銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【WIZ】第七十二話「希望」

動かない空気。

地下迷宮にいることの違和感のひとつはそれだろう。陽が差さないことと同じように、自然の風が流れることもない。醜怪な魔物らでも現れない限りには、なんの音もない。

独り…

無音の暗闇の中、独りの老人が起きあがった。

「ラリアといったか。あの小僧」

棺を開ける。そこには闇に心を灯した幾人かの守護者たちの姿があった。

「ワードナ様…」

ミホ・カースドール。上半身をはだけた、あられもない姿でワードナの手をとった。

「ム?…フフ、悪くないぞ」

ワードナはその手でゆるやかにミホのちぶさを撫で上げる。見ると、リエコ・ヒトミの二人も棺を囲むようにしてやはり淫美な姿をしていた。下半身には流麗なドレスを纏っている。それぞれ深い赤青緑の色。

「貴様の企みだな?トンズラーよ」

傍らに控える小男に声をかける。トンズラーは、それを受けてニヤッと笑った。

「へへっ、なかなかヒマでやんしてね~♪」

「…ウム」

大魔術師は笑みをたたえゆっくりと立ち上がる。その周辺の空気がゆっくりとゆらめき、「威」という迫力が空間を支配する。ヒトミなどは思わず畏れにより思わずあれほど抵抗があった自分の姿を忘れ身体の震えを止められなかった。

「ん?ヒトミ・カースドールと言ったか」

「は、はい!」

裏返る声。だが誰も指摘できない。

「ホビットは子どものようで子どもではないとは本当のようだな?…このワシが、怖いか?」

「いいえ!え?は、はい!」

ワードナがあからさまに眉をつり上げ不満そうな顔をしたのでヒトミはあわてて答えを変える。髪を撫でられる。老人の、しかし力強い、意外なほど優しい手…

「そういえばサラーフのやつめ、全能者たるワシのことを不能者扱いしおったな。冗談にもならぬわ…後でワシの伽をせい。職業柄、好奇心は旺盛な方でな。ホビットとはワシの永き時でも覚えがない」

そしてワードナはリエコに視線を移す。ややしばらく、ワードナはリエコの瞳を見つめた。

「…リエコです」
「知っておる」

構わず、ワードナはその瞳を覗きこんだ。この間、わずか何秒かだったかもしれないしそれよりはるかに長い時間だったようでもある。

「貴様、ニルダの巫女か。トレボーの一族にリルガミンを奪われし神託の長、古き王族ソーンの末裔。なるほどのぅ。とすれば貴様らカースドールこそはこの災禍の中心の魔女にふさわしい…」

ワードナはリエコの唇を指で真一文字に撫でる。ほどなく振り返り部屋の中央へと歩み、もう一度振り返りカースドールへと言い渡した。

「良き趣向、褒美を取らすぞ」

スッ…

ワードナの背後にガイシルト、デメテルの二人が闇から現れでる。その蒼ざめた顔をした二人は、すぐに長い二本の牙を伸ばした。

「トレボーの亡霊が彷徨いていると言ったか。あれは生者にしか反応せぬ」

死の宴は続く。


地上、リルガミン。

就任以来ノエル宰相はさまざまな手を打ってきた。それらは効果を上げているのだが、地上が闇に覆われていくのを遅らせるのがせいぜいというところだった。エル商店はゼノたちに任せきりである。

修繕が完了した城の堀と塀の視察の最中、堀に冒険者たちの亡骸が浮いているというので速やかな引き上げを指示して城門へと向かう。そこには、ウルフとリリィがいた。

「おや、早いですね」

「アンタが…宰相さまが言ったんだろう?」

リリィはウルフにべったりである。何かあったのだろうか。そのはるかに後方、大きな土煙が見え始める。

「リルガミン・フェールエン・ダリア・ロンバリア。全ての人びとをこの希望の地に集めるのです」

マンフレッティ教皇に出してもらった布告も効を成している。もはやサルファーンからも、いや山森などの異種族さえもこのリルガミンに集結を始めていた。

「でも、それで一網打尽になったりしないの?」

リリィの質問にエルは答える。その肩に(ピー)君が飛び乗った。

「ニルダの杖です。あれさえあれば外部の攻撃にはリルガミンは不落となります。お願いいたしますよ、冒険者さん」

エルは、優美に一礼した。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/09(火) 19:19:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【銀河帝国】アメリカ対ロシア | ホーム | 【WIZ】第七十一話「核戦争」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://foxfire8731.blog119.fc2.com/tb.php/1080-33515248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。