銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【政治】ブラフと現場主義に関する補足

外交におけるブラフについてです。

ブラフとは、はったりのことです。しかし、ブラフとははったりではいけないのです。逆説的ですが、ただのはったりはただの嘘つきになりかねず、それでは外交上かげがえのない信頼を低下させてしまう恐れがあるのです。

ブラフは、本気でやるのです。

先に挙げた弾道ミサイル計画も、ただのはったりでなく本気で具体的に動きだして、場合によって情勢によっては本当に作るという体勢をとることが重要なのです。それでなくては効力がありません。
そうしておいて、止めに入る大国があれば本気での是非交渉に入り、大国側に条件を飲ませる訳です。
この場合大事なのは、大国らがまったく止めに入らなくても、諦めても日本は別に困らず淡々とミサイルを整備すればよいということで、つまりどちらに転んでもいいという外交を心がけるという訳です。

ブラフなど、うまく行けばもうけもの、かからなくても損はないというやり方が上策と考えます。
常に相手の思考の先を読み、先回りして陥穽をしかける。不敗への常策でありましょう。


もう一つ、先に挙げた現場主義ですが、それを議場での質疑応答に使えば、「代議士」としての発言の厚みが増すと三浦は考えるものです。実際に苦しんでいる人の叫びはそうそう受け流せるものではありません。
また、その現場との直接対話対応の積み重ねが、日本全土を暗く覆う政治不信解消への道に繋がるのではないかと考えるものです。
スポンサーサイト
  1. 2009/04/08(水) 02:47:19|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【WIZ】第一話「三組の冒険者たち」 | ホーム | 【政治】社会問題は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://foxfire8731.blog119.fc2.com/tb.php/626-bcc118bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。