銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ガンダム】翼を失いし天使とつばめ

現在運営中のゲーム「ザ・サード・ルネッサンス・アンド・ウォー」の記事です。第十五ターン、七月下旬の戦闘です。

連邦の保有基地はジャブロー、ハワイ、トリントン、オデッサ、マドラス、ベルファスト、ルナツー、グラナダ。
ジオンの保有基地はズムシティ、ア・バオア・クー、ソロモン、キリマンジャロ、ペキン、キャリフォルニアです。

※※※※※※※※※※
一この時期、グラナダ及びルナツーでは一進一退の熾烈な攻防が繰り広げられていた。
特にルナツーでは、ガルマが陣頭で勇戦しほとんど基地戦力を沈黙させるも、ワッケインに代わり新鋭艦ブケファラスで指揮をとるバスクがこれまた新鋭機ガンタンク隊を並べ猛烈な段幕を張り押し返すことに成功している。
戦術レベルで宇宙が五分五分ならば、これは戦略レベルでは連邦の優勢を意味している。

なぜならば、ジオンとは逆に連邦は主力を地上に展開していたからだ。

そして、すでに地上における連邦の大反攻は、始まっていたのだった。

ロスエンジェルス。その美しいまでに格子状に区画され整った都市のそばにある基地、キャリフォルニア。白いザクⅡを駆るシン・マツナガ大尉は低い呻き声を放った。

「ぐうっ」

つい数日前の戦いで屠った61式戦車の数は知れない。大尉の小隊は丘陵に誘い敵戦車隊を全滅させていた。が、今は大尉の部隊が全滅の危機にある。
分が、悪すぎる。
味方のドップ隊やガウ、ユーコンらが支えていた制空権制海権は今や完全に連邦に奪われている。ザクとて海中水中に入ることができない訳ではないが、主戦場にするようには設計されていない。大尉の部隊は連邦のコーラル級ミサイル巡洋艦からアウトレンジで叩かれていた。それでも、味方が沈めたコーラル級は五や六隻ではきかないはずだった。‘白狼’シン・マツナガも‘赤い稲妻’ジョニー・ライデンもその名に恥じぬ戦いを見せているはず…だった。

「まだ、死ねぬ」

ジオンが水陸両用モビルスーツを完成させたという報を聞いたのはどれほど前のことだっただろう。
白き狼が身を潜めている廃ビルが、再び震えた。


東アジア、ペキン基地。かつて孤竹や燕などと呼ばれた国のあった場所にある。いささか海からは遠く、故に連邦のヒマラヤ級空母を主とする艦隊からの直接攻撃は受けていない。ノリス大佐や黒い三連星といったエースの指揮する統制のとれた部隊は、連邦の波状攻撃をよく凌いでいた。

が、その全方位からの奔流に、ジオン軍は飲み込まれそうになるのを必死に抗う形になりつつあった。

「一体、どれほどの部隊がいるというのだ。ドップ隊はっ!」
攻撃空母ガウのブリッジでマ・クベ大佐が聞く。部下からの解答はまったく芳しいものではなかった。
「後退しろっ、味方のザクを援護する前にこちらが落とされる」
まるで羽虫かなにかのように、連邦の局地戦闘機TINコッドは群れをなして飛び回っていた。

そして連邦軍。ついに前線に投入された‘モビルスーツ’ガンタンクに騎乗していたのは、シロー・アマダ少尉である。
「みんな行くぞ!一人も欠けずにペキンを落とすんだっ!」
ザクといわずマゼラアタックといわず、高台から集団で撃ち下ろす。別方向から敵を攻め陽動している61式の部隊は損害が大きかったが、シローの部隊は敵を寄せ付けない。相当数のザクを撃破しただろう。

開戦から半年余り。戦いの天秤は、明らかに一方に傾き始めていた。
スポンサーサイト
  1. 2007/12/16(日) 04:09:52|
  2. ガンダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【雑感】子供の名前と「ら」抜き言葉 | ホーム | 【外交】三浦プラン?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://foxfire8731.blog119.fc2.com/tb.php/110-f6278dfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。