銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【軍事】八陣の二、魚鱗の陣 三、鋒矢の陣

続いて、魚鱗の陣と鋒矢の陣についてです。

その前にひとつ、川中島の戦いの「啄木鳥の戦法」について。
これがよく理解できないのです。武田軍別動隊一万二千に攻められた妻女山上杉軍一万三千。

わざわざ、山を降りて八幡原に逃れる理由がわからないのです。

1 奇襲による潰走

上杉謙信はそんなにうかつとは思えません。

2 補給を断たれる

あるようなないような…上杉軍が、善光寺に五千を残し妻女山に布陣したのはやはり補給路退路を気にしてと思われますが、やはり軍を二手に分けた理由としては弱い気もします。

3 調虎離山

三十六計のひとつです。山に篭る虎は誘い出して討つ。つまり、本陣八千という少ない兵力になる情報を流し誘ったのに乗った、という考えもできます。しかし結局のところ未だよくわかりません。


話しを本題に移します。まずは、魚鱗の陣から。

先に上げた三方ケ原の戦いで武田軍が用い徳川軍の鶴翼の陣を粉砕しました。三角形、あるいは菱形の間のような形に陣どり、角を敵に向けます。

「平地における攻撃の陣」

であるように思います。

また疑問があります。兵力の多さ以外、鋒矢の陣とどこが違うのでしょうか。鋒矢の陣は、小数で矢印の形、あるいは菱形に陣取り敵の中央突破を図る陣立てです。
大坂夏の陣で真田幸村が用い家康を何度も追い詰めたのが有名です。近代戦ではドイツ戦車が‘パンツァーカイル’としてこれを組み敵陣を突破、後方から荒らし回りました。アレクサンダー大王も騎兵を用い突破・後方からの打撃を行い勝利し、現代戦では戦闘機隊がこの鋒矢か雁行の陣で戦うようです。機動戦士ガンダムではクラウレ・ハモンが採用しアムロたちを苦しめました。

三浦の理解では、魚鱗の陣とは鋒矢の陣を拡大したものとして考えています。ただ、中央突破をすると同時に敵両翼も圧迫します。

Tの形、↑の形に精鋭をおくのがよいと言われています。
スポンサーサイト
  1. 2008/02/08(金) 08:22:12|
  2. 軍事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<【軍事】八陣の四、雁行の陣 | ホーム | 【軍事】八陣の一、鶴翼の陣>>

コメント

補給の問題

三浦介さんこんばんは。
長期対陣で補給が細った状態で、大規模な戦闘が発生しました。
勝利したとしても一度退陣して態勢を立て直すのが常道では?

そこを武田の本隊が待ち伏せるのが啄木鳥戦法では?
  1. 2008/02/09(土) 00:32:35 |
  2. URL |
  3. druji68 #gqqj.HGY
  4. [ 編集]

>druji68さん

こんにちは、毎回ながらコメント本当にありがとうございます。m(._.)mエントリーにも書きましたが、同意することも反論することもあります。いろいろな意見があるのがが自然なように私は思っています。どうぞ今後ともよろしくお願いします。

「帰兵塞ぐべからず」とも言うのですが…やはり補給、でありましょうか…ならば三国志にて馬ショクが街亭にて山上に布陣し糧道を断たれ破れたように、山ごと包囲してしまう手もありそうですが…
  1. 2008/02/09(土) 09:40:30 |
  2. URL |
  3. 三浦介 #-
  4. [ 編集]

啄木鳥作戦

>こんにちは、毎回ながらコメント本当にありがとうございます。

こちらこそ宜しくお願いします。

>m(._.)mエントリーにも書きましたが、同意することも反論することもあります。いろいろな意見があるのがが自然なように私は思っています。どうぞ今後ともよろしくお願いします。
色々な見識、意見が有るのが常態で、意見を交換することは色々な意味で有益です。

>「帰兵塞ぐべからず」とも言うのですが…やはり補給、でありましょうか…山を包囲する

武田軍の行動を見れば読みとれるのでは。
①先に上杉軍の大荷駄隊からの連絡線を断つ位置に布陣し、長期対陣後②海津城に帰り暫くして③啄木鳥作戦です。

①で消耗を誘い
②で油断させる
③では①②の為に別動隊に勝うが負けようが、上杉は川中島へ出なくてはならなくなりなります。
何故なら、敗走する別動隊を追撃すれば大荷駄隊から離れ山の反対側に出ることになります。そこは完全な死地です。
故に確実に上杉軍は川中島へ出てくるのです。別動隊に勝利したとしても。
そして、戦闘直後の疲弊した上杉軍と本隊が戦う事になるのです。必勝の態勢です。
  1. 2008/02/09(土) 20:40:18 |
  2. URL |
  3. druji68 #gqqj.HGY
  4. [ 編集]

>druji68さん

こんばんは。(と、あいさするブログとしないブログがあり、また連レスがダメだったり議論の場ではないなどと言われたりするブログもあるようですが、ここは良識の範囲内で何でもアリです)

そうでしょうか?戦力集中の鉄則にはまったく反しているように思います。武田別動隊が撃破されるようなことがあれば、善光寺の上杉兵を考えても武田本隊こそ壊滅必至に思えます。

ただ、確かに上杉側に補給に難があったと考えればおっしゃる通りかもしれません。上杉は雪の越後一国が策源地であり確か西の加賀一向門徒が敵、武田は策源が金山のある信濃甲斐二国。富める盟友北条今川が背後に控え盤石です。
  1. 2008/02/11(月) 02:50:48 |
  2. URL |
  3. 三浦介 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://foxfire8731.blog119.fc2.com/tb.php/166-e9e68ce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。