥福をお祈りします…
  1. 2010/01/20(水) 19:16:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】公明党の読み 自民党の読み

おそらく、自民党と組むことに懲りているであろう公明党が今描き狙っている展開図は、

『来るべき参議院選挙で与党三党が過半数割れして、公明党を加えた与党四党に』

ではないかと思います。

自民党はこの計に乗りそれとなく助け、与党側にさらに混水模魚の計を仕掛けて衆議院選挙に臨むべきだと思います。

軍事も外交も政治も経済も、自分がもしあのプレイヤーだったらどう動くかというのをそれぞれに常にいくつか予測して、それに先じて手を用意しておくのが常筋でありましょう。
  1. 2010/01/19(火) 17:37:42|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【経済】技術流出を恐れるな

日本企業の海外進出というものを考えるにあたり、ひとつのリスクとして考えられるのが技術流出かと思います。しかし対策は講じるべきにしろ、それをあまりに恐れるのはナンセンスです。

まずはなにより、新規市場の獲得というメリットと比べてどちらが大きいかです。真似企業が現れてもシェアは先行しているはずです。

次に、例え真似されたとしても、同じかあるいは近いレベルに達するだけで、それ自体で追い抜かれる訳ではありません。追い抜かれるとすれば、その後に日本側があぐらをかいている場合が考えられ、早晩そんな企業に未来はありません。

最後には、日本国内の日本人でも情報を売る裏切り者が出るリスクはあるのです。いや、たんに技術者がヘッドハンティングされたならば裏切りでさえ言えないでしょう。


殺るか殺られるかが資本主義社会なのであり、手加減は身を滅ぼすだけです。

日本政府も、外国のスパイやらハニートラップを恐れているのは三浦から見ればナンセンスで、外国に恐れられるよう対抗していくのが上策のはずです。
  1. 2010/01/18(月) 17:31:17|
  2. 経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】自民党は小沢問題に集中すべき

来るべき国会論戦、自民党は鳩山問題は他野党に任せて、小沢ダム問題すなわち胆沢ダム収賄疑惑に集中して行くべきだと思います。関連ゼネコン各社の担当者などをバンバン呼ぶべきです。

なぜなら、まず自民党には鳩山邦夫さんがいて鳩山一家子供手当て問題は攻めきれません。

次に、民主党の心臓は小沢一郎であり総理を落としても顔が代わるだけです。

さらに、鳩山問題には国民は苦笑しているばかりで、これは徹底追及してはっきりさせ、過去の問題にしてしまうよりは曖昧のまま国民にずっと笑わせておく方が上策です。

最後に、小沢さんを追い落とすことはチルドレンをも討ち取ることに繋がるからです。もちろん参議院選挙の候補者もです。
  1. 2010/01/17(日) 12:36:56|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【経済】デフレスパイラルの罠(2)

デフレというのはイノベーションの行き過ぎだ、と前に述べました。

どういうことか。

まず、デフレの問題点は、販売価格の低下そのものにあるのではなくそれによって起こる純利益率の低下にある点に注目すべきです。

なぜならば、販売価格を千円で売ろうが五百円で売ろうが、純利益が四百円ならば企業収益には変わりがないというのが一点。

もう一つは、消費者が千円でなく五百円の同種商品を購入したとして、浮いた分を別の消費に回す可能性があるために必ずしも需要抑制なるとは限らない点です。

その、利益率を低下させずに販売価格を引き下げることを可能とするのがイノベーションであり、また経営の合理化です。

ある業界企業がそれに成功すれば、利益率の低い同業者企業はその分だけ苦しくなります。

三浦がイノベーションの行き過ぎといったのはこの点です。

恐れるには足りません。海外にはそれに成功していないライバルがシェアを占めている市場がごまんとあるのですから。大胆かつ繊細な進出を計画すべきです。
  1. 2010/01/16(土) 21:02:34|
  2. 経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】介護分野に人を

介護分野に人手が足りません。失業者はたくさんいるのに。少子高齢化は進むのに。

いっそのこと、同分野の人は年金納付保険料を免除にしてはどうでしょうか?
  1. 2010/01/15(金) 18:09:16|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】自民党に告ぐ

勝ちたいのなら。

攻めたいのなら。

先ずは二階俊博・鳩山邦夫の二人を離党させよ。

  1. 2010/01/14(木) 11:39:14|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【WIZ】第三十七話「ニンジン」

ニンジンが浮いている。

地下三階の魔方陣のエリア。この魔方陣から出てくるモンスターらとの二回目の戦闘を終えたラリアやアンドリューたちは、手にした「ニンジン」について話し合っていた。なぜ二回戦ったのかといえば、ノースアが「これまで地下一階地下二階と魔方陣のあるエリアに下り階段があった」と言い、隠し階段を探していたからだ。だが幻光(ミルワ)を唱えてもトンズラーが這いつくばってみても、このニンジン以外めぼしいものは見つからず二回目の戦闘となったのだ。

しつこいようだが、ニンジンである。何故か全員の荷物係になっているアンドリューの見立てでは「ホパロングキャロット」なる魔力を持ったニンジンではないかということだ。対となり造られた魔法障壁を、このニンジンを食べた者だけが飛び抜けることができるという。

この前後、度重なる敵集団の襲撃をアンドリューの炎嵐(ラハリト)サーファの火炎(マハリト)が難なく退ける。浮遊の護符を手にし回転床に悩まされることもなくなったこのパーティーが地下四階へと歩みを進めたのは自然なことだった。


地上、リルガミン。

ラリアらの六人組とは好対象に、ダイトクらは宿屋の一室にて鋭気を養い装備品を新たにしていた。

プリーストパンチャー。

いったいどんな怨みがこもっているのか、対僧侶に効果を発揮するという曲刀。

*シールド+2*

黒エルから破格で購入した楯。

ダイトクが装備してみた所、プリーストパンチャーに関しては中々の切れ味であろうとは経験から感じられた。状況によりバトルアックスと使い分けても悪くないだろう。
シールドの方は明らかに粗悪品とわかる。軽すぎるし、材質が良い訳でもなさそうだ。さらには

「…外れぬな」

呪われてすらいるらしい。だがサラーフは微笑しているかのようないつもの表情を変えずに言う。

「念のため地上に帰還しておいてよかったですね」

ヤマカゼが椅子に飛び乗りながら言った。

「だからカント寺院にプリーストパンチャー持ってくの?」

無邪気なヤマカゼは実は悪属性だったりする。実は装備品の呪いを解くのはボルタックに行くのだけれど。

カースドールの三姉妹は変わり果てたソーコを見にエル商店へと向かっていた。ボルタックで扱っている基本的な品揃えはみな同額で整えてあるようだ。

「なんか忙しそーだねー」

テキパキと仕事をこなしているらしいソーコを見てヒトミが言う。どうやら人手が足りないらしい。さすがにからかうのは止めておこうということになる。振り向いたヒトミに、深くフード付きのローブを着こんだ男がぶつかってきた。

「いったぁ!ちょっと何よー!」

「すみません」

その長身の男は足早に立ち去る。手にはエル商店の売れ残りらしきフェールエンの紋章がついた小手を片方だけ持っていた。ヒトミがさらに突っかかろうとするのをミホが止める。

「ミホ姉!」

ミホは何も言わずにその男の行く先を目で追う。ヒトミも見ると、なにやら黒いローブをまとった人物と合流してリルガミンの博物館に姿を消す。
リエコが何かに気づいたように手を叩いた。

「あのピンクの髪のひと、ララさんみたいですぅ~」
ミホも続ける。

「フェールエンで政変が起こったらしいわ。ラグエーン王が急逝して、王太子ガイシルトが国を追われたってね。ヒトミ、博物館は好き?あなたひとり訓練場に行くのは後回しね」

その博物館は寂れていて、閉鎖の噂が立っていた。
  1. 2010/01/13(水) 19:02:29|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】無所属議員

議会制民主主義ではほとんどなにもできないと思われる無所属議員さん。

人とうまくやっていけないのか。
公認してもらえなかったのか。
政党の看板が無党派票の獲得に不利とみて当選後に入る予定なのか。

はたまた本気でやる気がないのか。
  1. 2010/01/12(火) 13:27:20|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【日記】ジークジオンとかウィザードリィとか

ジークジオンで一万とか、自作ウィザードリィの運営とか。

こういった、三浦介が好きでやっている継続的なものが…

万一三浦がまた重い鬱になり、死にたくなったときに、それを引き止めるかもしれない。などとふと思ったりもします。あんまり真面目で重たい理由じゃあだめなんです。プレッシャーは逆効果です。

ああ、あの頃は本当に毎日毎日死ぬことばかり考えてたなぁ。思い出として語れる日は来るんだなぁ。
  1. 2010/01/12(火) 01:41:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【法律】試しに民法をちょろっと載せてみる

ネタがないのと宅建の勉強したいので、試しに民法の条文をちょろっと載せてみます。

(基本原則)
第一条 私権は、公共の福祉に適合しなければならない。
2  権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない。
3  権利の濫用は、これを許さない。

(解釈の基準)

第二条 この法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等を旨として、解釈しなければならない。

第三条 私権の享有は、出生に始まる。

2  外国人は、法令又は条約の規定により禁止される場合を除き、私権を享有する。

(成年)

第四条 年齢二十歳をもって、成年とする。

(未成年者の法律行為)
第五条 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。

2  前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。

3  第一項の規定にかかわらず、法定代理人が目的を定めて処分を許した財産は、その目的の範囲内において、未成年者が自由に処分することができる。目的を定めないで処分を許した財産を処分するときも、同様とする。

(未成年者の営業の許可)

第六条 一種又は数種の営業を許された未成年者は、その営業に関しては、成年者と同一の行為能力を有する。

2  前項の場合において、未成年者がその営業に堪えることができない事由があるときは、その法定代理人は、第四編(親族)の規定に従い、その許可を取り消し、又はこれを制限することができる。

(後見開始の審判)

第七条 精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者については、家庭裁判所は、本人、配偶者、四親等内の親族、未成年後見人、未成年後見監督人、保佐人、保佐監督人、補助人、補助監督人又は検察官の請求により、後見開始の審判をすることができる。

(成年被後見人及び成年後見人)

第八条 後見開始の審判を受けた者は、成年被後見人とし、これに成年後見人を付する。

(成年被後見人の法律行為)

第九条 成年被後見人の法律行為は、取り消すことができる。ただし、日用品の購入その他日常生活に関する行為については、この限りでない。

(後見開始の審判の取消し)

第十条 第七条に規定する原因が消滅したときは、家庭裁判所は、本人、配偶者、四親等内の親族、後見人(未成年後見人及び成年後見人をいう。以下同じ。)、後見監督人(未成年後見監督人及び成年後見監督人をいう。以下同じ。)又は検察官の請求により、後見開始の審判を取り消さなければならない。


日本の民法の元はドイツの法律からきており、それはローマの法律からきているそうです。なかなかに面白いですねぇ。
  1. 2010/01/10(日) 20:27:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【軍事】中国の空母保有間近

中国 空母の建造準備を本格化

中国が建造を計画しているとみられている航空母艦について、中国人民解放軍の幹部は、6万トンから7万トン級の中規模の空母がふさわしいという考えを示し、艦載機のパイロットの訓練をすでに始め、準備を本格化させていることを明らかにしました。
(1月7日 23時38分)

(NHKニュース)

空母を保有している海軍と保有していない海軍とは、ある意味別物になると考えています。

それも、艦隊直上の防空や対潜・哨戒が主になるタイなどが保有している軽空母ではなく、大量に戦闘攻撃機を搭載できるクラスの空母です。

一言で言えば、攻撃的なオプションの選択が可能になるはずだと思います。すなわち遠隔地の制空制海から反復しての対地攻撃、それによって可能となる揚陸作戦です。未だにやはり艦船などの弾道ミサイルなどでは威力に精度、継続性に射程などでも限界がありましょう。

特に資金難の理由で日本も対抗保有するのは難しいことから、さっさと反米与党には退場いただくべきだと思います。
  1. 2010/01/09(土) 17:47:01|
  2. 軍事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【日記】うちの店のホームページ作りました♪

三浦本業のお店の携帯用ホームページを作りました♪

http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/r-hanamichi/
  1. 2010/01/08(金) 18:03:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】美しい言葉

歴史の本などを読み、いろいろな偉人などの名言や警句に触れてきました。

しかし、一番美しい言葉と三浦が思うのは、英語の

『It's My Pleasure』

を三浦は挙げます。
  1. 2010/01/07(木) 18:18:59|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】自民党員はみんなで叫び続けろ!

次の参院選で与党三党を過半数割れに追い込めばあとは煮るなり焼くなり復讐の時だと!
  1. 2010/01/06(水) 12:55:15|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【雑感】「日本は日本人だけのものではない」に賛成

「日本は日本人だけのものではない」という鳩山総理の発言がよくネットで批判されていますが、基本的には三浦は総理を支持します。

が。しかし。

それならば「世界中の市場は日本のものだ」という考えがセットであるべきでしょう。これは片方だけというのは虫が良すぎます。また後者を実現できなければ、日本は早晩超超巨額の国債償還に間に合わなくなってしまうものと思います。(藤井さんハッキリ言って!)

そのために、日本企業の名前が表に出る必要はないと思います。現地合弁・提携企業の看板を上げるなりインターナショナルネームを上げたりしても、実質にシェアを占められればと思います。

世界好況の際に無理無茶な買収や進出などあまりせず順調に業績を上げ資金を蓄え、世界不況の際に救済買収などして底値で買い叩…買い上げればみんなに喜ばれます。このような際に原料生産から加工流通販売までの一貫した合理的世界システムの確立を果たすべきであると考えます。

日本はその総司令部、総務部、企画部、営業部、経理部などになれば良いと思います。
  1. 2010/01/06(水) 12:17:01|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【経済】好景気

「早く景気が良くなれ」

という。

日本人は勘違いをしてはいけない。

まだバブル好景気のことを忘れられないでいるのだが、あれはあってはならない異常に過熱した好景気なのだから。一種の中毒とも言える。
  1. 2010/01/05(火) 12:51:19|
  2. 経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【WIZ】第三十六話「エル対エル」

ソラとトールとリンの三人は、まだまだ回転床に回されていた。すれ違ったラリアのアドバイスは大いに助けになったはずなのだが、この階層まで来ると現れるモンスターどももなかなか手強く苦戦を強いられていた。

ソラは地下三階の中央部に位置するその回転床のエリアに敵がいないことを確認すると、小さくホッと安堵のため息をついた。すでに回された後だ。

すると後ろ側の木の扉が音を立てて開く。

パーティーの三人は間を置かず刃を抜き杖を構えるが、その扉から現れた黒装束の道化師は敵意を見せずに深々と一礼してから口を開いた。

「わたくし、エルと申します。ただいま年末大セール中につき特別ご奉仕価格で行商をしております」

三人は身動ぎしない。トールがチラとソラを見たが、ソラは剣を構えたままだった。少しの間が空く。

「こちら、伝説の逸品」

黒装束の男はふところから“カタナ”らしきものを取り出す。どこにそんな長さを隠すスペースがあったのかはわからない。

「『*ムラサマカタナ*』でございます。なんと今ならたったの50G」

ムラサマ?村正でなく?ソラがそう聞こうとしたその時に、今度は左手の扉が開いた。なんとそこからはほとんどまったく同じ格好をした道化師が現れる。ただし、色はケバケバしいほどに派手な赤や緑の原色の取り合わせだ。だかその違いだけではるかにピエロらしい。やはり優雅に一礼すると、その道化師はおもむろに仮面を外し(!)口を開いた。

「わたくし、エルと申します。この顔、お見知りおきを」

リンとトールは驚いた顔をするが、ソラだけはそのままゆっくりと刃を下ろすと、仲間の2人に後退するよう言った。

「下がろう」

いつの間にかピエロとピエロは指呼の間隔につめて睨みあっている。

「僕らの出番じゃないみたいだから。それどころか下手をするとまきぞいになる…でも見ておきたい」

ソラには常人ならざる闘気のぶつかりが見えるようだった。そして3人はその異様な戦いを見物することになる。



「失礼ながら…そこの偽物の方。迷宮で商いをするのは私だけの特権ではありませんが、私エルの名を騙り粗悪品を売るのは止めていただきたいのですが」

「…早かったな本物よ。さすがだ」

向かい合う2人の道化師の姿に、いろどり以外で違う点があるとすれば色鮮やかな…本物のエルの方の肩にはリボンをつけたトカゲが乗っていることくらいだった。あと、エルは先に球状のものがついた棒を持っているが、黒い偽エルは*ムラサマカタナ*を持っている。

「おや、あっさりと認めるのですねぇ。私が本物だ、いや私が本物だ、という問答を期待していたのですが」

「こちらとしても手間が省けたよ。どうやって私がここにいることを突き止めたのかは知らないが、いずれにしろキサマの信用を貶めた後はキサマを討ち果たしにいく予定であったのだからな」

「それはそれは」

本物は改めて鉄仮面をつけた。それを合図にしてか肩に乗っていたトカゲが背中側に飛び降り、あれよという間に巨大な黄銅色の竜へと姿を変え偽者を威嚇し吼えたける。小さなリボンが宙を舞っていた。

「できますか?アナタに」

「…ああ、できるとも!」

黒エルが印を切り風水火土の四精霊を喚ぶ。その揺らめき美しくまた威厳ある姿は、向かう竜に劣らぬ大きさをも持っていた。それぞれが一斉に対者へと襲いかかる!エルは見えぬ刃を持つ武器で黒エルの*ムラサマカタナ*の鋭い剣撃を後退りながら受け流していく。ブラスドラゴンは土の精霊を押し返したものの、姿の定まらない風水火の三体には抗しあぐね咆哮する。エルは、火の精霊の右腕を一瞬切り裂きながら後ろに跳躍してブラスドラコンの肩に乗った。

「どうした本物よ。その程度ならば私が今日から…」
黒エルのグラムの言葉を遮りエルはその真上からインビジブルブレードを振り下ろした。固高い金属音が鳴る。エルの四方には、四枚のトランプのカードが舞う。それらは、すぐにアイアンゴーレム・ヒドラ・マイティオーク・サイクロプスというハイクラスのベビー級モンスターに姿を変えて四精霊を食い破った。殴り破った。*ムラサマカタナ*が根元から折れ砕ける。

「そんな粗悪品で勝負しようとするのが間違いですよ…まだ、やりますか?」

グラムは膝をついた。

「ぐっ…私はまだ諦めんぞ…帰還!(ロクトフェイト!)」

光に包まれグラムは姿を消す。後には、グラムが纏っていた黒装束やアイテムだけが残されていた。

「やれやれ…次はどんな手でくることやら」

エルは愉しげに辺りを片付け始めるのだった。



こちらは見物パーティー。

「ちょっとソラ…今の見てた?」
「うん、あの偽者のひと、女のひとだったんだね。綺麗だった…」
「それだけ?あのピンクの髪はエル商店のララさんじゃなかった?」
「そう?あ、そうかも!じゃああの奇抜な髪と髪型を隠すために黒装束着てたのかな?でも綺麗だったな…」
「もーそればっかりー。トールもなんか言って!ってトール!」

トールは一瞬だけど見た裸身の美女(しっかり見た)に鼻の下を全開で伸ばしていた。どうやら男2人は竜や精霊らの激闘そっちのけになってしまったようである。

リンはめいっぱいその2人の耳を引っ張りながら、帰還の呪文を覚えても絶対使うまいと心に決めるのだった。
  1. 2010/01/05(火) 00:04:32|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。