銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【軍事】国防の要点

『たしかに今の日本は、平和憲法に縛られ、核を持っていない。だが、それをつくり出す技術は、しっかり持っている。これが中国には恐い。
日本のテクノロジーはすごい。超世界級だ。すぐに軍事に転用できる。
日本の造船技術も世界一。いい軍艦がすぐにつくれる。飛行機も同様だ。
日本の一流企業である三菱重工や富士重工などが、かつて優秀な軍事技術を保有していたことを、中国人は決して忘れていない。
日本の科学技術をもってすれば、たちまちのうちに高度な装備を持った軍事大国が誕生すると中国人は信じている。
(中略)
日系企業にいる中国人は、毎日、日本人会社員の厳しい管理(労務管理)や仕事のやり方を見聞きする。そして「日本の会社は、軍隊とそっくりだ」と思う。中国で、厳しい規律と訓練を課しているのは、軍しかないからだ。
だから、中国人は、日本人の組織力、団結力、実行力が死ぬほど恐いのである。』

「なぜ中国人は日本人にケンカを売るのか」(孔建著 講談社α文庫)より

今読んでいる本からです。多少言い過ぎな気もしますが、国防の要点を突いていると感じます。オススメです。つまり、

1 その気になれば日本いつでも軍事大国になれる(と思わせる)

2 強固な団結力を保持する

といった点だと思います。1のためには何としても国家財政再建が必要であり、2のためには政府と国民の間の信頼関係を取り戻す必要性を訴えているのです。


これに対し、中国のとりうる戦略は台湾との統一によるシーレーンの制圧でしょう。さらにそれを読んで手を打つのが日米同盟強化であり、ロシア(シベリア・サハリン油田)との接近になります。安倍前政権の戦略構想に他ならず、福田政権も間違いなく引き継いでいます。カザフやインドとの外交を見てもむしろ、強化していると感じます。


別の件。グルジアです。

ロシアが一本取ったようです。EUは一枚岩でなく(枠内西欧枢軸国に呑まれたくない、エネルギーを持たない小国に既に手を打たれていると見ます)国連は機能せず、アメリカは政権交代が間近で短期戦略が組み辛い状況です。中国は五輪で必死でしょう。グルジアの方から南オセチアに侵攻したのであれば、大義名分、すなわち士気もロシア=オセチア=アブアジア連合に分があります。プーチン首相が北オセチア入りとなればなおさらです。

が。

世界はそれほど容易ではない、と見ます。

三浦が覇権を目指すロシアの指導者ならば、次に打つのはナゴルノ・カラバフ紛争を利用しアゼルバイジャンとアルメニアを分断、一方を助けるとして「仮途伐號」の計略を用いカフカス三国の制圧、ベラルーシとの平和統一、アフガニスタンのタリバンを陰に支援して天然ガス資源外交を強化すると共にアメリカらの威信を落しめ、ウイグル独立勢力を支援し中国から力を奪い、いくつかの国家連合・連盟組織などの指導国として汎ユーラシアに覇を唱えにいくでしょう。しかし…

西南アジアや南アジア勢力が、さてこの向けられた矛先を心よく思うか。欧米中らが座視しているか。予断を許さないと思います。

このような時には、日本は手堅く打つべきです。囲碁で言うシマリ、ヒラキ、ツギのあたりでしょうか。攻めに転じる土台を固めておくべきです。すなわち、国富を回復し友好国を増やし、南米やアフリカ、オセアニアなど埒外の拠点連携を強固にするなどし備えの策を準備しておくべきと思います。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/14(木) 04:45:37|
  2. 軍事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【軍事】日本海で!? | ホーム | 【日記】Get Wild>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://foxfire8731.blog119.fc2.com/tb.php/381-b10473b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。