銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[#ガンダムディプロマシー] 第八回 双頭の蛇(終章)

正統ジオンの保有するペキン・ベルファスト両基地への連邦・エゥーゴ・ティターンズの三連合軍の攻撃はまだ続いている。

まずは、ペキン基地。

一度は陸海軍それぞれで撃退されたものの、体制を立て直した連合軍は数を盾に間断なく攻め続ける。当初は反目していたそれぞれの軍に所属する部隊が連携を取るようになっていったのは、皮肉にも正統ジオン軍の精強さが故だった。時には攻守が逆転するほどの強さだったのだ。

特に、キシリア・ザビが自ら指揮する陸上戦艦ダブデ。そして新造の水陸両用MSゴッグの部隊。共に厚い装甲を持ち、連合軍の通常弾による攻撃を跳ね除けていた。

「甘いものだな、地球連邦の三つ子たちも。間も無くオデッサで新鋭の部隊が完成する。兄上ら宇宙の者共も手緩いし、ペキンとベルファストの両方とはいかなくとも片方の敵らの背後を取り殲滅することくらいは容易い」

しかしブリッジでそう高らかに言い放つキシリアに突然の破局が訪れる。

「甘いのは、貴女の方だ」

「!」

ターーーン!

銃声。即死だった。

背後よりキシリアを撃ったのは先に見捨てられたマゼラアタック隊にいたルロイ・ギリアムという男だった。ルロイは直ちに取り押さえられる。

「…ぐっ、これで、いいッ」

指揮官を失い、ペキン基地の守りは一気に弱体化する。キシリアを失ってから、そのダブデが破壊されるまでの時間は30分となかった。

そしてベルファスト基地。

夕暮れ。

海岸線が紅色に染まる。この美しい風景にも脅かされることなく、戦士たちは地球の反対側でも同じように銃口を向けあっていた。一歩先に攻撃を開始したティターンズに続いて連邦、エゥーゴの大部隊が到着し直ちに砲撃戦を開始する。

ベルファストの飛行場を離陸して逃れようとした正統ジオンのガウが果たせず、無数のフライマンタの機関砲により横転し爆散する。ペキンでもベルファストでも制空権は連合軍の側が掌握していた。名も無き兵士たちのひとつしかない魂が順に順に散って行く。日没を迎えても、この美しい都市を巡る決闘は止む気配がなかった。

連合軍の司令部。郊外の古い宿屋に置かれている。防衛上の観点云々でジャマイカンは相当ブレックスに噛み付いたのだが、ブレックスはそれを押し通した。既に正統ジオンのダブデはこのベルファストでも破壊されている。制空権も奪った。この距離でこの位置を攻撃することは正統ジオンにはもはやできないはずだった。

「恐いのですかな、ジャマイカン殿」
「フン、敵を侮りすぎると、痛い目に合いますぞ。ブレックス司令」

そのジャマイカンの言葉は現実のものになってしまう。艦対地ミサイルの狙い澄ましたような一撃。二撃。三撃!ブレックスが見晴らしを気に入り司令部とした峠の宿屋は簡単に崩れ落ちてしまった。瓦礫の中、半ば埋もれながら血だらけになりながらブレックスは呻く。

「馬鹿な…この距離でか…ガルマザビめ…やるな」

当のガルマもまた、負傷により床にあったのだがその指揮は冴えていた。新型攻撃潜水艦マッドアングラー。ブレックスの司令部を撃ち抜いたのはそのミサイルだった。そのベルファスト基地内のベッドで、片足をギプスで吊られながらガルマは姉の戦死を聞く。総帥は間髪入れずにジオン公国との和平交渉の連絡を取るように言う。

「姉上には申し訳ないが、これで助かるかもしれない」

ガルマが悲しがると思っていた部下たちは怪訝な顔をする。

「姉上はやり過ぎたのだ。結果、正統ジオンは孤立してしまった。兄上たちなら、私なら話してくれるかもしれない。私とて総帥なのだ。正統ジオンはまだ助かるかもしれない。姉上の死は…無駄にはできない。決して」

ザビ家の宿命である。




スポンサーサイト
  1. 2013/07/30(火) 01:44:01|
  2. ガンダムディプロマシー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[#ガンダムディプロマシー]第9ターン陣営情報 | ホーム | [#ガンダムディプロマシー]第8ターン地上戦況図(改)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://foxfire8731.blog119.fc2.com/tb.php/1213-5a2a9603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。