銀河帝国

mixiのコミュニティで運営中の自作無料ゲーム「ガンダムディプロマシー」とiPhoneアプリ「銀河帝国」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【WIZ】「沼の夜の夢」

ダイトク・サラーフ・ヤマカゼのプレイヤーさん、mixiを忍ぶ仮の名さんからいただきましたプライベートストーリーです♪

※※※※※※※※

暗転、スポットライト。緞帳の前に立つエル。

「エルでございます。
 時や空間というものは普遍のようでいて実はかなり捻じくれております。
 そこから物を取り出すのも便利なもの。
 ところがあったはずのものが無くなったり
 したはずのことが後から思い返すと実はしていなかったり…
 そんな隣り合わせの風景を覗いて見るのもまた乙なもの。
 では幕が開きます。
 どうぞごゆるりと。」

エル深々と一礼。一呼吸おいて暗転。


「沼の夜の夢」

目が覚めるとそこはカント寺院の蘇生室だった。
灰を集めるのにも使われる目の細かい織りのくすんだ色のシーツが、敷物と掛け物の両方に使われている。簡易寝台から床に脚を下ろすとゆっくりと周囲を見回した。
シーツの乱れた寝台が他にふたつある。
思考の霧がゆっくりと晴れてくるが、まだ何か夢の中にいるようだ。
少しかぶりを振る。どうも記憶がはっきりしない。
頭がしばらくはっきりしないのは蘇生後にはよくあることだ。
死の衝撃からしばらく混乱したままの者もいる。
寺院で見習いだった頃にはよく見た光景だ。
…ああそうか、私もここへ運ばれて来たのですね。

あ、サラぁ、気がついた?
まだあどけなさを残したかわいらしいポニーテールの少女が駆け寄って来る。
あとから私の装備を持ったドワーフも入ってきた。
はい、先にサラの分の手続きも済ませておいたよ。
ダイトクが黙って着替えを手伝ってくれる。
なんとなく感じていた身体の違和感の正体がわかった。
ああ、人の驚いた顔を見る機会がひとつ減ったなと感じたが、以前は当たり前だったその感じ方がなぜだか急に恥ずかしい考えに思えはじめた。
どうもまだ混乱しているらしい。
ふらつく私を気遣ってダイトクが荷物を持ってくれた。装備の上にマントを羽織ると街へでた。日はすっかり上がっている。
ホント、びっくりしたねー。
先を行くヤマカゼがくるくる回りながらローブの裾をはためかせる。そうだ、海水浴にいかなくちゃ。

途中、道を渡ろうとしていたお婆さんを見つけた。
慎み深く申し出を固辞するのをとびっきりの微笑みで半ば無視すると、手を引いて道を渡る手助けをした。
お婆さんは御礼の挨拶もそこそこにヤマカゼから自分の荷物をひったくるようにして逃げていった。
ちょっと意地悪が過ぎたでしょうか?
私の問いにダイトクはゆっくりと頷き、ヤマカゼは困っている人は助けなきゃ、とくりくりとした瞳を無邪気にほころばせた。
エル商店で入荷の遅れていたパラソルを受け取ると、腰までのマントを外し、ダイトクがまとめて担いでくれている荷物に押し込んだ。
街行く人々から集まる視線が気持ちいい。いい買い物をした。

そのままダンジョンに入り、湖畔までハイキング。
途中出会ったモンスターは目を丸くして逃げていく。もちろん追いはしない。争いは少ない方がいいのだ。
なぜか襲ってきたローグはフレイルで西瓜割り。残りはヤマカゼが氷柱にした。
知らなかった、ビーチボールでも呪文は発動するのですね。
コポコポと小気味よい音を立てる湖畔に到着。
ヤマカゼはいそいそとローブを脱いでいる。
ダイトクは担いでいた二人分の甲冑をレジャーシートの上に降ろしている。
私はベアトップにハイレグの白いワンピース。ダイトクは膝、肘まである青白ボーダーのスイムスーツ。
カント寺院から既に装備は完璧だ。
ヤマカゼは胸元の赤い大きなリボンの水着がよく似合っている。
皆で準備運動を済ませると思い思いの歓声をあげて沼へと競うように駆け出し、勢いよく飛び込んだ!




という夢を見たのですよ。
静かに残りのエールを乾すとサラーフは次の杯を注文した。

ミホとヒトミはひきつった笑いを浮かべたまま後ろを向くと額を寄せあう。
ねぇ、どこまでが本当の事でした、って話したらいいと思う?
面倒だからいっそこのままにしちゃおっか?
あのトンズラーが鼻の下を伸ばすどころか引いていたわよ!?
エネフィムなんか青い顔してさ、善の戒律を守る悪人というものを初めて見たってつぶやいてた。
そう、あのあと3人ともいつの間にかいなくなっちゃったし!!

ショートカットのヤマカゼはいまは椅子の上で寝息を立てている。
ダイトクとリエコは床に座ったまま何かを忘れんとするかのごとき勢いで黙々とピッチャーをあおり続けている。
一本目の樽はもうすぐ空きそうだ。

ミホとリエコは頭を抱え、
サラーフはそれを知ってか知らずか、いつものように微笑んでいる。

※※※※※※※※

三浦介です。補足を致しますと、地下一階南東エリアの酸の沼にて死亡・性別転換属性転換してしまった三人のお話です。ダイトクの性別が女から男で属性は中立のまま、サラーフが性別が男から女で属性が悪から善、ヤマカゼが性別が男から女で属性は悪から善に変わってしまいました。

しかし実はこのお話は近未来?ストーリーでありまして、ゲーム中では未だ彼らはカント寺院に安置されてもいません。無事に彼らが蘇生できるように祈りましょう…万一のことがあってもカント寺院は大金を返してくれません…さらには、性別と属性を元に戻すにはもう一回沼に入り蘇生しなくてはなりません…
スポンサーサイト
  1. 2010/02/18(木) 20:22:29|
  2. ワードナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【雑感】ブラック企業対策法案 | ホーム | 【雑感】草食系男子?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://foxfire8731.blog119.fc2.com/tb.php/997-ed180461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。