銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【軍事】八陣まとめ

雁行、魚鱗、偃月、鋒矢、長蛇、方円、衡扼、
鶴翼というのがいわゆる八陣です。

雁行は、湾岸戦争で米軍が用いた斜めの攻撃陣。正面の歩兵で拘束し側面に騎兵やら戦車が回り込み打撃。

魚鱗は、三方原の武田軍。三角形の攻撃陣。中央突破。

偃月は、赤坂千早城城塞群を築いた楠木正成の三日月形の山岳防御陣。敵がこちらのどこを攻めてもその側背を打てる。

鋒矢は魚鱗を鋭角にし少数精鋭にしたような中央突破の騎兵攻撃陣。大坂夏の陣の真田幸村が使用。

長蛇はいわゆる「常山の蛇」の機動防御陣形。小牧長久手の戦いで徳川家康が使用。敵に先に打たせてこれを包囲。日本海海戦のT字もこれじゃないかと思います。秋山参謀は海戦の陣形を相当研究したらしいです。

方円は移動しながら何か守るものを中心に置き、円陣を組む防御の陣形。アメリカ機動艦隊の誇る鉄壁の輪形陣。

衡扼は移動時に側面から急襲を受けても対応しやすい機動の陣形。ギザギザ二列縦隊。

鶴翼は横広V字の平地迎撃陣。川中島で武田軍が使用。挟み込みます。

他は島津の「釣り野伏せ」は強力だと思います。まずわざと正面から戦って負けて後退し、追ってきた敵を左右から伏兵が襲い、偽装撤退した正面軍も反転し包囲殲滅。

「正兵で合し奇兵で勝つ」

と言われるように、正面で敵を拘束し側面打撃で勝つという「ハンマーとかなてこ」の戦法が有力だと三浦は思っています。

また、背水の陣なるものはやはり兵法ではやっちゃいけない布陣のようです。韓信のそれは、弱みを見せ相手を誘引しその隙に敵軍の背後に別動隊を回り込ませて城を乗っ取ったことに真価があり、真似して単に河を背中にして戦った芦名などの戦国武将などは負けているようです。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/16(水) 17:18:31|
  2. 軍事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【経済】デフレスパイラルと余剰生産物 | ホーム | 【WIZ】第三十四話「各階の魔方陣」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://foxfire8731.blog119.fc2.com/tb.php/926-70053f82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。