銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【WIZ】ラム・ナーシュの奇跡

ラム・ナーシュの滝。

リルガミン郊外にあるこの静かな滑るように流れる滝は、願い事を叶えてくれる滝として地元では知られていた。いままた、ひとりの女の子が地にひざをつき小さな手を合わせ祈りを捧げていた。

(おとうさんの病気が治りますように…)

早朝。あたりにはすまし顔をしたたぬきくらいしかいない。少女は目をつむり、そのまま静かに祈り続けた。

カサッ



その少女、マーシャは物音に振り返る。まさかモンスターではないと思うけど…

カサッ

草むらの中から、にぶい黄色をした一匹のトカゲが顔をだした。ホッとするマーシャを気にする様子もなく、そのトカゲは泉へとするっと入っていく。見ると、かわいいリボンが首のあたりについている。

マーシャはその、ちょっと変わったただのトカゲとは思えないかわいさに目を取られ、滝壺へとするすると泳いでいく生き物を目で追いかけた。

「あっ…ビン?」

なんと、滝の裏に隠してでもあったのか、その黄色いトカゲは次々とマーシャの近くへ液体の入った細長いビンを運んできたのだ。全部で12個もある。

「トカゲさん、これを、私に?」

こくこく。

「ありがとう♪あ、そうだ、お礼にこれをあげるね」
マーシャはまだ自分が小さかったときに父親からもらった、大切な髪止めをトカゲのリボンにつけてあげた。子ども用の本当にちいさなもので、もうマーシャには合わないのだがそのトカゲにはピッタリの様子だった。心なしか、トカゲも照れているようだった。

「ありがとう♪神さまの御使いさん。おとうさんに飲ませてみるね」

マーシャは家に帰ると、そのビンの液体を、死の病に伏しておりもはや意識のない父親に飲ませる。
ほどなくうっすらと、頬が赤みを帯びてきた。心なしか、顔から険しさもとれたようだ。

村の医師の見立てでは、このビンは治癒(ディオス)の薬であろうということだ。この薬自体では父親の病を完治させることはできないが、当面の回復には十分使えるし、なにより数が多いのでそのうちの何本かを売り、父親の病に聞く薬を十分なほど買えるだろうと言ってくれた。(ただ、なぜビンの表に*マディの薬*と上書きされているのかは首をひねってはいたが)

ラム・ナーシュの奇跡。

この泉で起きた小さな奇跡の話はゆっくりと広まっていった。その後もマーシャは毎朝欠かさずに神さまとトカゲさんに感謝の祈りを捧げているという。



「おや?(ピー)君、どこへ行っていたのですか?共にグラムと関係のあるらしき、あのフェールエンの元王子殿とガイシルトの兄弟との接触はつかめましたか?おやおや、これはかわいい髪止めですね…」
スポンサーサイト
  1. 2010/02/09(火) 15:50:50|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【日記】「生涯で一番おいしい」 | ホーム | 【スポーツ】ドルジ!ボンバイエ!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://foxfire8731.blog119.fc2.com/tb.php/988-814670b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。