銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【歴史】西郷という人物

三浦介は、幕末に活躍した大村益次郎という人物を強く尊敬しています。

対して、彼がまったく評価しなかったという西郷隆盛という人物をどうしても好きになれません。ざっと書くと、

・結局最後は反徒。その大義も理解不能。
・討幕後も、「いくさがしたりんかった」などと日本を一度焦土にしようとした男。
・征韓論も無謀。言ってることも自殺志願にしか聞こえない。
・江戸無血開城は、勝が偉いだけでは。ただで敵の首都をもらうことに嫌はなくて当然。
・無関係の坊主を巻き込んで自殺をはかり、かつ自分だけのうのうと生きる。
・軍事的にも、禁門の変はともかく北越戦争には間に合わず恥をかく有様。彼が有能なら途中で討幕軍総大将が大村公に交代することはなかったはず。西南戦争も無為大敗。
・新政府でも基本的に政治面で無策。
・新たな主君島津久光への言動もばかにしきっている。にも関わらず二君に仕えない、という潔さもない。

他、佐幕を主張する土佐の山内容堂を暗殺をほのめかし黙らせる。鳥羽伏見の戦いの前夜、江戸で部下に放火などのテロ行為をさせて旧幕軍をけしかけるなどの謀略を、打つのはいいのですがそれで聖人君子のような評判を得ているのが三浦には理解できません。名声欲があったという話しもあり、なるほどなと思います。

彼は何のために戦ったのでしょう?
島津家のためではないですよね。
日本は焦土にしようとしました。
天皇には最後に弓を引いた訳です。(大村公の予言通り)
民衆のため…の政策を彼がした記憶はありません。
野望野心?があれば隠棲しませんし西南戦争を勝ちに行ったでしょう。
友のため?吉田松陰という人物にはそういう所があったようですが…西郷の謀反には大久保公は本当にショックだったようです。

西南戦争の際、決起を迫られての「おいどんの命、おまはんらに預けもそ」から最後の「もうここいらでよか」も、何か他人事の感じを受けてしまいます。死に場所を探していたのでしょうか…

三浦のような凡人には理解できない人物だったのかもしれません。

ただ…全文は覚えていないのですが、征韓論に敗れた際の漢詩には惹かれるものがありました。

武公難再生

後世必知清

といった文が頭に残っています。武公、とは中国で救国の忠臣として知られる岳飛のことだそうです。

「のちの世の人はきっと私のことをわかってくれる」

ああ、西郷よ!あなたのことをわかれたら後世の私はどんなにいいか!!

無念さは感じます。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/04(金) 03:43:37|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【経済】インド三大財閥 | ホーム | 【日記】今年の目標>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://foxfire8731.blog119.fc2.com/tb.php/129-1392e1b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。