銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【WIZ】第六十五話「破られし封印、止まらぬ時」

あっけないものだ。

地下迷宮、地下五階の魔方陣。

これまで何度となく経験した召喚陣の魔物たちとの戦闘。燃え上がるどろどろした液体である『ブロッブ』。四本腕の低級悪魔『レッサーデーモン』。見上げるほどの巨岩人『アースジャイアント』。

ラリアやウルフらに油断はなかったはずだったが…

「ぬっぐっ」

強烈な攻撃魔法を唱え、かつ魔法抵抗の能力を持つレッサーデーモンをまず仕留めにかかるラリアたちだったが、それをブロッブが滑り込むようにして妨害する。意外なほど早く、その形状故に厄介極まりない。その隙にアースジャイアントと対することになってしまったノースアがその豪腕の一撃をまともに受けてしまった。重なるように受けるレッサーデーモンたちの火炎(マハリト)。氷の鎖帷子による軽減効果が間に合わないほどの熱炎により、あっけなくノースアは絶命してしまう。

「ノースア!」
「野郎っ!!」

ラリアとウルフが悔しさに声を上げる。

戦いは始まったばかり。回復役がいなくなってしまったのを見たサーファがプリーストを召喚しはじめるが、核撃(ティルトウェイト)を唱えるのとどちらが良かったのかは誰にもわからない。


地上。

新宰相ノエルは、まずリルガミンの周りで堀の役割を果たしていた、干上がってしまった湖の底に赴いた。

・・・・・。

約一分ほどあたりをじっと見ていたノエルは、黙ったままおもむろに地面を掘り始める。すると、ほどなくこぶし大の丸い石が見つかった。

「ノエル様、これは一体」

慌てついてきた護衛の兵士が尋ねるが、ノエルは何も言わずに懐から水差しを取り出してその石に水をかけた。なんと石はかかった水を全て吸い込んでしまう。

「こ、これは…」

ノエルは兵士の方を向き言った。

「掘り出しましょう。まだあるはずです。まずはあそこと…そうですね、あのあたりを」

この後ノエルは川の上流にて隠されていた堰を見つけて破壊する。湖は蘇ることだろう。

やれやれ…とゆっくりため息をつき、馬に乗ろうとした所でノエルの所に伝令がきた。

「も、申し上げます!女王デメテル様が冒険者によりまたも誘拐されてしまいました!!」

言い終わらないうちにノエルは馬を走らせている。

こうして、意外なほどあっけなくワードナの封印のひとつである『血の封印』は破られてしまった。

地下五階でノースアが倒れた後、なぜか後衛の最前列にいたリリィは、普通前衛を務めるクラスなら当たらないであろうブロッブの鈍重なのしかかりをまともに受けてしまったのである。


「う…そ…」

そして闇に走る影たち。

「デメテル、あなたは死なないわ…私たちがもし守っていたら、ね」

リエコ・カースドールの目には世界への復讐の暗き光が宿っていた。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/20(火) 17:49:03|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【WIZ】第六十四話「邪悪なる者たち」

魔界の最下層深淵の魔宮。

『未だ、門は開かぬのか。マルゴゥよ』

「は、申し訳ございませぬ。ムフーズ様。しかしそれも時間の問題かと…ぐっ」

魔界を統べる神の座の前で、高位の悪魔であるマルゴーは苦痛に顔を歪めた。至高なる悪魔、“アークデビル”堕神ムフーズの前では彼とて子供のようなものに過ぎない。ムフーズは苛立っているようだった。

『そのような言葉は聞き飽きた』

ムフーズは深い紅闇色の玉座から立ち上がりマルゴーを見下す。その姿は不確かに揺らめき容易に定まりない。冷たき炎にも似る。

「あ、あとはワードナが…ワードナが封印を破るのみにございます」

『待てぬな』

「ムフーズ様!」

『“喰らう者”よ!』

玉座の脇に、くすんだ亜金色の化け物がふっ…と姿を現す。人形ではあるが羽根を持ち、大きく鮮烈な赤い口を持つ。魔神マイルフィックである。

『このわたしを呼びましたか?愚かな息子よ』

『ふ…戯言も飽きたわ』

かつて、天界地界魔界の三界はひとつであり、三柱の神が君臨していた。天神カドルトと、その妻である地神ニルダ、両者の子である生神ムフーズである。ムフーズはカドルトとニルダに叛きニルダ神をその心と身体に切り裂いてしまう。前者は夢神ドリームペインターとして地界にわずかに伝わり、後者は魔神マイルフィックとしてカドルトに敗れたムフーズと共に三界に分けられたうちの魔界に封じられてしまった。

『悪魔どもはみなあてにならん…もはやゲートキーパーもおらぬのだ。門を吹き飛ばしてみせい』

『そのようなこと…あなたがおやりなさいな』

容姿に似合わぬ声が響き、甲高い高笑いと共に魔神は姿を消す。カドルトが善、ムフーズが悪を司るならば、中立を司っていたニルダの半神がマイルフィックである。ドリームペインターは夢や理想を、マイルフィックは現実や欲望を体現していた。

「よろしいのですか…ムフーズ様」

『あれでよい。母君は…その片割れはあまのじゃくそのものよ』

赤く揺らめくムフーズの二つの眼光がマルゴーを捉える。

『もはや猶予はならん。早く門をこじ開けよ。地獄の門、生ける者どもの墓地の門をな』

「はっ」

三界の門は、カドルトの護りにより魔物には触ることもままならない。マルゴーはもどかしさを感じながら再びゼフロスの姿をとりラクロアに向かっていた。



サルファーンの帝都スィヤーウィシュ。その宮殿の一室。三日月の夜。

白面金髪の色男が一人、宮邸の美女とむつみあっていた。否、その先ほどまで美女であった者はデルフのエナジードレインを受けてとうにこと切れている。元よりデルフは相手が生きているか死んでいるかなどほとんど気にしていない。生ける者たちの結末は全て同じ、死。早いか遅いか。動かないままか、動き出して己の下僕になるかの違いだけだった。

デルフによる忌まわしき行為は夜明け近くまで続く。否、このようなことは不死王の気紛れのままにスィヤーウィシュにて果てなくくりかえされてきた。

部屋の扉がノックされ、声がかかる。

(デルフィ師、聖帝陛下がお呼びです)

「そうか、今いく」

デルフは身体を起こし、平然と答えた。今しがたヴァンパイアとなった侍女もデルフに微笑み口付けをすると、身を整えて闇に姿を消した。

「亡者を増やすために生者を根絶やしにできないのが残念だよねぇ」

不死王はそう、ひとりごちた。


暗き地下迷宮。悪の大魔術師ワードナ。

「むう、ここはどこだ!?」

迷っていた。

ふと、少し前に彼の墓所で言葉を交わしたトンズラーのことを思い出す。奴がいれば少しは役に立ったか?

「ワードナ様、あの胡散臭いマルゴーとかデルフっての、信用できるんでヤンスか?」

「信用だと?フン。お互い一度たりとも信用などしたことはないわ…ただ、それぞれがそれぞれの目的の役に立つと踏み手を組んでいるに過ぎぬよ」

「ははー、じゃあいつ裏切るかわからないんでヤンスかー。強そうでヤンスねぇあの二人」

「なんじゃ、そんなことを心配しとったのか」

ワードナは片眉を吊り上げる。

「ヤツらは裏切らん。裏切れん。このワシとワシのアミュレットなくしてはヤツらは目的を遂げられぬのよ」

「それが有名なアミュレットですか…一体それはどういうものなのですか?」

ワードナが印籠を開けて見せたアミュレットが放つ光に、エネフィムも目を見張り言う。

「フム、このワシですら完全にこれが何なのかは解っていないのだが…」

アンドリューとワードナの目が合い、アンドリューは思わず気圧されてまう。

「まあ、これが何かの鍵であるとか神であるとか宇宙であるとか、そのようなものでないことだけは確かじゃな」

少し間が空き、ワードナは続ける。

「そんなチャチなものでないことは、間違いない。このワシの封印はこのアミュレットの封印でもある。全て解ければ…カドルトもムフーズもデルフもマルゴーも…エル'ケブレスもララ・ムームーもルリエルも…誰もワシの敵ではない」

地下迷宮に再び死の静寂が訪れた。
  1. 2010/07/20(火) 17:45:43|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【WIZ】第六十三話「地下五階」

新しい宰相のノエルは、まず城内外のデーモンどもの燻り出しから始めた。前任のゼフロスがそうであったことにみな衝撃を受けていたから、これにはもちろん誰も異論を唱えるものはいなかった。教会や軍と共同で行われたそれは無事に成功し被害もないままに化け物たちは街から姿を消す。
そして新宰相は火災にあった寺院の再建と教会税の撤廃を発表し、諸外国に名だたる‘強欲'カント寺院は一気にノエル全面支持で固まった。女王デメテルは自ら節倹を始め、人々はおおむね変わらない生活を続けるようになる。

軍はリルガミンから東のラクロアへのにらみで動けない状態で北のダリアからの救援要請が来ていたが、なんとフェールエンのガイシルトがこれを代わりに受けて遠征することになる。

「これで借りはなしですよ。暗殺者宰相殿」

リルガミン・フェールエン・ダリアの三国はほどなく対サルファーン同盟に向けて動き出す。


だがこの話の主舞台はあくまでも暗い地下迷宮である。

冒険者たちは、地下五階の探索を進めていた。

こちらはソラ・トール・リンの三人組。同数のトロルたちと鉢合わせしそのまま武器を振り上げる。

ぶうんっ!

大振りの棍棒の一撃をトールは飛び前転してかわす。あたったらことだ。

「あんまりにもリーチが違いすぎねーか?っておいソラ!俺が2人受け持つのかよ!?」

ウガ!

別のトロルが放った横からのもう一撃をトールはさらにかわしながら言う。見ると、ソラは最後の一体と体格差の大きいつばぜり合いをしている。しかも負けてない。

「う、くくく…はあっ!!」
技術なのか気迫なのか、ソラが見事に押し勝ったところへ、一気に周囲を冷気冷風が襲った。リンの大凍(マダルト)である。三体のトロルは凍りつき、順番に崩れ去る。

「へっへ~ん♪“凍師リン”なんてどう?カッコいくない?」

「それは…やめようよ…」

ソラの言葉をリンは聞いているんだかいないんだか。


隣のエリアでも、別の冒険者パーティーが魔物の群れを撃ち破っている。レオン・ヴァイオレット・レパードの三人である。相手は巨大植物くらげのフォーミングモールドとハタモトらである。三人は敵たちになにをさせるでもなく、炎塔(リトカン)猛炎(ラハリト)を撃ちまくりその勢いで焼き破る。

「これが地下五階…私たちが強くなったのでしょうか?レオン」

「それもあろうが、こやつらは凶悪な類いでなかっただけかもしれん。まだなんとも言えんよ。さあ、無理をせずに帰還しよう」

「盗賊がいねぇから宝箱が開けられねぇのが難点だよなぁ。銀の翼の奴等が入ればな…チクショウ!ゼフロス…じゃなかったマルゴーのやつめ!!ぜってぇぶっとばしてやる!!」

銀の翼の砦を焼き払ったのは、今ではルサルカ団でなくマルゴーらのデーモンの群れであると言われていた。レパードはその義賊集団の出の魔術師である。

冒険者たちは確実に歩みを進め、ワードナとの決戦の時は着実に迫っていた。
  1. 2010/07/20(火) 17:42:14|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【政治】法人税減税他

気になるのは、大新聞社様も大テレビ局様も法人だということです。

その法人を主導するのは、所得税をたくさん払うべき高額所得者の皆様だということです。

少子高齢化に伴う社会保障費の増大を考えるに、還元されるべきそれは我ら貧乏人に厳しい消費税の増税で賄うこともやむ無しとしても、増大する国債償還は法人税の引き下げの撤回と所得税の累進課税強化に依るべきではないかと考えます。
  1. 2010/07/16(金) 11:36:31|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【雑感】絶対売れると思う携帯

『デュアル電池パック携帯』(ソーラー充電機能つき)
  1. 2010/07/03(土) 02:42:58|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。