銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ガンダム】ジオン公国

「ジオン公国とは…なんなのであろうな。セシリア」
総帥の執務室で、ギレンは秘書のセシリア・アイリーンにだしぬけに声をかけた。部屋には二人しかいない。セシリアの答えを待たずにギレンは続けた。
「ジオン・ダイクンのそれは、棲みわけの理論なのだと私は思っている。ニュータイプと、オールドタイプとの、な。ジオン・ダイクンこそは、初めてのニュータイプだったのだろうよ」
部屋に一時の沈黙が訪れる。ギレンは席を立ち、星空の前に屹立し後ろ手に組んだ。
「彼は賢明にも、己の得た感覚をそのまま人に伝えはしなかった。結果が見えていたからだ。そして彼は、その著作から見るにニュータイプという現象を人類が宇宙空間という状況に対応せんとする環境順応変化だと考えた。己のようなものが宇宙に続いて現れ…それらは…その特性ゆえにオールドタイプ、すなわち地球人類との軋轢が避けられぬだろうと。それで生まれたのが、エレズムやサイドズムといった思想にフリードリヒ・ニーチェの超人思想を加味して誕生したジオン共和国という棲み分けの理論なのだ」

ギレンはひと呼吸おく。

「だが」

「私はそれを不十分だと考える。棲み分けても軋轢や対立、不信は無くならんよ。一方が一方を支配し、統治しなくてはならんのだ。優れた方が、劣っている方をな」

ギレンは微笑を浮かべ、執務に戻る。やらなければならないことは多い。

「負けられんのだ。後々の世のためにな」

ジーク、ジオン!!
スポンサーサイト
  1. 2009/05/24(日) 03:12:29|
  2. ガンダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自殺した韓国人といえば | ホーム | ブログ・ウィズ臨時休業>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://foxfire8731.blog119.fc2.com/tb.php/682-11883250
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。