銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「インフレーションと賃金・物価ダイナミックス」

インフレーションが悪であるということは、政治の場における論争では当然のこととされている。またインフレーションに対する反感は非常に大きいので、政府がインフレーションに何らかの対応をするのは当然であるとされている。しかし、政府がインフレーションに何らかの対応をするためには、何がインフレーションの原因であるかを知らなければならない。たとえば、ある国のインフレ率が他の国に比べて高くなることがあるのはなぜだろうか。また、アメリカのインフレ率が15年前に比べて低下した理由は何だろうか。
インフレーションがそんなに嫌われているならば、なぜ政府はインフレーションを単純に除去しないのだろうか。その答えは、インフレーションはコストをかけて、すなわち失業の増加を認めることによってしか低下させることはできないからである。

-スティグリッツ「マクロ経済学」第10章インフレーションと賃金・物価ダイナミックスより
スポンサーサイト
  1. 2015/06/25(木) 19:52:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「公共のベールと財政赤字の影響」

政府が、今年の所得税を減税するにもかかわらず政府支出を変更しないならば、財政赤字が増加する。この財政赤字は納税者の負担になる。債務の利子支払いや債務自体を償還するために将来、(財政赤字がない場合に比べると)税金は増加しなければならない。今年の減税のかわりに将来は高い税金を支払わなければならなくなる。すなわち生涯の総所得が変わらないことを納税者が知っているならば、(政府支出を一定に維持したままの)減税は消費にまったく影響を及ぼさないだろう。明らかにこれはいままで学んできたライフサイクル・モデルをも超えた考え方である。それらの理論によれば、一時的減税な生涯の資産に対して(少ないにしても)影響を及ぼすので、現在の総消費にわずかながらも効果を与える。
所与の政府支出の財源を調達するために、政府が課税をするか借入れをするかは、現在の消費には何らの違いももたらさない(すなわち両者は等価である)という考え方は、比較優位の原理を発見した19世紀イギリスの経済学者デイヴィッド・リカード(David Ricardo)にちなんでリカードの等価定理と呼ばれている。リカード自身は等価定理は不適切であったとして後になって撤回したが、近年ハーバード大学のロバート・バロー(Roaert Barro)により復活し、大きく取り上げられることとなった。
リカードの等価定理に基づくならば、アメリカでは1980年代の政府借入れの激増によっえ民間貯蓄は激増したはずである。合理的個人ならば、財政赤字を知ったときには、将来のいつかの時点で増税があることを予想し、それを支払うために資金を貯蓄するはずである。しかしアメリカの民間貯蓄率は、増加を示すどころか、1980年代を通じて低いままだった。
リカードの等価定理が成立しなかった理由はいくつか考えられる。多くの人々は、モデルが想定するようには将来を見通して行動したりはしない。また多くの納税者は、財政赤字の本当の大きさをあまり理解しておらず、将来の高い税金という結果まで考えが及んでいない。企業のなかで進行している事態が十分に理解されないことを「法人のベール」と呼んだように、財政赤字の帰結について人々が十分に理解しておらず、それを相殺するような対応をしないことを、「公共のベール」があると言う。
公債を償還する負担を将来世代に先送りするならば(しかも親の世代がこれを考慮して子孫への遺産を十分に増やすことをしないならば)、減税は現在世代の資産が増加したことを意味し、したがって現在世代の総消費は増加するのである。
-スティグリッツ「マクロ経済学」第9章財政金融政策より
  1. 2015/06/24(水) 08:33:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「政府債務は自分自身への債務であるがゆえに、問題ではない」という議論

「国の借金は、国民の間での借金である。自身で自身と貸し借りしていることになるので、何ら問題はない」という議論がかつて繰り返されていた。そこでは、財政赤字な兄弟間の借金にたとえられ、家族のなかで暮らし向きが良くなる人と悪くなる人がいるにしても、全体としての家族の厚生が変化するわけではないことと同様に考えられていた。すなわち政府支出が政府債務によりまかなわれるならば、たしかに世代間で資源の移転は起こるが、この移転があってもアメリカ国民全体の購買力に影響は及ばない、という主張である。
しかしいまでは、上のような議論には三つの点で誤りがあるとされている。第一に、たとえ自分たち自身から借り入れた債務であったにしても、すでに学んだとおり、債務は投資に影響を及ぼし、さらに将来の賃金と生産性に影響を及ぼすからである。第二に、現実を見ると、アメリカは自国民から借り入れている訳ではなく、海外からの借り入れをつづけており、外国人への債務が累積している。国が資産を上回って支出をつづけるときに起こる結末は、家計が収入を上回る支出をつづけたときと何ら変わるところはない。いずれにしても、大量消費のツケは返さなければならない。すなわち国の過剰消費のツケは、将来世代に回されるのである。
第三に、債務の利子を支払うということは、単純に考えてもその分だけ税金の上昇を必要とし、税金は経済に歪みを引き起こし、労働と貯蓄の動機を弱めることになる(ただし、この効果の量的な大きさにかんしては、経済学者間で意見は一致をしていない)。
-スティグリッツ「マクロ経済学」第14章財政赤字より
  1. 2015/06/15(月) 21:28:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。