銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【軍事】尖閣進駐論

三浦介は、中国のトウ小平さんというひとと、北の金日成さんというひとを高く評価しています。

トウさんは、毛沢東さんの「均富論」を廃し、訪日後に日本をモデルとし「先富論」を唱えて改革開放路線を実行し、対外的な「戦争を禁止する」遺命を残しました。ウスリー島を巡るロシアとの領土問題などはこれに従い解決されたと言います。

また、次代江政権・次々代胡政権の首班を指名して残したと言われています。

ならば…現政権までは、「戦争を禁止しまず国を富ませる」国策は未だ健在であると三浦は感じます。

すでに上海株式市場などではチャイナバブルは暴落を始めているとも言われ、北京五輪・上海万博後は国内の不満を対外的な方にすり替える政策が予期されることもあり、尖閣を巡る領土問題は北方領土や竹島問題などと比べても日本有利であり、台湾の親中化や海底埋蔵資源、空母に原潜と中国海軍増強などを勘案しても、尖閣進駐は早いタイミングで行うべきであると主張します。

策謀としては、希少動物保護の為の人員を、期限を述べずに派遣し常駐させてしまうのがひとつのやり方だと思います。

無策に中朝を非難するより、日本をさらに栄えさせたり、「一枚上手」の策を考え狙うべきです。
スポンサーサイト
  1. 2008/04/25(金) 12:29:28|
  2. 軍事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【経済】ばんそうこうと米輸出 | ホーム | 【日記】二人の三浦介>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://foxfire8731.blog119.fc2.com/tb.php/246-deeedae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。