銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ガンダム】曇りのち雨…ところによっては閃光

ジャミトフ司令ことmastさんより。

※※※※※※※※※※

小学校の体育館のように広い空間では、壁の一面を占めるディスプレイと、多くのコンピューターが
不思議な和音で唸りを上げていた。薄暗い中に浮かび上がる巨大な世界地図にはさまざまな情報が
せわしなくあたりに光を降らし、さながらダンスクラブのようであった。

その奇妙なダンスクラブの中央で、パトリック・ドニクール准将は椅子に深く沈みながら
疲れた声を上げた。
「まったく、何だってこの私がこんな苦労をしなければならんのか…。
 それもこれもあの若造がミスをするからだ。まったく…。」
――大体、この私にはこのようなごみごみした場所は似合わないのだよ。
  専用の執務室、優秀な秘書、正しい報告書を提出する部下がふさわしいはずなのだ――
「准将。第024連隊がパリに入ったとの報告がありました。予定より2日遅れていますが、
 作戦に影響はありません」
パトリックの疲れの一因が、イヤホンから聞こえてきた。
「…クラセナー大尉。そのような報告は書類にまとめて報告したまえ。 大体、作戦への影響などよりも予算への影響を報告したまえ」
「…はい、申し訳ございません。今回の作戦は重要と伺っていたので、影響を報告するべきと
 考えたので…。予算への影響はただいま試算中です」
「1時間後には提出したまえ。…なお、予算への影響は0.02%までしか認められんぞ」
パトリックの命令に、エマ・クラセナー大尉は大きなため息共に復唱した。
「…了解いたしました。1時間後に報告書を提出いたします。
 しかし、概算の段階でありますが、増額出費は0.5%ほどになる見込み――」
エマの報告をパトリックの大きな声がさえぎった。
「0.5%だと!? ふざけているのか! 2日遅れただけでそんなに出費をするはず無いだろう!
 あの髭熊が何をしようと0.02%しか認めん!」
「しかし――」「しかし、ではない! 足りない分はあの髭熊に出させろ! これは命令だ!」
パトリックは机を叩き立ち上がって、口角から泡を飛ばさんばかりに叫んだ。

このやり取りに、司令室にいるオペレーター達ははかわいそうにという表情をしながら、
モニターから視線をはずさなかった。誰もが自分にとばっちりが来ないことを祈っていた。
エマは、“予算しかない”石頭に何を言っても無駄だという認識を新たにしながら、復唱した。
「…了解いたしました。0.02%になるようにまとめます。しかし、報告書の提出は
 明日までお待ちいただけないでしょうか」
パトリックは大きく椅子に沈み込み、エマの妥協案に許可を出そうとした。
突然、大きな振動が起こり、固定されていないキーボードやカップなどが机から落ち、
姿勢を保てなかったものが悲鳴を上げる。
――ビーッ ビーッ ビーッ
大きな警報音と共に照明が赤く変わり、椅子から転げ落ちる寸前のパトリックが
呆然と呟いた。「まさか、連邦軍総司令部が2度も――」
その呟きが終わる前に、閃光と爆発があたりを充満した。


その日、雨が降っていたオデッサに白い塔が216秒間のみ出現した。
その白い塔が消えた後には、大きなクレーターと燃え盛る森林、
そして、真っ青な空しか残らなかった。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/19(月) 04:27:25|
  2. ガンダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【雑感】対震補強他 | ホーム | 【ガンダム】雛鳥の初陣>>

コメント

こんにちは

また雨ですね。
面白いネタを仕入れました(^^)v
  1. 2008/05/19(月) 15:15:24 |
  2. URL |
  3. スマイル #-
  4. [ 編集]

>スマイルさん

こんにちは、ようこそいらっしゃいました。
面白いブログですね!また伺いたいと思います。では~♪
  1. 2008/05/19(月) 17:22:42 |
  2. URL |
  3. 三浦介 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://foxfire8731.blog119.fc2.com/tb.php/271-60ddcf25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。