銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【WIZ】第六十三話「地下五階」

新しい宰相のノエルは、まず城内外のデーモンどもの燻り出しから始めた。前任のゼフロスがそうであったことにみな衝撃を受けていたから、これにはもちろん誰も異論を唱えるものはいなかった。教会や軍と共同で行われたそれは無事に成功し被害もないままに化け物たちは街から姿を消す。
そして新宰相は火災にあった寺院の再建と教会税の撤廃を発表し、諸外国に名だたる‘強欲'カント寺院は一気にノエル全面支持で固まった。女王デメテルは自ら節倹を始め、人々はおおむね変わらない生活を続けるようになる。

軍はリルガミンから東のラクロアへのにらみで動けない状態で北のダリアからの救援要請が来ていたが、なんとフェールエンのガイシルトがこれを代わりに受けて遠征することになる。

「これで借りはなしですよ。暗殺者宰相殿」

リルガミン・フェールエン・ダリアの三国はほどなく対サルファーン同盟に向けて動き出す。


だがこの話の主舞台はあくまでも暗い地下迷宮である。

冒険者たちは、地下五階の探索を進めていた。

こちらはソラ・トール・リンの三人組。同数のトロルたちと鉢合わせしそのまま武器を振り上げる。

ぶうんっ!

大振りの棍棒の一撃をトールは飛び前転してかわす。あたったらことだ。

「あんまりにもリーチが違いすぎねーか?っておいソラ!俺が2人受け持つのかよ!?」

ウガ!

別のトロルが放った横からのもう一撃をトールはさらにかわしながら言う。見ると、ソラは最後の一体と体格差の大きいつばぜり合いをしている。しかも負けてない。

「う、くくく…はあっ!!」
技術なのか気迫なのか、ソラが見事に押し勝ったところへ、一気に周囲を冷気冷風が襲った。リンの大凍(マダルト)である。三体のトロルは凍りつき、順番に崩れ去る。

「へっへ~ん♪“凍師リン”なんてどう?カッコいくない?」

「それは…やめようよ…」

ソラの言葉をリンは聞いているんだかいないんだか。


隣のエリアでも、別の冒険者パーティーが魔物の群れを撃ち破っている。レオン・ヴァイオレット・レパードの三人である。相手は巨大植物くらげのフォーミングモールドとハタモトらである。三人は敵たちになにをさせるでもなく、炎塔(リトカン)猛炎(ラハリト)を撃ちまくりその勢いで焼き破る。

「これが地下五階…私たちが強くなったのでしょうか?レオン」

「それもあろうが、こやつらは凶悪な類いでなかっただけかもしれん。まだなんとも言えんよ。さあ、無理をせずに帰還しよう」

「盗賊がいねぇから宝箱が開けられねぇのが難点だよなぁ。銀の翼の奴等が入ればな…チクショウ!ゼフロス…じゃなかったマルゴーのやつめ!!ぜってぇぶっとばしてやる!!」

銀の翼の砦を焼き払ったのは、今ではルサルカ団でなくマルゴーらのデーモンの群れであると言われていた。レパードはその義賊集団の出の魔術師である。

冒険者たちは確実に歩みを進め、ワードナとの決戦の時は着実に迫っていた。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/20(火) 17:42:14|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【WIZ】第六十四話「邪悪なる者たち」 | ホーム | 【政治】法人税減税他>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://foxfire8731.blog119.fc2.com/tb.php/1046-65499af4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。