銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【政治】憤り

>その記者会見での彼女に対する僕のイラついた応酬の様子はTV等で流され、各コメンティターから激しく批判されたらしい。

>僕の傲慢が追及されるのなら、同様に記者の傲慢も追及されなければならない。いつも、こちらが泣き寝入りしなければならないのはおかしい。

>正当な批判と傲慢な取材態度とは違うと思う。

 

>思えば、「自民党さんは、総裁候補として、今度の選挙をお闘いになるお覚悟がおありになるか?・・・・・・・・」等のあの僕の発言の仕方もそうだった。最初、普通にインタビューに答えていたのだが、記者に、「聞こえないよ!」とか、「意味が分からない!」とか、言われ、イライラして言い直した部分が何度も繰り返し、映像で使われたのだ。

 

>彼ら彼女らの魂胆は十分理解しているつもりである。相手を不愉快にさせ怒らせることはプロである。麻生首相のインタビューの様子を見ていると、そこら辺のことに大変気を遣っておられる雰囲気が痛いほどよく分かる。よく、我慢されておられるな~といつも感心している。

>しかし、毎日毎日ぶら下がりや記者会見で同じことを聞かれ、こちらがついカチンと来るような質問をぶつけられたり、誘導的な質問をされると、いい加減うんざりして、つい感情的に答えてしまう。そこを狙い撃ちされ抽出して使われるのだ。マスコミの常道といえば常道である。引っ掛かってはいけないと思いつつも、彼らの思う壺につい嵌ってしまう(笑)。一瞬だけなのだが、その一瞬が命取りになり兼ねない。まだまだ修行が足りないな~


上は東国原知事のブログからです。

欧米のメディアで、左右などそれぞれ特定の政党を支持する傾向にあるものがあるそうですが、果たして日本のメディアは民主党中心の政権が誕生したとしても上のような公正を欠く「お上」こきおろしを続けるのではないでしょうか。

この国が凋落しても。

批判できない政策はあり得ません。


……。

私は財政再現派です。潤沢な資金さえあれば、たいていの危機はなんとかなるものだからです。逆に、資金が底を付けば、対処法がわかりきっている問題にも対処ができなくなります。

小泉さんは国債に枠をはめ、

安倍さんは実際に国債発行を一気に減らし、

福田さんは財政支出を一気に減らそうとしました。

麻生さんは金融危機に目一杯の対処をしました。


自民党の時代が終わる。


なぜ。


失ってみないと、人はそのありがたさをわからないものなのかもしれません。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/24(金) 17:32:53|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【日記】時折 | ホーム | 【政治】はっきりさせておくべき点>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://foxfire8731.blog119.fc2.com/tb.php/757-a2ad7c8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。