銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【政治】世界同時株安とマキャベリスト

二つのサイトのエントリーを読破すべく毎日少しずつですが読み始めました。

「麻生太郎オフィシャルサイト」
http://www.aso-taro.jp/
「中国兵法」
http://www.geocities.jp/fukura1234/


です。なかなか読みごたえがありそうです。

そうしていたら…麻生さんが「世界好況」について少し前に述べていました。世界中で景気がいいのだと。しかし…

※※※※※※※※※
株価 500円以上値下がり

週明けの東京株式市場は、日本やアメリカの景気の先行きに対する懸念やサブプライムローン問題の影響がさらに拡大するのではないかという不安感から、ほぼ全面安の展開になり、日経平均株価は500円以上値下がりしました。
(1月21日 16時10分)


景気に減速感 5地域下方修正

全国の財務局長の会議が開かれ、原油価格の高騰などを背景に、中小企業を中心に景気の先行きに慎重な見方が増えていることから、東北・近畿・福岡・九州・沖縄の5つの財務局や財務支局などの管内の地域で景気判断が下方修正され、景気に減速感が出始めていることが明らかになりました。
(1月21日 12時13分)


株価 日本市場の下落ぶり顕著

アメリカのブッシュ大統領が先週末、景気刺激策の骨子を発表し、今後の市場への影響が注目されていますが、サブプライムローン問題で世界的に株価が下落するなか、日本の下落率は、ことしに入ってからも主要先進国の中では最も大きく、投資先としての魅力が薄れつつあるという見方も出ています。
(1月21日 4時31分)


上海市場も5%超える急落

中国の上海株式市場は、アメリカのサブプライムローン問題の影響が中国経済にも及ぶのではないかという懸念から、売り注文が膨らんで5%を超す急落となり、株価の代表的な指標の「総合指数」は、ひと月ぶりに5000ポイントの大台を割り込みました。
(1月21日 18時14分)


アジアの各市場 大幅値下がり

アメリカの景気の先行きに対する懸念から、アジア各国の株式市場も大幅な値下がりとなり、インドの株式市場では、先週末の終わり値よりも一時、10%以上下落しました。
(1月21日 19時43分)


欧州株式市場 大幅な値下がり

東京やアジア市場の大幅な株価の値下がりを受けた21日のヨーロッパの株式市場は、アメリカ経済の先行きに対する不安感などからほぼ全面安となり、ロンドンやフランクフルトの市場では、2001年9月のアメリカの同時多発テロ事件以来の大幅な値下がりを記録しました。
(1月22日 8時12分)


※※※※※※※※※※

世界の悲鳴が聞こえるようで戦慄します。これは、歴史的な出来事がまさに起きているのではないでしょうか。

「悲観的に準備し楽観的に行動せよ」

「必要に際して大胆果断であることは、思慮に富むことと同じだと言っていい」

「諸侯、その弊に乗じ、起つ。智者ありといえども、その後を善くするあたわず」

どうしたらいいのかわかりません。しかし、福田さん、今は決断の時であるように思います。


・・・もう一点。東国原知事が、マキャベリストを宣言した模様です。いかに祖国の役に立つかの術と理解していますが、塩野七生さんの「マキアヴェッリ語録」は政治経済に携わる全ての日本人に是非読んで欲しいと思う本です。私の引用もこの本からがほとんどであり、枕元と車中に常備してあります。中学校あたりの副読本にして欲しいと本当に思います。

(追記)私が思うに、マキャベリズム・権謀術数にとり最も大切なのは「信頼」だと思います。これは儒教も似ていますね。
マキャベリという人が統治者として理想とした人物に、チェーザレ・ボルジアというイタリア統一を目指した人物がいました。彼の言葉が残っています。

『信頼は武器に勝る』

です。また、「ハゲの女たらし」で有名な東こ…もといユリウス・カエサルが掲げたのは『寛容』でありました。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/22(火) 09:36:57|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【経済】新たな時代の幕開けか | ホーム | 【政治】党議拘束の廃止を>>

コメント

株が下落して通貨は上昇する

株が下がっているのに円は値上がりしています。普通は逆ですね。
円キャリー取引の逆流が止まりません。
安部前総理の行った円安誘導による輸出依存景気対策のツケが最悪の形で国民に廻って来たようです。
内需がGDP七割以下の日本は約八割ある他国より世界的景気後退の影響は大きいのに、通貨は高くなるのだから尚更厳しいです。
株の下落は設備投資に影響し、ワーキングプアーも重なり、内需も減少するでしょう。
歳入も減り、借金漬けの政府は景気対策が出来ず、超低金利の日銀は金融政策で手を打つ余地も無い。

完全に八方塞がりで他国依存状態ですが、一つだけ有るかも知れません。

百兆円ぶんのアメリカ国債から二十兆円分アメリカ金融機関救済に融資して、時間稼ぎし、何等かの手を打つ?
  1. 2008/01/22(火) 19:51:19 |
  2. URL |
  3. druji68 #gqqj.HGY
  4. [ 編集]

>druji68さん

そんな時間稼ぎができるのですか……さらに中国の対米発言力が増すように思いますが…

何等かの手、が問題ですよね。

(考えこみます)
  1. 2008/01/22(火) 20:28:48 |
  2. URL |
  3. 三浦介 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://foxfire8731.blog119.fc2.com/tb.php/147-88c9f30a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。