FC2ブログ

三浦介のブログ(仮

三浦介のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【政治】民主党への憤り

ねじれ国会が怒号の中で開幕した。与党が多数の衆院でもやじは大きかったが、野党が過半数を獲得した参院では、演説が聞き取れないほどの大合唱となった。20分間の演説が中盤を越えたころ、丸山氏が立ち上がり、「総理が演説しているんだ。静かに聞け」。手をメガホンのように口元に当て、大声で一喝した。しかし、野党席からは「タレント弁護士ー」「立つんじゃないよ。座れー」などの怒号が飛び、安倍首相と丸山氏へのやじの二重奏となった。
丸山氏は閉会後、「内容がいいから聞けと言うんじゃない。良い悪いは別として聞いた上で議論するのがルール。5分10分は辛抱したが、面白いやじも『なるほどな』という気の利いたやじもないから、言わせてもらった」と説明。数々の法廷に弁護士として出廷してきただけに「裁判なら法廷侮辱罪か、まず裁判長から退廷を命じられますよ。でも江田五月議長(66)も放置してたから」と極めて異例の首相演説中の一喝を振り返った。

日刊スポーツ


ブログというものは、本来新聞記事など張り付けてそれに対してコメントするというのが本来の姿らしいです。そんな訳で試しにやってみます。

そして初政治関係へ。

まず、三浦介の政治的スタンスは、

「親韓親中親米の愛国主義者」(なぜなら日本は貿易立国)
「今の日本の最重要課題は財政再建」(なぜなら先立つものがなければ国防も年金も福祉も経済政策もできない)

といったものです。右でも左でもありません。
そして、上の二項を考えるに安倍政権を支持しています。これは小泉前政権から一貫しています。

バラマキ民主党が政権を取れば、この国は大変なことになるのではないか、と恐れています。また国防の観点からしても、日米同盟を否定するかのような民主党の政策を到底支持できません。
比べて安倍さんは国債の発行を大幅に減らし、公共投資を減らし、天下りに対決しています。年金問題は安倍さんに責任はなく、大臣発言問題及び不正問題は国家の大事と比べれば低い次元の話しと見ます。

そんな中での冒頭のニュースです。憤り、というよりは呆れました。参議院不要論は改憲が必要なため実現は困難ということですが、それでも加速していくと思われます。

まったく、民主党というのは国家の政治国民の代表者たることを何だと思っているのでしょうか。先の参議院選挙での大敗を受け、最低六年は国政が停滞するだろう、法案が衆議院と参議院をいったりきたりするだろうことを憂慮していましたが、早くも最低の形で現実のものになってしまいそうです。

私にはなにもできませんが、最後まで安倍政権支持の論陣を張りたいと思っています。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/12(水) 04:37:47|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<激情 | ホーム | 【ガンダム】テーマソング>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://foxfire8731.blog119.fc2.com/tb.php/6-ee3bd429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。