銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【WIZ】第五十六話「善と悪、そして邪悪」

ロンバリア諸国のほぼ全域がサルファーンの軍靴に屈し、教皇は消息不明となった。各地で悪魔や魔物たちがその数を増し、死んだ人間たちは化け物とならないためにすぐ火葬にする習慣が広まりつつある。いわれなき風評。疑心暗鬼。疫病。

エセルナートの全土が黒く染まりつつあった。


暗き地下迷宮。

この封印の迷宮に封印されし者のひとり、悪の大魔術師ワードナーは己を縛る封印の一つを解き、さらに魔物たちの群れを呼び出していた。

ヒトガタの者、異形の者。ワードナーにとり大差はない。要は己の役に立つか立たないかだ。彼は言葉も発さずそのまま無表情で歩みを続ける。あえていえば、未だに自らを縛る封印の多さにやや不機嫌ではあるが、それも時間の問題であるのだ。

冒険者の一隊を苦もなく葬る。

「みなごろしにしてやりたいのぅ」

怪物たちに囲まれてようやく口にしたのは、独り言にすぎない。


一方、冒険者たちの方も歩みを順調に進めている。

強烈な一撃。ダイトクは舌を巻いた。

エセルナートに名を轟かす名刀カシナート。つい最近まで魔術師だっははずのヤマカゼは、その剣にしては奇妙な形をしている刃を苦もなく振るいレッサーデーモンをぶったぎってしまった。

「すっご~い」

「えへへ~♪」

「ヤマちゃんすごいすご~い!?」

「えへへへへ~♪♪」

ヒトミとじゃれている姿は、装備を別にすれば女の子どうしが遊んでいるようにもみえる。

このパーティーは、というかヤマカゼはこの後ほどなくポレをもぶったぎってしまった。

「ね~サラにミホぉ♪」

手にはいった『こおったよろい』はリエコがなにかとてもうれしそうに含み笑いをしながら抱えている。

「これで聖具は小手以外ぜんぶ集まったはずだけど…裏切るの?…地上に暮らすみんなを」

サラーフとミホは顔を見合せ、ダイトクとヒトミは真顔になった。

笑顔のヤマカゼの瞳は、笑ってはいなかった。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/18(火) 17:31:47|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【WIZ】第五十五話「地獄」

ソラたちはなおもデメテル蘇生の可能性について調べ続けている。

訪れたのはカント寺院。

対応に出た僧侶に対して、リン・フォルトゥーナが宰相ゼフロス・フォルトゥーナの妹であると言ってしまったとたんに、それまで気弱げだった僧の態度が固くなってしまった。

「なにも話すことはありません。お引き取りください」

一国の王位にあったものの扱いにしては不自然極まりない。葬儀も行われておらず、国王不在でその後継者すら定かでないこのリルガミンの街は息を潜め嵐の過ぎ去るを待つかのように静かだった。人々は不安な顔立ちを隠せない。

ソラは率直に問いを続ける。

「本当のことを言って下さい。お願いします!」

僧はしかしだまって首を横に振るばかりだった。だが次の瞬間、ソラたち三人
の前でその若き僧侶は血相を変え慌て町へと走り出してしまった。

「えっ?」

冒険者たちにはなにが起こったのかわからない。その僧に声をかけられた、やはり冒険者のリリィにもそれは言えることだった。

「このような所でなにをしているのですか!?早く修道院にお帰りなさい!」

「はぁ?」

リリィがワケわからないという表情をしたところで、どうやら僧は己がリリィを別人と勘違いしたことに気づいたらしく謝るのもほどほどに寺院の奥へと姿を消してしまった。

「リリィ、さん?」

リンが声をかける。リリィはローズと2人ずれだった。

「今の、何?…ってそれどころじゃないか」

リリィはあまり僧やソラたちを気にせずにローズと行ってしまおうとする。

「ちょっ、待てよ!」

トールが腕をつかむと、リリィはそれを払いのけて言う。

「ついてくるなら好きにして。でも急いでるから」

ツンとした態度である。ソラたちは早足でついていきながら話を聞くことにした。

「エル商店で買い物してたらね、いたのよ」

「いたって誰が?」

ローズは前方を指差す。博物館にひとりの人影が入っていくのが見えた。

「グラムです」

五人はそのまま、博物館の関係者以外立ち入り禁止の階段を降りていく。



降りた先を長く歩いて、行き止まり。

そのどことなく迷宮の中を思い出させる光景に、ララ=グラムは立っていた。

なにやら小さく唱えているが、うまくいかなかったのか肩を落としている。

五人は階段の少し上で息を潜めていたのだが、ソラがゆっくりと降りてグラムに声をかけた。

「グラムさん、こんにちは。ここで何をしているのです?」

「…ここはリルガミンの王族専用の抜け道だ。リルガミン王宮の地下に繋がっているという」

「なぜ、抜け道を?」

「…宰相ゼフロス・フォルトゥーナについてのよからぬ噂についての真相を探るためだ。だが奴めなかなか尻尾を出さぬ」

「どうやってここを知ったのです?」

「途中で一ヶ所分かれ道があっただろう。あれは旧ボルタック商店に繋がっている。ボルタックに雇われた際に知ったのだ…」

グラムはうらめしそうに開かない石壁を振り返る。黒いローブに身を包んでいるが、鮮やかな桃色の髪はやはり彼女独特のものだ。独り言を呟くかのようにグラムは言葉を続ける。

「リルガミン全土で…あるいはフェールエンで、ひとつの村に住む人々がまるごと消えている。私が調べた限りでは、それらの人々はこの先に捕らえられていった可能性がある。だが王族の血を引いているか、それに認められた証を持っていないとここは通れないようだ。リルガミンとフェールエンの血の交配をも考えたが…」

もはや練達の盗賊であるトール・ローズが調べてみるも打つ手がない。

「ふーん、王族ねー」

リリィが何の気なしに壁を蹴っ飛ばすと、その壁はパッと消えてしまった。

リリィに驚きの視線が集まる。

「あー私ーリルガミンの王族だったんだー?は、はは」

リリィは冗談を言ったつもりだったのだが、とにもかくにも七人は進んでいく。

そして、その先では無数のデーモンたちが人間の女たちを犯し、無理やり悪魔を産ませているという地獄が眼下に広がっていた。

その中央にいるのは、宰相ゼフロス。否、あの禍々しい二本の角はエルフのものではない。グラムがリンに言った。

「あれは君のゼフロスではない。‘根こそぎに奪う者'アークデーモンのマルゴーだ。君の兄は既に彼に喰われたのだろう」

「嫌、嫌ぁぁぁああっ!」

様々な姿をしたデーモンたちが一斉にこちらを向く。

「核撃!!」(ティルトウェイト!!)

マルゴーにより間をおかずに放たれた最強の呪文。いつの間にか七人目として一行に混じっていたエルが転移の魔法でパーティーを救うが、その出入口は崩れさっていくのが最後に見えた光景だった。
  1. 2010/05/12(水) 17:15:50|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【歴史】龍馬暗殺の真犯人

龍馬暗殺を命じたのは誰か。そんな番組がやっていたようです。見ていませんが…

西郷隆盛だろう、と思います。

暗殺の直前に龍馬が、後藤象次郎を通じて佐幕の土佐藩の実質的藩主であった山内容堂をさらに通じて徳川慶喜に実現させた大政奉還。

これは徳川家の存続の策であり、東西激突を避ける平和の策でもありました。土佐藩を含む佐幕派には龍馬は恩人です。

長州藩にとっては、薩長同盟を成功させてくれた龍馬はやはり恩人です。あれがなければ第二次征長戦で長州藩は敗れていたかもしれません。素直に攘夷と言っていた長州には甘さや若さ、正直さがあります。

薩摩です。

日本の全歴史上、当時の薩摩ほど謀略に長けた存在を知りません。龍馬暗殺の下手人も黒幕も未だに不明なのはその手際の良さを物語っています。

西郷隆盛は冷徹さでは大久保より上です。徳川家の処遇を巡る御前会議では徳川家存続論を大いに打った山内容堂暗殺を言ったほどの西郷が、徳川家を完全に潰そうとしていた西郷が龍馬暗殺を指示したとしか思えません。

あるいは先に生麦事件を起こし、後に長州の大村益次郎暗殺に関わったという薩摩の海江田信義あたりかもしれません。
  1. 2010/05/09(日) 21:22:49|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺は鳩山総理を応援するぜ

あえて言おう。俺は普天間移設では鳩山総理を応援するぜ。

国防や普天間周辺住民のことを冷静に考えば仁義は鳩山さんにあるとしか思えない。

俺に言わせりゃ反対派は自己中にしか見えない。だいいち名護市長選じゃ住民意見は半々、徳之島でも疲弊した島を考えて移設やむなしの住民意見報道もあったはずだ。

がんばれ鳩山総理。

単に約束を守ることより大切なことがあるって孟子も言ってる。仁義はあなたにあるよ。苦しみながら進もうとする姿、俺にはまったくみっともなくは見えねぇよ。
  1. 2010/05/08(土) 17:54:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【WIZ】第五十四話「地下五階」

二つのパーティーが、跳んだ。

そのうちのひとつめは、パーティーというよりただ独りで地下迷宮の深淵を歩いていく。悠然と、泰然と。そう、自らの広い庭園を散策するかのようにである。

異形の怪物たちが道を空けていく。それを老人は至極当然のこととして目もくれない。わずかに阻むものを退け、大魔術師は望むがままに手をかけた。

そして突然の転移。

(ん?どこだ?ここは)

このひとりぼっちの老人は、気短げに唇をへの字にしあごを固くした。こう見るとあんまり威厳はなかった。


もうひとつのパーティー。

ちびっ娘忍者といえばヒトミ・カースドールだが、鎧に着られているちびっ娘侍がヒトミと一緒にいてしかも大活躍していた。

核撃(ティルトウェイト)の魔法。言わずと知れた最強の攻撃魔法である。ちびっ娘侍ヤマカゼは覚えたばかりのその強烈な魔法を、まるでこどものオモチャのような気軽さで、さらに手馴れた感じで扱っていた。並みいる魔物を一掃する破壊力を持つ。

熱風が、強かにダイトクの頬を焼く。だが悪い気はしない。ヤマカゼの行動は重い鎧着こんでなお素早く、相手方の魔法が炸裂する前にヤマカゼの核撃が抵抗力のない魔法使いなどを片付けてくれる。わずかに残った敵を床に沈める連携…悪くない。万一の傷のためにサラーフが待機している。余計な憂いなく眼前の敵に集中できるということはダイトクにとっても願ったりの状況だった。

前衛、横の状況もいい。

ヒトミとリエコ。二人とも十分な手練れである。ミホの判断や実力もあてにできる。現れたフォーミングモールドという巨大な陸クラゲのような怪物にトドメを振るったダイトクは、このパーティーならば、今いる第五階層でも死ななくて済むのではないかと口には出さないがそう感じた。

その時。

カチッ。



何かしらの小さな乾いた音がした。

「てへっ?」

宝箱の罠に取り組んでいたヒトミがぶりっこをしたかと思うと、なんだか全員が一瞬体が浮き上がった感覚を覚える。

??

「ヒトミさん?もしかして…」

サラーフの問いに、ヒトミがぶりっこを続けて答える。

「ワナ発動させちった☆テレポーターの♪♪」

「あんたね…」

「うぎゅっ…?」

てっきりヒトミはミホに怒られると思って頭を抱えてしゃがみこんだのだが、見るとミホは逆に血の気が引いていた。リエコは虚ろなまなこで遠い天井をみつめている。

「だ、だいじょぶだってあねき!ヤマカゼちゃんの核撃でぼいんぼい~んって!!」

だが、視線の集まったヤマカゼもまた、えへへっとぶりっこをしている。

「どうした?ヤマカゼ」

ダイトクが静かに近づいて聞く。

「魔法、ほとんど尽きちゃった…」

鼻から静かにため息をつき、ダイトクは心の中の前言を撤回したのだった。
  1. 2010/05/05(水) 20:54:25|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【WIZ】第五十三話「狂王の試練場」

リルガミン王宮。
主を失ったその建物は暗く、そして静かだった。

沈鬱。

ソラ・トール・リンの三人の冒険者はその中をやはり静かに歩いていく。

ほとんど行き交う人を見かけない。ツヴェドリやデメテル他、リルガミンの王族は絶えてしまった訳なのだがさらに言えば狂魔王の統治時代にそれにつらなる大貴族らも根絶やしにされてしまっていたのだ。一日二日では貴族は増えようもない。ましてやサルファーンによるロンバリア侵攻と破竹の快進撃が伝えられてはなおさらである。止めがワードナの復活である。

ソラが宰相ゼフロス・フォルトゥーナの執務室の扉を叩く。中から、(どうぞ)という澄んだ声がした。(失礼いたします)

簡単に自己紹介を済ませ、ゼフロスが席を勧めて本題に入る。リンがゼフロスの妹であるということを門番からゼフロスに確認してもらって通してもらえたのだが、意外にも感動の再開といった場面はなかった。(久しぶりだね、リン)(はい、お兄様もお元気そうで)
その物言いが、トールにはなんとなく反発を覚えさせる。だが今は優先すべき問題があることは確かだった。

女王デメテルをなぜ蘇生させないのか。

ゼフロスの答えはこうだった。

「黒山脈の戦役を覚えていますか?不死王デルフらにより蘇生された死者たちが…次々と各地でアンデッド化していったあの地獄の戦いを」

「まさか…女王さまもアンデッド化するかもしれないと言うのですか?」

蘇生された冒険者も数多くいる。

「いえ。あの戦いの主に前期にアンデッド化したのは、カント寺院ではなく偽ニルダ教徒による悪質な妖術によるものでした。私自身は問題はないと考えています。しかし、カント寺院自体がそういった理由で蘇生の秘術を拒否しているのです」

黒山脈の戦役を起こしたデルフとソラ・トールとは因縁がある。トールの幼なじみであるひまりはデルフにより生け贄に捧げられ、ソラの剣の師はデルフその人と壮絶な戦いをして命を落としている。さらに言えば、深手を負いながらも勝ったデルフに止めを刺したのは若きソラだった。あのデルフの驚きと歓喜の入り交じった異様な最後の表情は忘れようもない。

「それではお兄様、ワードナの封印についてお聞きします」

ゼフロスはリンの方を向き、ゆっくりと頷き口を開く。
「かつて、このリルガミンには世界征服を企むトレボーという王がいました。その征服欲の犠牲となった者たちからは、狂王トレボーと呼ばれていました。ワードナとは、その片腕の宮廷魔術師兼軍師であり、二人の間には長い蜜月期間がありました。富国強兵世界征服を企むトレボーにとりワードナはとても役に立つ存在であり…ワードナとしても、自らの魔道の研究にとりトレボーの横暴なまでの権力は便利なものだったのでしょう」

「その後、リルガミン王国はラクロア・フェールエンを征服し、ダリア諸国の過半、ロンバリア諸国の一部まで版図をとします。そのあたりで、狂王トレボーが、世界征服のために最も欠けているもの…すなわち最大の敵は自らの「老い」であることに気づき、腹心ワードナに解決を命令したのです」

『生ける書庫』と言われたゼフロスは揚々と続ける。

「命じられたワードナが見つけ出した答えが、絶大な魔力を持つ『神々のアミュレット』を利用するというものでした。すぐに大捜索が行われて、ほどなくアミュレットは見つけ出されます。しかしながらすぐにはワードナにさえも使いこなせませず、ためにこの時得意の絶頂にあったトレボーはワードナを強く面罵したと言われています。その後ワードナはアミュレットと共に迷宮深くへと姿を消し…冒険者たちが集められ狂王の試練場へと向けられます…」

王宮の者が時限を告げる。ゼフロスは片手を軽く上げて応じ、最後まで続けた。

「その冒険者たちによりワードナは倒され…『アミュレット』そのものは奪回することに成功したトレボーでしたが、その使い方を知るワードナがいないため不老不死になれず、逆にワードナは不死の秘術を完成させていたのかいかなる方法で倒しても蘇ったそうです。怒った狂王はワードナに『三重の封印』を施しました。ダイヤモンドの騎士がまとっていたとされる聖具の封印、魔方陣による封印、そしてトレボー自らに化した血の封印です」

ゼフロスは席を立つ。

「また、おいでなさい」

三人は王宮を退出して、ギルガメッシュの酒場に戻った。そしてゼフロスの言葉についてソラとトールが話し合いを始める。だがその横でリンは一人押し黙ったままだった。

「どうしたの?」

ソラの言葉に、上の空でリンが呟いた。

「あの人、まるでお兄ちゃんじゃないみたい…お兄ちゃんはもっと…もっと…」
突然胸の中に飛び込んで泣き出したリンに、ソラはどうしていいかわからなかった。
  1. 2010/05/05(水) 20:49:44|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】自民党支持者なのだけれど

三浦介は自民党支持者なのだけれど、時に、民主党政権があまりにもクソもミソもなく鬼の首をとったかのように散々にコケにされているネットの書き込みを見ると、時に苛立ちを覚えてしまいます。安倍政権福田政権の際の、ネットの酷いバッシングに耐えた辛い日々が蘇ってしまいます。


…目標に向かい…失敗をして醜態をさらし、非難に耐えながらも進んでいる人の方が、なにもせず安逸な所からその人を嘲笑い、冷笑を浴びせている人なんかより百倍カッコいいと思う三浦です。

前者のように生きられないで、時に後者のように見える自分自身に悔しさを感じます。
  1. 2010/05/04(火) 19:25:16|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。