銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【WIZ】九十七話「二つの宝珠」

リルガミンを包囲していたサルファーン軍の主力が撤退し、悪魔と死霊だけが残った。だが彼らも迷宮にてマルゴー・デルフという頭を失ったがために統率に乱れが生まれている。

それを受けてリルガミンでは円卓会議が開かれ、反攻作戦の実行が決まった。


カント寺院、僧院。

ヴァイオレットがお気に入りのティーセットでカモミールティーを入れる。席についているのはカエデとレオンとマンフの四人である。カエデは普段ここでお手伝いをしており、レオンは普段護衛をしており、マンフレッティは普段教皇をしている。

「おーいーしーそー☆」

カエデの目が輝いている。ヴァイオレットの焼くタルトは一級品なのだ。

「おお、まるで宝石だな!」

レオンのひげが揺れている。

「ううむ。ロンバリアの職人も真っ青じゃな♪」

「教皇様のお口に合いますかどうか」

「だから公式の場以外では教皇は止めてくれと言うにぃ。我らの教祖はそんなしゃちほこばったことを嫌う方であったし、ふんぞり返りなさいという教義もない。…もう食べて良いか?」
マンフレッティは貧民や病人、孤児や異民族などに毎日のように朗らかに気さくに接し・助け・かつ談笑していた。それはいわゆるカント寺院の持つイメージとはまったく逆の印象であったために周囲ははじめ驚き戸惑ったが、まず積み石遊びをマンフレッティから教わった子どもたちから次第に打ち解けていった。いつからかカエデが、そのうちにレオンとヴァイオレットとサーティファイドがいっしょに付き添いさまざまな内なる危機に最前線で立ち向かうようになる。

ガラガラガラン!!

「きゃあ!!」

突然の雷鳴。カエデは飛び上がりマンフレッティの袖に張り付く。

「おおよしよし♪ワシがあと50歳若ければのー」

「えー!でもマンフじぃちゃんの体力はもしかしたらお兄ちゃんよりすごいかもよ?ホントに。いつやすんでるのかってくらい」

「ホホ、ワシなりに責任を感じてのぅ。五つの頃からきょうのきょうまで、ワシは誠心誠意の礼拝を欠かした日は一度もない…真にこの世の幸福と平和を祈り続けてきたつもりであった。じゃが結果はこれじゃよ…ん?もしかして意外じゃったかな?」

言葉の途中でしんみりした空気になってしまったことに気づいてかマンフレッティは最後におどけてみせたが、笑う者はいない。

「さあ、ではカドルト様にお祈りをして食べようではないか」

「うん!」「はい」「そうですな」


バァン!


僧院の重い扉が勢いよく開く。

「ヴァイオレットさん!大丈夫!?いまのかみなり!!」

サーティファイドのいつもの調子の「ヴァイオレットさん!」に、四人は顔を見合せ、笑いあった。



その夜、ギルガメッシュの酒場。

顔を寄せるメルセデスとシア。

「ねえ、やばいよねやっぱ」

「うん。ヤバいって」

酒場の真ん中のテーブルの真ん中に置かれたどす黒い悪の宝珠。

なんとはなしに、どす黒いオーラを放っている。

「うー。なんかあるだけで病気になりそう。どっか捨てちゃえば?シア」

「それもっとヤバいって」

外では豪雨が降りやまない。いつの間にか、二人の
後ろに道化姿の人間が立っている。しかしシアはすぐにそれが偽物だと見抜いた。なんかオーラがない。

「なーにやってんのレパード?」

「ちっ、バレたか。雇い主の影武者やることになって練習してたんだけどな」

「雇い主ぃ?あの正体不明な宰相様が?」

「おう。新たにリルガミンの諜報組織が組まれることになってな。女王直属のそれにするためにメンバーを募集してるってんで、俺副団長になったんだぜ?名前はなんと『銀の翼』!団長はローズな」

「レパードさん」

「なんでしょう綺麗なエルフのお姉さま(シアと違って/痛っ)」

「それ、バラしていいんですか?(じと)」

「うっ…そ、そんなことよりノエル様から言伝てだ。敵への反攻を成功させるには天候の回復が欠かせない。善悪の宝珠を重ね中立の宝珠を作り、引き裂かれし神に捧げ大地をよみがえらせよ、だってよ」


重い雷鳴がレパードの声をかきけすほどだった。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/24(水) 14:06:47|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【WIZ】第九十八話「勇者の帰還」 | ホーム | 【WIZ】第九十六話「超越」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://foxfire8731.blog119.fc2.com/tb.php/1128-d8426ead
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。