銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【WIZ】第三十五話「黒エル」

中央に回転床が配置され、その四方に逆卍型に部屋が配置されている地下三階。
六人組で探索をしている二つのパーティーらは回転床の特性をほぼ読みきり、順調に歩みを進めていた。

三人組で探索をしているもう二つのパーティーとの差が開きつつあった。


その地下三階の一角。浮遊の護符を入手し回転床を無効化することに成功したラリア・アンドリューらは白い光に包まれた部屋にいた。なにやら居心地の悪さを感じてかアンドリューとトンズラーは面白くなさそうな顔をする。その光は中央にある女神の半裸像から放たれていた。

美しい。サーファですら素直にそう思えた。となりでやはりみとれているラリアを茶化す気にはなれない。みとれつつもなお、もはや一流の戦士であり冒険者でもあるラリアがトラップなどを警戒しているのも感じられるからだ。今にも動き出しそうなこの像が次の瞬間にはパーティーに牙を剥かないとも限らない。サーファたちがいるのはそういう空間だった。

「あっし、あっし」
トンズラーがニヤニヤしながら自分を指差した。
「あっし、あの像に罠がないか調べてきやす♪」
一番油断してそうなのは盗賊らしい。

だがトンズラーが像に近寄る前に、その出来事はパーティーに訪れた。


一方、ソラのパーティー。またはカースドールとダイトクらのパーティー。

「あれ?」

回転床を読み間違っていた。

一方、レオンらのパーティー。

姿が見えない。

「痛ってぇ…」
下の方からレパードの声がする。
「だ、だけどさっきエルから山ほど買った激安*マディの薬*があるからな!」
彼らはピットの下に落ちていた。ゆっくりと床が戻り上がっていく。
「ですが…」
ヴァイオレットが疑問を口にする。
「あまりにも安すぎたような…*マディの薬*というのも聞いたことありませんし…」
「ヴァイオレットよ、考えすぎじゃろう。エルの商いに間違いはなかろうよ」
レオンがただすが、ヴァイオレットの憂いは晴れなかった。グラムの狙いはエルの商売、信頼を崩壊させることにあった。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/23(水) 11:15:25|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【日記】クリスマスイブ恒例の! | ホーム | 【雑感】戸別保障制度と貿易自由化はセットで>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://foxfire8731.blog119.fc2.com/tb.php/935-a97426df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。