銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ガンダム】宇宙戦艦内のシャワー室にて

現在非営利で運営中のゲーム「ザ・サード・ルネッサンス・アンド・ウォー」の記事です。第二十五ターン、十一月上旬の戦闘です。
連邦の保有基地はハワイ、トリントン、オデッサ、マドラス、ベルファスト、キャリフォルニア、ペキン、キリマンジャロ。

ジオンの保有基地はズムシティ、ア・バオア・クー、リボー、フォンブラウン、ソロモン、サイド7、グラナダです。
(前回まで)

ルナツーがジャブローに落着し影響がでています。
※※※※※※※※※※
無重力の宇宙空間で、シャワーを使えるようにした人間はすごいと思う。

心地いい。

わたしは湯舟に浸かるよりシャワーを浴びるほうが好きだ。戦争を、うち続く実験を視線を洗い流してくれる気がする…

(ふふふっ)

心の中で笑みがこぼれる。赤い彗星のシャア・アズナブル大佐。あの負けん気の強いひと…模擬戦でも、機体が違かろうと、わたしに負けて本気で悔しいかったのだわ。

(ふふふっ)

今度は、少し声を出して笑う。だいじょうぶ、誰も見ていない。

(わたしは、魅力的かしら?女として。それともただの戦闘機械?ニュータイプ。違うわね、あのひとは…あのひとは)

鏡の前に立つ。この瞬間は嫌いではない。しかしこの時髪を手入れする時間は好きではない。しかし手は抜けない。肌色のローブをまとう。この肌触りは嫌いではない…

(変わってしまった。なにもかも)

外見や習慣などは変わっていないとじぶんでは思うのに、そう感じてしまう。無理もない、フラナガン機関のメンバーの中にはわたしを人間として、ましてや女としてなど扱いはしなかった者がいたのだ。しかし、それだけではないとも思う。

ひやりとした乳液の感じ。嫌いではない。もっともそんなこと考えたこともなかったが…

身支度を終え、バスルームを出る。あれはシャア大佐と…誰?この女は…この感じは新しいひと…

「二人は初対面だったな。紹介しよう、こちらはクスコ・アル中尉」
「はじめまして」
「こちらはララァ・スン少尉だ」
「はじめまして」
「フラナガン機関の中で出会っているかと思ったのだが、そうではないらしいな。しかし、これからチームを組む同志だ。お互い頼む」
「「はい」」
「うん、レクリエーションルームに移動しよう。シャリア中尉も合流する。遅れてもう一人配属される予定だ、ルロイとか言ったかな?いずれにしろソロモン宙域から連邦が謎の撤退をしてくれたおかげで、我々は時が稼げる。例の新型がなんとか間に合えば、戦局の主導権を握れるかもしれん。キシリア中将を失ったのは我々にとって痛い誤算だが…」


宇宙という新たな環境での順応を試みる生命。

人類は、第三の革新の時を迎えようとしていた。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/05(水) 04:05:09|
  2. ガンダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【政治】人権擁護法案に… | ホーム | 【雑感】法律の限界と政治的悪口>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://foxfire8731.blog119.fc2.com/tb.php/194-05f21ff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。