銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【経済】「国債」と「内需拡大」に関する覚書

「国債は、税と比べて議会や国民の反対に遭うことが少なく、一度に多額の資金を調達することができるので、政府にとって便利な資金調達の方法であるように見えた。しかしながら、それは一国の資本を国民に気付かれることなく戦争のために消費することを意味した。経済成長の視点から見れば、国債は税と比べて有害であった。財政的に見ても、国債は税の先延ばしでしかなく、将来、償還のために増税がなされなければならなかった。償還のない永久国債であっても、利払いのための課税が必要であった。」 -堂目卓生著 中公新書「アダム・スミス」より 

「私は、バブルの根本原因は、アメリカが、レーガノミクスという失政によってみずから招いた貿易赤字の責任を、不当にも日本に転嫁して、日本に「内需拡大」を迫ったことにある、と見ている。日本は、結果においてその要求に抗しきれず、「内需拡大」を大真面目にやり、それをやりすぎて金融の超緩慢を招いた。その結果、ダブダブにだぶついたカネが土地と株式に向かって、地価と株価の異常な高騰を引き起こしたのが、バブルにほかならない。」 -飯田経夫著 PHP新書 「経済学の終わり」より
スポンサーサイト
  1. 2008/10/05(日) 03:50:12|
  2. 経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【経済】世界恐慌ともなれば | ホーム | 【経済】日中は米国債を買い続けるか>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://foxfire8731.blog119.fc2.com/tb.php/433-71949bd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。